オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

ひたちなか市での雨樋修理交換は軒樋(横方向樋)のみを交換工事


ひたちなか市で行った雨樋修理現場からの報告です。
今回は軒樋(横方向)のみを交換します。雨樋は軒樋(のきどい)のみ、竪樋(たてどい)のみの交換も可能なので、雨樋に不具合のあるお客様は参考にして下さい。

雨樋修理は部位毎に交換する事ができます。
軒樋 ※のきどい (屋根から軒先に流れてくる雨水を横方向の軒樋でキャッチ)
竪樋 ※たてどい (地上に排水する為の縦方向に流すためのパイプ状の雨樋)
集水器 ※しゅうすいき (軒樋と竪樋をつなぐマス)

雨樋修理(交換)前の雨樋の状態

変形不良を起こし雨水が滞留しているひたちなか市の現場雨樋
こちらは、雨樋修理(交換)前の雨樋の状態を撮影した物です。

軒樋が歪み変形を起こし、数日前に降った雨水が滞留してしまっています。
降雨の際には、軒樋が雨水を受けきれずにオーバーフローし出てきてしまうとの事でお客様は、とてもお悩みでした。

雨樋の雨水の滞留の重みで、状態は日に日に悪化するのがこの症状です。そして状態の悪化は他の部位にも症状が広がる場合があるので、雨樋に異変を感じたら雨樋修理を行える業者に早めに相談するようにして下さい。

既存の雨樋を解体すると・・

撤去した雨樋を確認すると雨樋が変形しているのがわかる
先ずは、既存の雨樋を撤去すると、雨樋が変形不良を起こしているのが分かります。
一度変形した雨樋は、雨樋を交換しない限り元には戻ってくれません。

横方向の雨樋は、この画像のように縁部分の変形不良がとても多く、雨水を正常にキャッチできていない場合があります。(雨樋修理で多くある相談内容です)
この様な症状の場合は、軒樋(横方向樋)のみの交換で雨樋機能は改善します。

なぜ、雨樋は変形するの?

雨樋変形理由①
屋根に登る作業が発生した際に、梯子などを雨樋に緩衝して架けた
雨樋変形理由②
屋根材などの落下で、雨樋に負担が掛かる
雨樋変形理由③
屋根に積もった積雪の落下や、凍った雪が雨樋の中に長く残ってしまった場合
雨樋変形理由④
台風や強風時の飛来物によるもの
雨樋変形理由⑤
換気扇からの熱風による変形
今までの当社は、様々な起因での雨樋変形を見てきました。

上に記した雨樋変形理由は全て何かの起因によって起こるものですが、①の雨樋に梯子を掛けてしまう!は、梯子の掛け方なので人的要素が含まれますね。

当社で使用している梯子

補助器具付きの梯子を使用する事で雨樋に緩衝しない
こちらは、補助器具付きの梯子です。

この梯子は、通常の梯子と比べて2.5倍程の価格ですが、これもお客様の家屋を大切に扱わせて頂く為の大切な道具です。

当社では、現場調査の際には必ず持参し、家屋を傷つけないように細心の注意を払って調査を行っています。


雨樋修理交換の際は、雨樋支持金具から交換しましょう。

糸を張って高さを調整しながら雨樋用の支持金具を施工
雨樋支持金具撤去後に穴をコーキングで塞ぐ
雨樋修理交換の際は、支持金具の交換も同時に行うのがベストです。

雨樋の支持金具は、雨水を流すための傾斜をつけ同時に雨樋を固定する土台となる物です。滞留した雨水の重みによって支持金具も正常の役割をはたしてくれませんので、雨樋交換時は支持金具から交換を行うようにしましょう。

今回のひたちなか市の現場雨樋は、位置がもう少し上にあるのがベストです。将来、屋根工事を行った際にも雨樋を調整しなくて良いよう高さ修正も同時に行いました。

雨樋パーツへの接着剤塗布

雨樋の継手部分に接着剤を二列に塗る
雨樋のコーナー継手に接着剤を塗布する
こちらの雨樋パーツは、雨樋と雨樋をつなげるパーツと、コーナー部分(角)に使用する雨樋パーツです。

雨樋のつなぎ部分は、雨樋修理依頼がとても多い部分で、水漏れを起こしやすい部分ですので、接着剤の種類・太さ・塗布場所・二列塗布(二条塗布との言う)など、当社の施工基準を遵守して施工しています。

ひたちなか市での雨樋修理交換が完成です。

白のアイアン軒樋で施工が完了したひたちなか市の現場雨樋
そして雨樋修理交換が完了しました。

玄関面と北面から雨水が溢れてしまっていましたが、雨樋を全面交換し、機能不良は解消されたので雨が降っても、もう心配する必要はありません。
『雨樋交換もそうだが、屋根も見てくれて助かった』
とお客様にも大変喜んで頂けました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【うちもそろそろかな? まだ先で良いかな???】
毎日、紫外線や風雨から守ってくれる家や屋根!
定期的なメンテナンス・早めの対応が、お家を長く持たせる秘訣です。

