オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

水戸市の棟瓦補修工事は台風や地震に強い七寸丸ガイドライン工法


水戸市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。
今日のブログは、水戸市内の瓦屋根住宅での棟瓦補修工事の様子をお伝えします。
今回の水戸市の棟瓦補修は、2011年に発生した東日本大震災の教訓と、昨今の巨大台風に備え、地震対策や台風対策を加味した七寸丸ガイドライン工法を採用し、自然災害にも強い棟瓦に強化します。
※七寸丸(ななすんまる)とは:幅220㎜、長さ265㎜の丸型の冠瓦です。

施工前の水戸市の屋根

水戸市内の瓦屋根で大棟と隅棟を解説
こちらが棟瓦補修前の水戸市の瓦屋根の画像です。
棟瓦(むねがわら)とは屋根の頂点に位置する積み瓦を指し、隅棟瓦(すみむねがわら)は寄棟屋根などの屋根面が交わる部分の積み瓦を指します。
棟瓦の最大の特徴は連結部からの雨漏りの防止ですが、昨今の棟瓦補修は、地震や台風にも強いガイドライン工法が主流になっています。
瓦補修を検討されているお客様は、ぜひ参考にしてみて下さい。

屋根荷揚げ機の設置

瓦を上げる為の荷揚げ機を準備している様子
二階の軒先まで掛けられた荷揚げ機
先ずは、屋根材の昇降用に屋根荷揚げ機を設置します。
屋根の上から廃材を降ろし、新しい屋根瓦材を上げるのにとても役立ちます。

棟瓦補修の最初の作業は、棟瓦の解体

棟に詰まっていた葺き土が砂状になってしまっている
普段は見れない棟瓦を解体した光景
棟瓦補修のための解体作業の画像です。
以前の瓦棟施工は、画像のように粘度土である葺き土(ふきつち)が使用されており、葺き土の粘着性を利用して積まれています。
水戸市の現場で棟瓦の解体時に現れた葺き土は、長年の雨水の浸水が原因だと思われますが、葺き土が土割れを起こし砂状になってしまっていました。
職長曰く『コーキングと番線でかろうじて留まっているが、大きい地震でも来たらまずかったよね~』との事。タイミングを見誤らなくて、本当に良かったです。

水戸市の棟瓦補修で使用する材料

水戸市の棟瓦補修に使用するトラックに積まれた屋根部材
棟瓦に使用する七寸丸瓦
水戸市での強化棟施工に使用する段ボールに入った支持金具
棟を強化する為の支持金具
棟瓦のガイドライン工法で使用する樹脂製の黒い垂木
強化棟金具に設置する樹脂製の垂木
トラックの荷台に積まれた防水用なんばん
強化棟の土台を形成する防水なんばん

棟瓦補修 ガイドライン工法

隅棟にガイドライン用の支持金具を取り付け樹脂製の垂木を設置
大棟から隅棟に施工されたガイドライン用の支持金具
水戸市の棟瓦補修方法であるガイドライン工法は、棟の土台に葺き土は使わず、棟用の強化支持金具で地震にも強いアングルを形成します。
次に、強化支持金具の上に樹脂製の垂木(たるき)を通し固定します。
(垂木には、樹脂製と木製があり、水戸店では耐腐食性の樹脂製を採用しています)

防水なんばんを使用し、地震にも台風にも強い土台を形成

防水なんばんで水戸市の強化棟用土台を形成
七寸丸でのガイドライン工法の最終段階
最後に、棟瓦の土台を防水なんばんで形成し、七寸丸瓦を被せて固定すれば、地震や台風にも強い、七寸丸棟瓦のガイドライン工法が完成します。
棟瓦と言えば積み上げるイメージがありますが、東日本大震災後、屋根の見た目重視ではなく、屋根の機能性や安全性を考慮した七寸丸ガイドライン工法のお宅が多くなっています。
地震対策や台風対策の一つとしてご検討してみては如何でしょうか。

