オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

結城市での雨樋交換工事は職人の丁寧な仕事ぶりがわかります


こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。
今回は、結城市内での雨樋交換工事の様子をご報告いたします。

この様なブログで使用する画像は、お客様担当者と現場の職人が全て現場で実際に撮影しています。職人もブログで掲載されるのを理解しているため、細かい作業にもこだわり、丁寧な仕事ぶりにも繋がります。常に意識を持ちながら施工する事は大切です。
今回は、雨樋施工職人が撮影した画像のみでブログを執筆していきます。

交換前の雨樋は雨水が滞留しています。

雨樋の歪み変形による機能不良が起こっている結城市内の雨樋
雨樋を上から覗くと雨水が滞留しているのが分かります
こちらの画像は、交換前の雨樋の様子です。
使用されている雨樋は、タキロン半丸105と言う雨樋で、歪み変形による機能不良が起こっており、結城市のお客様は大変お困りでした。
雨樋を上から覗き込むと一目瞭然です。普段お客様が目にしない角度で雨樋を見ると、雨水が滞留して全く流れていないのが確認できます。
雨樋は、家を守る為の大切な部位です。今回しっかり改善したいと思います。

既存の雨樋を撤去

既存の雨樋を解体し集めてある状態
竪樋支持金具の撤去後の孔を変成シリコンで補修
先ずは、既存の雨樋と雨樋を支える支持金具を撤去します。
雨樋を支える支持金具まで撤去を行うと、旧金具の取り付け位置に孔が空いた状態になる為、孔を変成シリコンで塞いでいます。
※同じ孔への再設置は固定力が落ちる為、ずらして設置するのが基本です。

雨樋を支える支持金具の取付け

段ボールに入った雨樋用吊り金具と留め具であるビス
水の流れを作る為の傾斜を作る為に張る緑色の水糸
こちらが今回結城市の雨樋交換現場の為に用意した支持金具と留め具です。
今までは下から雨樋を受ける支持金具でしたが、今回は雨樋を内から吊る金具を採用し、見た目のフォルムにもこだわります。
支持金具を取り付ける際には、水の流れを作る傾斜作り(勾配※こうばい)を行う為、水糸(みずいと)を張り、水糸上に雨樋支持金具を設置する事で排水経路を作ります。

雨樋支持金具を取り付ける間隔(ピッチ)は地域によって違います

支持金具のピッチを600㎜にする為にスケールで計測
途中まで施工した軒先の軒樋
今回の結城市での雨樋支持金具の間隔(ピッチ)は600㎜(60㎝)です。
支持金具のピッチは、一般的に900㎜、600㎜、450㎜があり、毎年積雪がある地域には450㎜ピッチが採用され、雪深い地域では300㎜ピッチを使う地域もあります。
茨城県で言えば、水戸市の北部にあたる日立市などは450㎜ピッチが良いと思います。
金具の間隔が短くなれば強固になりますが、その分金具を使用する数は多くなります。雨樋は地域性も含めた提案をする雨樋業者が優良業者です。皆様は参考にして見て下さい。

雨樋交換の際、継手に塗る接着剤の塗布方法にも決まりがあります。

パナソニック製の雨樋の繋ぎ部品に接着剤を二列塗る
接着剤を波上に塗布した雨樋の継手
今回使用している雨樋は、Panasonic社製シビルスケアPC50です。
大手メーカーの雨樋は、各社ごとに施工方法が決められています。
画像の様な、連結継手の接着方法一つとっても施工マニュアルが存在し、当社はその規定に沿って施工を行っています。
※街の屋根やさん水戸店では、厳格に順守して施工します。

這樋がズレないようにする気遣い施工

加工した板金に番線をつけて這い樋の押さえ材にする
這い樋がズレないように番線でしっかり結束
この画像は、2階から雨水を落とす竪樋(たてどい)を、1階の屋根に這わせて1階の軒樋まで連結する這い樋(はいどい)を固定する画像です。
※固定しにくい這い樋は、ズレや脱落の多い雨樋の部位です。
加工した板金に番線を捲きつけたパーツを、屋根材である化粧スレートに挟み、番線で雨樋を結束して固定する見えない配慮も忘れません。

仕上げの接着塗布は、経年した時に差が出ます

軒樋のコーナー部分の継手の内側にも接着剤を塗布
集水器のズレを防止する為に集水器にワンポイント接着
仕上げに、雨樋の機能不良が起こりやすい継手の内側にも接着剤を塗布し、強風等でズレやすい集水器にはワンポイントで接着剤を塗布します。
細かい仕上げ作業ですが、この作業が雨樋経年時に差が生じる作業です。
作業を行いながらの撮影は思ったよりも苦労します。画像を見ているだけでも現場で細かい作業を行った事がうかがえますね。^^

