オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

ひたちなか市での屋根修理(応急処置)で判明した貫板の腐食


ひたちなか市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。
今回のひたちなか市の現場は雨樋交換の現場ですが、私達が気になったのはご契約内容には無い屋根の棟板金の釘浮きです。屋根業者として見て見ぬふりは出来ません。

お客様に事前に了解をいただき、お客様担当が応急処置的観点でのサービス屋根修理ですが、屋根棟の下地である貫板(ぬきいた)が腐食している事が判明しました。

無料調査の際に気になった棟板金浮き

棟板金の釘が抜けて変形している
ひたちなか市の現場は、雨樋交換用の足場を設置していますので、雨樋足場を利用して屋根の頭頂部の棟板金を確認しました。

やはり、棟板金固定する為の釘に浮きがあり、今にも抜け落ちそうです。

屋根修理を行う風景を地上から見た様子

屋根修理作業中の二名のスタッフを地上から撮影
地上から撮影した屋根で作業する二名のスタッフ
屋根は化粧スレート屋根なのですが、屋根に苔が生えて滑り、地上から見る以上に屋根上は傾斜があります。

屋根修理の為に使用する工具入れバケツを紐で固定

傾斜がある屋根なので工具バケツをロープで吊るして固定
緩勾配(※ゆるい傾斜)の屋根には置くことの出来る工具入れバケツも、さすがの勾配に耐えきれないので、ロープで吊るしながら固定です。
修理にも色々な分野がありますが、高所での屋根修理は平地と違いますので、屋根修理の実行もさることながら、修理を行うまでも苦労するのが屋根修理です。

屋根修理作業は高所での作業です。専門業者にお任せください。

棟板金を固定している釘が手で抜けてしまう状態

抜け掛かっている棟板金の釘を手で触れようとするスタッフ
棟板金から抜けかかった釘をつまむスタッフ
ひたちなか市の現場屋根で棟の釘を手で抜くスタッフ
屋根修理を行う為に棟から釘を抜くスタッフ
ひたちなか市の現場屋根の棟板金は、釘で固定されていますが、この場所の釘は手で抜ける状態で全く固定されていませんでした。
固定力を失った棟板金は、強風や台風時に飛散してしまう可能性があるので屋根修理が必要な状態です。

棟板金の釘抜けは、お客様での発見が難しい部分です。ひたちなか市の現場は、雨樋工事の現場ですが『屋根業者に依頼して良かった』とお客様にも喜んで頂けました。

下地の貫板が腐食

棟板金を覗き込むと下地に貫板が腐食しているが確認できる
手で軽く持ち上がる棟の中を覗いてみると、釘抜けを起こしていた部分の下地貫板が腐食しており、釘で留まる状態ありません。

本来であれば、棟の下地である貫板からの交換が必要な状態です。
棟板金にステンレススクリュービスを打ち込むスタッフ
インパクトドライバーでスクリュービスを棟板金に打ち込む
お客様の予算の兼ね合いもある為、今回の屋根修理は応急処置として釘よりも太いステンレス製ビスに打ち換える屋根修理で応急処置を行いましたが、根本的な解決にはなっていないので、あくまでも応急処置的屋根修理法です。

ビス打ちを行っても棟板金の下地である貫板の状態が良くないのがインパクトドライバー越しに伝わってきますので、『近いうちに下地である貫板からの交換を検討して下さい』とお客様にはお伝えしました。

まとめ

屋根業者の見解として、根本的な解決には棟の下地貫板の腐食は交換が必要だと判断しますが、修理実行には屋根修理費用が発生してしまいます。

今回、応急処置的な屋根修理は行いましたので、大事に至る前に根本的な屋根修理(棟下地の貫板交換)を検討される時間にあてていただければと思います。

屋根修理の御相談は街の屋根やさん水戸店へ

同じ工事を行った施工事例

施工事例

常陸太田市での雨漏り改修工事が完了!入母屋玄関の屋根工事編!

雨漏り改修工事前の入母屋屋根の谷板金周辺
谷板金を交換し葺き直しされた入母屋玄関屋根
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
捨て板金(ガルバリウム製)・谷板金(ガルバリウム製)・谷シーラー・なんばんしっくい
築年数
築40年程
建坪
保証
1年
工事費用
18.7万円
施工事例

結城市で廃盤屋根材であるカラーベストアーバニーへGL重ね葺き

アーバニー屋根材が破損して脱落している結城市の現場屋根
結城市の定尺ガルバリウム屋根材で重ね葺きが完了した結城市の現場屋根
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
火災保険
使用素材
GLカラー(ガルバリウム)T2ワイド220・粘着防水シートタディスセルフ
築年数
25年
建坪
保証
10年
工事費用
112.2万円
施工事例

日立市での老朽化した瓦棒屋根をMSタフビーム333で葺き替え

屋根葺き替え前の劣化が進んだ瓦棒屋根
MSタフビームで屋根葺き替え工事が完了した画像
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
月星カラーGL鋼板MSタフビーム333、針葉樹合板、改質アスファルトルーフィング
築年数
40年
建坪
25坪
保証
10年
工事費用
67.1万円

同じ地域の施工事例

施工事例

ひたちなか市での屋根工事はセキスイかわらUを撤去しカバー工法

解体前の厚型スレート
屋根工事が終わったひたちなか市の屋根
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
月星タフルーフT2ワイド220、粘着式防水シート、金属屋根ビス(ダンパ)、野縁(垂木)
築年数
築35年
建坪
保証
10年
工事費用
146万円
施工事例

ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換

四枚のカーポート屋根材が春の嵐により飛散し無くなっている
ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換の交換工事完了
工事内容
屋根補修工事
その他の工事
使用素材
ポリカーボネートパネル3㎜×4(ブルースモーク色) アーチカバー押さえ材交換(1) 棟キャップ交換(1)
築年数
20年
建坪
保証
1年
工事費用
8.9万円
施工事例

ひたちなか市での雨どい交換は金具ごと交換し傾斜不良も改善

変形不良を起こし雨水が滞留しているひたちなか市の現場雨樋
半丸雨樋の交換が完了しました
工事内容
雨樋交換
火災保険
使用素材
Panasonicアイアン105(ホワイト)・亜鉛メッキ製支持金具(出15㎜幅)
築年数
25年
建坪
軒樋37.6m・支持金具交換・集水器4箇所・仮設足場
保証
1年
工事費用
全額 火災保険認定

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

二階の和室天井に雨漏りした、ひたちなか市の室内天井

ひたちなか市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回は、ひたちなか市のお客様宅での雨漏りの御相談です。御相談内容ひたちなか市在住の母親の家で、二階の和室の天井に雨漏りがあるので調査をお願いしたい。と県内のご家族様からの御相談です。緊...........

0d40a5e4a645fc6b96e767d64ac0878e-13

かすみがうら市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回は、かすみがうら市のお客様からの棟板金部の補修依頼です。既存の屋根はスレート屋根材で、三角屋根の頂点に位置するのが棟板金です。屋根の頂点から雨水が浸水すれば、傾斜に沿って屋根材の...........

広範囲に雨漏りを起こしている結城市内の工場



結城市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。最近、茨城県西地域のお客様からの御依頼が多くなり、結城市でも沢山のお問合せを頂けるようになりました。ありがとうございます。今回は、結城市内の工場に設置された折...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391