我が家もそろそろお手入れ時かな?(10年以上メンテナンスしていないお客様)
修理費用って幾らくらいかかるのかな?等々
先ずは、多くのお客様にも喜んで頂いている街の屋根やさん水戸店の無料調査
強引なセールスは一切行いません! 修理や交換時も、作成させて頂くお見積書に納得頂けましたらご用命ください^^

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 

同じ工事を行った施工事例

施工事例

水戸市での軒樋交換は廃盤品の為強固な鉄芯入り軒樋で交換

S__54395076-1
軒樋交換が完了致しました
工事内容
雨樋交換
使用素材
Panasonic社のシビルスケアPC50
築年数
中古住宅購入後から15年
建坪
保証
1年
工事費用
12万円
施工事例

ひたちなか市での雨どい交換は金具ごと交換し傾斜不良も改善

変形不良を起こし雨水が滞留しているひたちなか市の現場雨樋
半丸雨樋の交換が完了しました
工事内容
雨樋交換
火災保険
使用素材
Panasonicアイアン105(ホワイト)・亜鉛メッキ製支持金具(出15㎜幅)
築年数
25年
建坪
軒樋37.6m・支持金具交換・集水器4箇所・仮設足場
保証
1年
工事費用
全額 火災保険認定
施工事例

ひたちなか市で屋根補修後の仕上げは遮熱塗料で屋根塗装

台風被害にあったひたちなか市の棟板金
屋根補修後に遮熱塗料で屋根塗装を行ったひたちなか市の屋根
工事内容
屋根補修工事
破風板板金巻き工事
棟板金交換
雨樋交換
屋根塗装
使用素材
【塗料】エスケー遮熱塗料クールタイトSi・【屋根補修】ガルバリウム製破風板・防腐処理済み貫板・コロニアルグラッサ【その他】Panasonic雨樋半丸105・ガルバリウム破風巻き
築年数
35年
建坪
約50坪
保証
塗膜保証6年
工事費用
足場・屋根補修=火災保険 屋根塗装・破風板板金巻(72m)・雨樋交換及び新設(45m)=97.3万円

同じ地域の施工事例

施工事例

ひたちなか市での屋根工事はセキスイかわらUを撤去しカバー工法

解体前の厚型スレート
屋根工事が終わったひたちなか市の屋根
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
月星タフルーフT2ワイド220、粘着式防水シート、金属屋根ビス(ダンパ)、野縁(垂木)
築年数
築35年
建坪
保証
10年
工事費用
146万円
施工事例

ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換

四枚のカーポート屋根材が春の嵐により飛散し無くなっている
ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換の交換工事完了
工事内容
屋根補修工事
その他の工事
使用素材
ポリカーボネートパネル3㎜×4(ブルースモーク色) アーチカバー押さえ材交換(1) 棟キャップ交換(1)
築年数
20年
建坪
保証
1年
工事費用
8.9万円
施工事例

ひたちなか市での雨どい交換は金具ごと交換し傾斜不良も改善

変形不良を起こし雨水が滞留しているひたちなか市の現場雨樋
半丸雨樋の交換が完了しました
工事内容
雨樋交換
火災保険
使用素材
Panasonicアイアン105(ホワイト)・亜鉛メッキ製支持金具(出15㎜幅)
築年数
25年
建坪
軒樋37.6m・支持金具交換・集水器4箇所・仮設足場
保証
1年
工事費用
全額 火災保険認定

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

外観から見ると、雨樋金具の間隔も狭く問題ないように見える

ひたちなか市で行っていた雨樋工事が完了しましたので御報告します。お客様からの御相談内容雨が多く降ると雨樋から水が溢れ出してしまい困っています。築23年目なのですが、直してもらえますか?と、街の屋根やさんのホームページをご覧になられてご連絡い...........

これから屋根の和瓦を葺くところ

茨城県の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今年も12月に入り、年内業務も残すところあと僅かですね。最終最後まで気を抜かず、体調管理に気を付けて本年を乗り切りましょう!さて今回の記事ですが、日々、街の屋根やさん水戸店では、皆様に屋根工...........

ひたちなか市の屋根塗装で使用するクールタイトSiと秤

ひたちなか市で行っているリフォーム工事が最終工程に入りました。【ひたちなか市の現場で請け負わせて頂いているリフォーム工事内容】①屋根リフォーム(棟板金補修・スレート屋根材差替え・屋根微補修・屋根塗装)②破風板ガルバリウム鋼板巻き(鼻隠し含む...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391