雨樋が正常に機能しているかを最終チェック

新茶の角樋に交換した結城市内の雨樋
内吊り金具を使用したシビルスケアPC50雨樋
最後に、雨樋内に水を流して交換した全ての雨樋が正常に機能している事を確認して、お引渡しさせて頂きました。
お客様からは『丁寧な仕事をする職人さんで良かった』と満足いただけたお言葉を頂けましたので、担当した雨樋施工職人にも伝えさせて頂きます。
この度は、街の屋根やさん水戸店へのご依頼ありがとうございました。

雨樋工事は屋根業者が得意とする工事です。

屋根工事のご依頼を頂いた際に、同時に施工を依頼される事の多い雨樋工事は、屋根業者や建築板金業者が得意とする工事です。
一つ一つの工程を、細かく丁寧に行う作業は将来的な耐久性にも繋がります。
『雨樋交換を考えている』『雨樋を修理したい』等、雨樋に関するご相談がありましたら、一度、街の屋根やさん水戸店へご相談下さい。
【茨城県内全域一律料金です】フリーダイヤル:0120-270-391

同じ工事を行った施工事例

施工事例

水戸市での軒樋交換は廃盤品の為強固な鉄芯入り軒樋で交換

S__54395076-1
軒樋交換が完了致しました
工事内容
雨樋交換
使用素材
Panasonic社のシビルスケアPC50
築年数
中古住宅購入後から15年
建坪
保証
1年
工事費用
12万円
施工事例

ひたちなか市での雨どい交換は金具ごと交換し傾斜不良も改善

変形不良を起こし雨水が滞留しているひたちなか市の現場雨樋
半丸雨樋の交換が完了しました
工事内容
雨樋交換
火災保険
使用素材
Panasonicアイアン105(ホワイト)・亜鉛メッキ製支持金具(出15㎜幅)
築年数
25年
建坪
軒樋37.6m・支持金具交換・集水器4箇所・仮設足場
保証
1年
工事費用
全額 火災保険認定
施工事例

ひたちなか市で屋根補修後の仕上げは遮熱塗料で屋根塗装

台風被害にあったひたちなか市の棟板金
屋根補修後に遮熱塗料で屋根塗装を行ったひたちなか市の屋根
工事内容
屋根補修工事
破風板板金巻き工事
棟板金交換
雨樋交換
屋根塗装
使用素材
【塗料】エスケー遮熱塗料クールタイトSi・【屋根補修】ガルバリウム製破風板・防腐処理済み貫板・コロニアルグラッサ【その他】Panasonic雨樋半丸105・ガルバリウム破風巻き
築年数
35年
建坪
約50坪
保証
塗膜保証6年
工事費用
足場・屋根補修=火災保険 屋根塗装・破風板板金巻(72m)・雨樋交換及び新設(45m)=97.3万円

同じ地域の施工事例

施工事例

結城市で廃盤屋根材であるカラーベストアーバニーへGL重ね葺き

アーバニー屋根材が破損して脱落している結城市の現場屋根
結城市の定尺ガルバリウム屋根材で重ね葺きが完了した結城市の現場屋根
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
火災保険
使用素材
GLカラー(ガルバリウム)T2ワイド220・粘着防水シートタディスセルフ
築年数
25年
建坪
保証
10年
工事費用
112.2万円
施工事例

結城市での部分的な銅板葺き替え工事は一文字瓦葺き屋根でした

結城市の現場での施工前の銅板屋根の様子
腰葺き銅板屋根と一文字瓦の施工完了
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
使用素材
銅板・構造用合板・タフガード(防水シート)
築年数
32年
建坪
保証
3年
工事費用
38.5万円
施工事例

結城市でステンレス製瓦棒屋根の釘抜けがあり貫板を交換します

貫板のビフォー用画像を職人の足元を入れて撮影
新規貫板と既存棟板金
工事内容
その他の工事
使用素材
杉貫板・SUS釘
築年数
28年
建坪
保証
1年
工事費用
4.4万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

外観から見ると、雨樋金具の間隔も狭く問題ないように見える

ひたちなか市で行っていた雨樋工事が完了しましたので御報告します。お客様からの御相談内容雨が多く降ると雨樋から水が溢れ出してしまい困っています。築23年目なのですが、直してもらえますか?と、街の屋根やさんのホームページをご覧になられてご連絡い...........

これから屋根の和瓦を葺くところ

茨城県の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今年も12月に入り、年内業務も残すところあと僅かですね。最終最後まで気を抜かず、体調管理に気を付けて本年を乗り切りましょう!さて今回の記事ですが、日々、街の屋根やさん水戸店では、皆様に屋根工...........

変形不良を起こし雨水が滞留しているひたちなか市の現場雨樋

ひたちなか市で行った雨樋修理現場からの報告です。今回は軒樋(横方向)のみを交換します。雨樋は軒樋(のきどい)のみ、竪樋(たてどい)のみの交換も可能なので、雨樋に不具合のあるお客様は参考にして下さい。雨樋修理は部位毎に交換する事ができます。軒...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391