オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

ひたちなか市でパラペット内に葺かれている片流れ瓦棒葺きを調査


ひたちなか市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。
ひたちなか市のお客様から屋根のリフォームと外壁のリフォームの見積もり依頼があり、現地を状況確認した様子です。
今回は、パラペット内に葺かれた片流れ瓦棒葺き屋根の調査の様子を重点的にお伝えしていきます。雨漏り発生の確立の高いパラペットと片流れの組み合わせの瓦棒ぶき屋根!順を追って解説していきますので最後までご覧ください。

高所作業車にて屋根に登ります。

高所作業車を軒先まで伸ばしている様子
今回の調査対象物件は、ビルのような造りになっている現場屋根です。
通常の二階建ての傾斜屋根の調査は、頭頂部から降った軒先に梯子を掛けるので高さは5.4m~6m程度です。
私達が使用している梯子は最長7.84m伸びるので十分対応ができますが、ひたちなか市の現場は、対象屋根までギリギリに掛かる状態だったので、事前に高所作業車を準備して調査に臨みました。

パラペット内に葺かれた片流れ瓦棒屋根

パラペット内に葺かれている瓦棒屋根
パラペット内に葺かれている、金属製のとても大きな瓦棒屋根です。
画像の奥に手すり壁が見えると思いますが、この様に手すり壁(扶壁※ふへき・胸壁※むねかべとも呼ぶ)で外周を囲っている造作物をパラペットと呼びます。

片流れ屋根です。

瓦棒ぶき屋根にエアコンのダクトが伸びている
片流れ形状のの金属瓦棒屋根
屋根形状は、三角屋根ではなく、一方向に傾斜する片流れ屋根です。
片流れ屋根は、スペースを広くとる事ができ、片側への傾斜と言うシンプルな屋根形状なので、建築コストを削減できるメリットがありますが、2016年に発表された日本住宅保証検査機構(JIO)の雨漏り調査によると、雨漏りした住宅の75%が片流れ屋根だと発表された屋根形状です。
片流れ屋根は、メンテナンスに気を配らなくてはならず、屋根リフォームを行う際の雨漏り対策など、注意を払わなくてはならない形状です。

屋根を計測しながら、状況を確認

瓦棒ぶき屋根をスケールで計測する職人
パラペットの胸壁に設置されている二台のエアコン室外機
屋根の計測を行いながら、手書きで図面を起こしていきます。
また、屋根工事を行う際に障害物となる、アンテナやエアコンの室外機、ダクトなども記載していきます。
屋根リフォームを行う際に、この様な障害物の脱着費用は、付帯工事費用や雑工事費用とされ、詳細は項目で記載されていますので、屋根リフォームの見積もりを見る際の参考にして下さい。

雨漏りリスクの高い部分を入念に確認

パラペット内の瓦棒ぶき屋根の軒先にあるどぶ溝
瓦棒の軒先をつぶしている様子とどぶ溝の立上り
パラペット内に葺かれている瓦棒屋根で、特に雨漏りのリスクを伴うのが、画像の瓦棒の軒先と、どぶ溝の立上り部からの浸水です。
この部分は以前に雨漏りしていた部分で、修理業者によって瓦棒の先端をつぶして補修されていました。(瓦棒屋根の雨漏りでは、良く行われる補修法です)
また、どぶ溝の立上り部もしっかり補修されているので、今は雨漏りはしていませんが、屋根リフォームを行う際には最新の注意を払わなくてはならない部位です。

バカにしてはいけない!ゴミ溜まりによるオーバーフロー

ゴミ詰まりによるオーバーフローに注意が必要なパラペット内の排水溝
このどぶ溝の排水溝部分は、ゴミ溜まりによるオーバーフローが起因となり雨漏りに繋がるケースが多々あります。
今回のひたちなか市のお施主様は、屋根材の指定や工法の指定を頂けるほど、とても屋根の事に詳しいお客様です。
お施主様と、最善の施工法を熟考した上でお見積書を提出させて頂きます。

