オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

ひたちなか市の瓦屋根工事見積り依頼は剥離が激しいセキスイ瓦U


ひたちなか市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。
今回ご紹介するのは、瓦屋根工事の見積り依頼の現場です。
瓦屋根と言えば、陶器瓦、セメント瓦、モニエル瓦などが有名ですが、ひたちなか市の現場屋根は、一時期問題にもなったセキスイ瓦Uが葺かれていました。
セキスイ瓦Uは、屋根塗装には向かない瓦です。今回は、画像を元に瓦に出る独特な症状も解説していきますので、対象の瓦をご利用のお客様は参考にして見て下さい。

屋根に梯子を掛けて登ります。

二階の軒先に二連梯子を伸ばして掛けている
上部補助金具付きの梯子を使用して安定させる
先ずは、屋根業者の必需品でもある梯子を屋根の軒先に掛けます。
当社で使用する梯子は、上部補助金具付きの物を使用し、安定性も確保しつつ雨樋も傷つけないように配慮した梯子の掛け方をします。
また、横揺れなどを防止する為、固定バンドを雨樋に結束する事も忘れません。
屋根の軒先までの高さは約6mあり、普段、屋根に登りなれている我々でも安全を確保しながら慎重に登る高さです。屋根上の作業は屋根業者にお任せくださいませ。

屋根を歩くときにはセキスイ瓦Uの山を踏まないように歩く

セキスイ瓦Uの山の部分を踏まないように歩く調査スタッフ
セキスイ瓦Uの谷部を踏み歩く調査スタッフ
屋根の上に上がりました。
セキスイ瓦Uは粘土瓦ではなく、瓦形状をしたセメント厚型スレート瓦です。
1970年から製造されたロングセラー屋根材でしたが、1980年に業界に先駆けて発売したノンアスベストのセキスイ瓦Uに、表面剥離や屋根材割れなどが発生する事例が発生してしまった商品です。
瓦の山の部分(凸)を踏むと割れる恐れがあるので、慎重に踏み歩きます。

セキスイ瓦Uの品番を確認

ひたちなか市の屋根材に刻印されたセキスイ瓦U独特の刻印
セキスイ瓦Uの確認は、屋根の頭頂部にある棟際にある刻印で確認します。
ひたちなか市のセキスイ瓦Uの刻印には『X7YZ02』とあります。
『X』の次の『7』は、製造された西暦の末尾にあたります。セキスイ瓦Uは1970年に製造開始となり2007年まで製造されていたので、対象となるのは
『1977年』『1987年』『1997年』『2007年』※緑はノンアスベスト
となり、お客様から頂いた『約20年前にカラーベストの上にカバーしてセキスイ瓦Uを葺いた』との情報で、該当するのは『1997年』製造で、対象瓦である事がわかります。

既存屋根材(セキスイ瓦U)の状態

瓦の先端に割れやヒビが発生しているひたちなか市のセキスイ瓦U
瓦の先端が表面剥離しているひたちなか市の現場
セキスイ瓦Uの先端が、白く剥離しているのが分かります。
この程度まで進行すると、お客様が地上から見上げても屋根に異変を感じる症状です。
現に、ひたちなか市のお客様から『屋根材が剥がれてきている』との情報でした。
お施主様は、とてもお調べになっており、既存の屋根材が『セキスイ瓦U』であると判断された上で当社にご相談を頂きましたが、間近で撮影した剥離粉砕した屋根材の画像にはとても驚かれていました。

屋根塗装するには不向きな状態のセキスイ瓦U

表面剥離だけではなく本材が粉砕しているセキスイ瓦U
屋根塗装には不向きとされるセキスイ瓦Uですが、屋根材自体に症状が出ていなければ屋根塗装も検討材料の一つとなるので、全てが不可能な訳ではありません。
屋根塗装不可の判断材料となるのは、既存の屋根材の状況です。
画像は、ひたちなか市の現場画像で、セキスイ瓦Uの表層面が剥がれ屋根本材のセメントが粉砕しているのがわかりますが、この状態で屋根塗装を行うと、再度表面が剥離してしまうので屋根塗装はお勧めできません。

お客様ご自身では判断が難しい屋根材

先端が黒ずみひび割れが起きているセキスイ瓦U
セキスイ瓦Uの先端が表面が剥がれ切って白くなっている
経過年数を追って屋根面メンテナンスを行っていれば!?と言う考えもありますが、症状が出ていない状態で前もってメンテナンスされるお客様が少ないのも事実で、私が屋根にそこまで詳しくない消費者の一人としての立場なら同じ見解だと思います。
何とも、やるせない屋根材です。

