オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

結城市で雨樋交換現場にて使用した2重接着継手の施工案内です。


本日は、結城市のお客様宅での雨樋交換の様子をお伝えします。

今回は普段お客様があまり目にしない施工箇所である雨樋の継手(軒樋と軒樋を繋ぐ部品)をご紹介させていただきます。
軒樋からの雨漏りで、一番多い箇所なのでご参考にしてみてください。
軒樋(横の樋)は最大全長の物で3,600㎜あり他に2,700㎜・1,800㎜があります。
その軒樋をバランスよく計測しながら加工し、つないでいく為のパーツを継手(つぎて)と言います。
既存の継手
この画像の赤丸の部分が継手の部分です。
普段は下から見る事はあっても、このように上から見る事はあまりないと思います。
継手の真ん中に切れ目が入っているのが画像でもわかると思いますが、ここがつなぎ目となり、その2本の軒樋を繋いているのが継手になります。
お客様の目にする継手部分
こちらの画像が、お客様が目にできる部分です。
漏れている場合は、この様な症状が多くみられますので、もし交換をご検討の場合は確認してみてください。

継手の部分が黒ずんでいますね。 ここが漏れている部分です。
その先に軒樋が変形しているのも確認でき、このような変形が起きていると雨樋としては機能しておりませんので、今回の交換依頼となりました。
支持金具が くの字
既存の支持金具
こちらは、軒樋を受けてくれる支持金具の画像です。根元がくの字に曲がってしまっているのがわかります。
奥に付いている金具と比較をしてみると一目瞭然ですね。

軒樋は、軒樋本体よりも一番大切なのは支持金具だといっても過言ではありません。
この支持金具を基本として、雨水の排出傾斜をつくりますので、雨樋交換時は支持金具からの交換を私たちは推奨しております。
今回使用する継手①
今回使用する継手
今回使用する継手は、内側と外側からハサミ止めする、2重接着固定式を使う軒樋です。

従来の外側のみの受け継手と異なり、内側からも外側からの継ぐ優れものです。
施工性も良く、『街の屋根やさん 水戸店』では、一番出荷件数の多いシリーズとなっています。
今回使用する継手の施工方法①
今回使用する継手の施工方法②
先ずは、内側の継手(左の画像)に専用の接着剤で施工し、次に外側の継手(右側の画像)にも専用接着剤をつけ挟み込みます。
今回使用する継手の施工方法③
この継手は、内パッチンと外パッチンと言い、挟み込んだ状態で押し込むと『パチッ!』と音がし、爪が押し込まれた状態になるのでとても頑丈です。

施工性の高さに加え、継手の弱点を補うために開発したメーカーさんは、やはり凄いですね。
before1
既存の継手
horizontal
after1
今回使用する継手の施工方法③
今回は、継手のご案内でしたがいかがでしたか?
雨樋といっても、その施工は千差万別です。 同じパーツでも、使用する接着剤や接着方法によっても、施工後の状況や寿命は変わってしまします。

今日は、少し細かい部分のご案内をしてみました。
次回は、集水器について書こうと思います。 最後までお読みいただきありがとうございました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

水戸市で割れた雨樋を部分的に交換補修してきました

交換補修依頼のあった割れた雨樋
部分的な交換補修が完了した水戸市内の雨樋
工事内容
雨樋交換
使用素材
竪樋60パイ・エルボ・ソケット
築年数
築浅の住宅です
建坪
保証
1年
工事費用
7,150円(税込み)
施工事例

水戸市のパラペット屋根雨漏り修理はどぶ溝カバーと外壁通気工法

水戸市のパラペット屋根雨漏り調査で分かった水たまりができた痕
S__2547727
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
防水工事
使用素材
ニチハ社 窯業系サイディング14㎜・ガルバリウム鋼板製笠木・ガルバリウム鋼板製雨谷板金
築年数
10年
建坪
約35坪
保証
1年
工事費用
57.6万
施工事例

水戸市での軒樋交換は廃盤品の為強固な鉄芯入り軒樋で交換

S__54395076-1
軒樋交換が完了致しました
工事内容
雨樋交換
使用素材
Panasonic社のシビルスケアPC50
築年数
中古住宅購入後から15年
建坪
保証
1年
工事費用
12万円

同じ地域の施工事例

施工事例

結城市で廃盤屋根材であるカラーベストアーバニーへGL重ね葺き

アーバニー屋根材が破損して脱落している結城市の現場屋根
結城市の定尺ガルバリウム屋根材で重ね葺きが完了した結城市の現場屋根
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
火災保険
使用素材
GLカラー(ガルバリウム)T2ワイド220・粘着防水シートタディスセルフ
築年数
25年
建坪
保証
10年
工事費用
112.2万円
施工事例

結城市での部分的な銅板葺き替え工事は一文字瓦葺き屋根でした

結城市の現場での施工前の銅板屋根の様子
腰葺き銅板屋根と一文字瓦の施工完了
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
使用素材
銅板・構造用合板・タフガード(防水シート)
築年数
32年
建坪
保証
3年
工事費用
38.5万円
施工事例

結城市でステンレス製瓦棒屋根の釘抜けがあり貫板を交換します

貫板のビフォー用画像を職人の足元を入れて撮影
新規貫板と既存棟板金
工事内容
その他の工事
使用素材
杉貫板・SUS釘
築年数
28年
建坪
保証
1年
工事費用
4.4万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

前かがみに変形した銅板雨樋

こんにちは、街の屋根やさん水戸店です。今回は、非常に腰の強いステンレスを芯材に使用した、いぶし雨樋に交換した報告のブログになります。現場調査時の既存の銅板雨樋は、変形や勾配不良がみられ、雨樋本来の能力が発揮出来ていない状態でした。関連記事 ...........

強風によって破損した城里町の雨樋

東茨城郡城里町で雨樋修理依頼があり、現場を確認してきました。居住者様にお話をお伺いすると(当該現場は賃貸住宅です)この辺は風の通り道なのか、とても風当たりが強く、破損した雨樋も敷地に落ちてくれたから良いような物の、近隣の住宅に被害を広げてし...........

外観から見ると、雨樋金具の間隔も狭く問題ないように見える

ひたちなか市で行っていた雨樋工事が完了しましたので御報告します。お客様からの御相談内容雨が多く降ると雨樋から水が溢れ出してしまい困っています。築23年目なのですが、直してもらえますか?と、街の屋根やさんのホームページをご覧になられてご連絡い...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391