まとめ

屋根リフォームは、見た目や耐久年数はもとより、一番気を使わなくてはならないは屋根からの雨漏り対策です。
屋根の特徴を熟知し、雨漏りリスクを最小限に抑える施工法を考慮してくれる屋根業者を選択するようにしましょう。
屋根工事は、屋根業者に依頼するのが一番の得策です。
『屋根リフォームの御相談』『屋根からの雨漏り相談』は、街の屋根やさん水戸店へご依頼ください。
【茨城県内全域統一料金・調査、お見積もり無料】通話料無料:0120-270-391

同じ工事を行った施工事例

施工事例

結城市で廃盤屋根材であるカラーベストアーバニーへGL重ね葺き

アーバニー屋根材が破損して脱落している結城市の現場屋根
結城市の定尺ガルバリウム屋根材で重ね葺きが完了した結城市の現場屋根
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
火災保険
使用素材
GLカラー(ガルバリウム)T2ワイド220・粘着防水シートタディスセルフ
築年数
25年
建坪
保証
10年
工事費用
112.2万円
施工事例

ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換

四枚のカーポート屋根材が春の嵐により飛散し無くなっている
ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換の交換工事完了
工事内容
屋根補修工事
その他の工事
使用素材
ポリカーボネートパネル3㎜×4(ブルースモーク色) アーチカバー押さえ材交換(1) 棟キャップ交換(1)
築年数
20年
建坪
保証
1年
工事費用
8.9万円
施工事例

常陸太田市での太陽光スレート屋根の劣化症状はカバー工法で解決

常陸太田市で太陽光が外されたスレート屋根パミール
カバー工事が完了した切り妻屋根
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
使用素材
防水シート:タディスセルフカバー、屋根材:ガルバリウム鋼板T₂ワイド220
築年数
15年
建坪
30坪
保証
10年
工事費用
108.9万円

同じ地域の施工事例

施工事例

ひたちなか市での屋根工事はセキスイかわらUを撤去しカバー工法

解体前の厚型スレート
屋根工事が終わったひたちなか市の屋根
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
月星タフルーフT2ワイド220、粘着式防水シート、金属屋根ビス(ダンパ)、野縁(垂木)
築年数
築35年
建坪
保証
10年
工事費用
146万円
施工事例

ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換

四枚のカーポート屋根材が春の嵐により飛散し無くなっている
ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換の交換工事完了
工事内容
屋根補修工事
その他の工事
使用素材
ポリカーボネートパネル3㎜×4(ブルースモーク色) アーチカバー押さえ材交換(1) 棟キャップ交換(1)
築年数
20年
建坪
保証
1年
工事費用
8.9万円
施工事例

ひたちなか市での雨どい交換は金具ごと交換し傾斜不良も改善

変形不良を起こし雨水が滞留しているひたちなか市の現場雨樋
半丸雨樋の交換が完了しました
工事内容
雨樋交換
火災保険
使用素材
Panasonicアイアン105(ホワイト)・亜鉛メッキ製支持金具(出15㎜幅)
築年数
25年
建坪
軒樋37.6m・支持金具交換・集水器4箇所・仮設足場
保証
1年
工事費用
全額 火災保険認定

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

台風被害を受けた瓦屋根を調査します

こんにちは、街の屋根やさん水戸店です。今回は台風被害を受けた瓦屋根の修理依頼になります。今回のお問い合せ内容2019年の台風19号で瓦がズレていたようですが、最近まで気づかず他業者さんのご指摘により判明したようです。瓦屋根はパラペットがあり...........

雨漏り被害のある増築した作業小屋

鉾田市で作業小屋のトタン屋根に雨漏りしているとの御相談があり現地調査に行ってまいりました。お客様からのお問い合わせ内容『三年ほど前に増築した野菜の出荷用作業小屋のトタン屋根が雨漏りしている。自分で応急処置をし少し収まったが、機械があるのでと...........

築26年目の屋根リフォームを検討されている日立市の住宅

日立市のお客様より、屋根リフォームのお見積もり依頼があり計測を兼ねて現場調査に行ってまいりました。【日立市の屋根リフォーム見積もり依頼の現場詳細】築年数 : 築26年屋根材 : コロニアル屋根形状 : 複合屋根建坪 : 約35坪

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391