既存の屋根材撤去し、下地のカラーベストから行うカバー工法を提案

表面剥離がハッキリと確認できるセキスイ瓦U
今回の、ひたちなか市の屋根は、新築時に使用していたカラーベストの上にセキスイ瓦Uをカバー工法にて施工してありました。
屋根工事内容としては、既存のセキスイ瓦Uを撤去し、新築時のカラーベストの上に施工されている野地板から葺く、ガルバリウムカバー鋼板カバー工法を御提案します。
屋根リフォームは、使用できない屋根材は撤去し、使用できる屋根材を温存したまま施工するのが、屋根工事費用を必要最低限に収める為のコツです。

屋根の不具合を感じたら街の屋やさん水戸店へ

『屋根がめくれている』『屋根が白くなってきている』など、屋根に不具合を感じたら、一度街の屋やさん水戸店へご相談下さい。
無料調査にて原因を追究し、最善策を提案させて頂きます。
【茨城県内統一料金】フリーダイヤル:0120-270-391

同じ工事を行った施工事例

施工事例

常陸太田市での雨漏り改修工事が完了!入母屋玄関の屋根工事編!

雨漏り改修工事前の入母屋屋根の谷板金周辺
谷板金を交換し葺き直しされた入母屋玄関屋根
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
捨て板金(ガルバリウム製)・谷板金(ガルバリウム製)・谷シーラー・なんばんしっくい
築年数
築40年程
建坪
保証
1年
工事費用
18.7万円
施工事例

結城市の屋根修理は、緊急性の高い破損部である棟板金を交換

交換工事前の結城市の棟の状態
屋根修理が完了した結城市の棟板金
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
平屋
使用素材
ガルバリウムカラー鋼板t=0.35 防腐処理済み貫板
築年数
建坪
保証
1年
工事費用
7.3万円
施工事例

結城市で庇屋根へのポリカ波板施工が完了しました

波板が撤去された状態の庇屋根
クリア色の新しいポリカ波板が施工された結城市の庇
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカ波板6尺×16枚・ワンタッチフック・変成シリコーン
築年数
建坪
保証
1年
工事費用
¥58,740

同じ地域の施工事例

施工事例

ひたちなか市での屋根葺き替えは防災瓦を使用した雨漏り対策

工事前の漏水している屋根
防災瓦での葺き替え工事が完了した屋根
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
スーパートライ110スマート、南蛮漆喰、樹脂製瓦桟、防水シートREBO
築年数
45年
建坪
保証
5年
工事費用
99.8万円
施工事例

ひたちなか市での屋根工事はセキスイかわらUを撤去しカバー工法

解体前の厚型スレート
屋根工事が終わったひたちなか市の屋根
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
月星タフルーフT2ワイド220、粘着式防水シート、金属屋根ビス(ダンパ)、野縁(垂木)
築年数
築35年
建坪
保証
10年
工事費用
146万円
施工事例

ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換

四枚のカーポート屋根材が春の嵐により飛散し無くなっている
ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換の交換工事完了
工事内容
屋根補修工事
その他の工事
使用素材
ポリカーボネートパネル3㎜×4(ブルースモーク色) アーチカバー押さえ材交換(1) 棟キャップ交換(1)
築年数
20年
建坪
保証
1年
工事費用
8.9万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の破損部に養生されているのが目視で確認できる

ひたちなか市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回は、ひたちなか市内のお客様からの御依頼案件を御報告します。築19年目なのですが、メンテナンス会社さんが屋根を点検し、10㎝程のヒビ割れがあると指摘され、画像も見せて頂きました。街の...........

常陸太田市の現場の瓦屋根でラバ―ロックを解説

常陸太田市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。本日は、常陸太田市で着手した瓦屋根工事の様子をお伝えしますが、既存の瓦屋根に施されていたラバ―ロックの撤去に思わぬ苦戦をしいられました。瓦屋根住宅で、ラバ―ロックを施されているお客様は、...........

下屋根の上に載るベランダの解体に入る作業員

ひたちなか市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回はひたちなか市で着手した、瓦屋根の葺き直し工事現場の様子です。2月の地震後、瓦が地震で揺られ下地の防水シートに傷ついた事が起因と思われる雨漏り相談が多く、今現場も、地震で更に雨漏り...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391