まとめ

水戸市の棟瓦補修で使用するオレフィンパッキン付きのビス
今回は『水戸市の棟瓦補修工事は台風や地震に強い七寸丸ガイドライン工法』と題し、報告してみましたが如何でしたでしょうか。
屋根工事は、部材の選定・屋根工事の技術・屋根工事施工法・屋根工事金額等、全てを兼ね備えての屋根工事です。
『瓦屋根補修』『地震に強い屋根・台風に強い屋根』等、ご検討されているお客様は、一度、街の屋根やさんへご相談下さい。
【茨城県内一律料金】フリーダイヤル:0120-270-391

同じ工事を行った施工事例

施工事例

ひたちなか市でパミール屋根をガルバリウムカバー工法し不安解消

0000-2
S__79052804-2
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
棟板金交換
使用素材
防水シート:タディスセルフカバー、屋根材:ガルバリウム鋼板T₂ワイド220
築年数
20年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
117.7万円
施工事例

ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換

四枚のカーポート屋根材が春の嵐により飛散し無くなっている
ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換の交換工事完了
工事内容
屋根補修工事
その他の工事
使用素材
ポリカーボネートパネル3㎜×4(ブルースモーク色) アーチカバー押さえ材交換(1) 棟キャップ交換(1)
築年数
20年
建坪
保証
1年
工事費用
8.9万円
施工事例

常陸太田市での太陽光スレート屋根の劣化症状はカバー工法で解決

常陸太田市で太陽光が外されたスレート屋根パミール
カバー工事が完了した切り妻屋根
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
使用素材
防水シート:タディスセルフカバー、屋根材:ガルバリウム鋼板T₂ワイド220
築年数
15年
建坪
30坪
保証
10年
工事費用
108.9万円

同じ地域の施工事例

施工事例

水戸市のテラス屋根は老朽化により交換(お客様の生の声も掲載)

水戸市のテラス波板を計測するスタッフ
クリヤー色を使用したテラス屋根
工事内容
その他の工事
使用素材
網入り波板7枚・波板ビス・補強垂木
築年数
40年
建坪
保証
1年
工事費用
3.1万円
施工事例

水戸市の瓦屋根を台風や地震でも崩れない七寸丸一本伏せで施工

施工前の熨斗瓦がズレている水戸市の降り棟
下屋根棟の七寸丸一本伏せが完了
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
七寸丸瓦・強化棟金具・なんばん漆喰・樹脂垂木・オレフィンパッキンビス
築年数
25年
建坪
保証
3年
工事費用
84.7万円(残土処分費別途)
施工事例

水戸市での台風による室内雨漏り被害は瓦屋根の葺き直しにて対応

これから解体する瓦桟
葺き直しの為ルーフィングを敷き込み瓦桟を施工する職人
工事内容
屋根葺き直し
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
【葺き直し】改質アスファルトルーフイング・新規瓦桟・変性シリコン【室内】天井材ジプトーン・床下地ラワン合板12㎜・CF(クッションフロア)
築年数
築42~43年
建坪
保証
3年
工事費用
45.8万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟の半分の板金が飛散してしまったひたちなか市の屋根

ひたちなか市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回は、先月自然災害での火災保険申請を行い、保険会社さんから認めていただいた被害箇所である棟板金の交換を、ひたちなか市で行った様子です。加入されている火災保険の内容にもよりますが、台風...........

高所作業車を軒先まで伸ばしている様子

ひたちなか市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。ひたちなか市のお客様から屋根のリフォームと外壁のリフォームの見積もり依頼があり、現地を状況確認した様子です。今回は、パラペット内に葺かれた片流れ瓦棒葺き屋根の調査の様子を重点的にお伝え...........

常陸大宮市のお客様の屋根材がずれています

常陸大宮市のお客様より「瓦に隙間があるので見てください」とのご依頼を頂きましたので、無料調査にお伺い致しました。今までの事例から考え、瓦のズレ等は地震の影響や台風の影響を受けて起こる事が多く、屋根の上で起きている事なので、気づくのも時間が経...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391