オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

水戸市で室内雨漏りの原因であるコンクリートベランダを解体


茨城県水戸市で、室内雨漏りの原因であるコンクリートベランダに新たにFRP防水を施す為、今日はコンクリートベランダの解体を行います。 現場調査の模様 ⇁ こちら

解体にはハンマードリルを使用し、解体音が発生してしまうのでご近所に工事挨拶をさせていただきました。ご近所のご理解もいただいたので、AM9:00工事を開始します。
リビングダイニングの天井への雨漏り
和室の目透かし天井材への雨漏り染み
洋室に雨漏りし、天井の壁紙にまで被害が出てしまっています。
こちらのお部屋はリビングダイニングで、テレビの設置されているご家族でくつろがれるスペースです。
数年前から雨漏りには気づいておられ、台風や強く雨の降る時期はとても心配だったそうです。

また、隣室の和室は整理タンスが配置されているお部屋で、外出時にお洗濯物を室内干しする等で有効活用されている場所との事です。
せっかくの目透かし天井に雨漏りによる雨染みが出来てしまい気にされていたそうです。
白樺現象が起きたベランダを西側から撮影
白樺現象が起きたベランダを東側から撮影
コンクリートにもひび割れが発生しており、白樺現象(白く浮き出ているもの)も起こっています。
※症状が軽度であれば解体する必要はなく、定期的に保護剤であるトップコート等を塗布する事により浸水は防げます。

白樺現象=コンクリートやモルタルに含まれる成分と内部に浸透してしまった水分が化学反応を起こし浮き出てくる現象です。
人体には影響はないと言われていますが、見た目にもとても気になる症状ではありますね。
経験上では、このような症状が起こっている場所は湿気を含んでしまっている場合が多く、周りにも水分が廻ってしまっている場合が多いので、お心当たりのお客様は早めのご相談をお勧めいたします。

コンクリートベランダと電動ハツリハンマー
コンクリートベランダを手持ちハンマーで解体中
先ずは、表面を電動ハツリハンマーで壊し、細かい場所を手持ちハンマーで叩きながら崩していきます。

既築の改修やリフォームは新築時と違い、下地の状況がわかりません。
こちらの画像のコンクリートの下には、防水性能を持つ材料があり、その下には木の下地があります。
下地の状況は、おおよそ検討はつき想定する事は出来ますが、解体してみるまで確定ではありません。
万が一にも躯体(くたい※柱や梁)等を傷つけないようにする為、慎重に行う作業となります。
コンクリートを解体して分かった下敷きされたガラスマット
ベランダの木の床材が雨水の浸透により腐食している
ここまで壊すのに約2時間!ようやく下地が見えました。
この白い素材が防水素材の1層目となっていたFRP防水に使われる防水繊維ガラスマットです。
マットを捲ると、木下地が雨水により腐食してしまっています。

雨漏りの原因であるベランダ下の軒天も雨水により被害が出ている
こちらが下地が腐食しているベランダの下部にある軒天の部分です。
コーナーのモルタル部には亀裂が起こり、軒天は雨水の浸透で腐食し下がってしまっています。
本来は、ベランダから黒い竪樋(たてどい)に排水されるはずの雨水ですが、ベランダの木の下地を見る限りは、雨水が溢れでており、竪樋だけではなく木下地にも雨水が浸透し、この様な状況になっています。※今回は、こちらの軒天も新しく交換いたします。

☆同様の症状として、ベランダ排水のつまりによるオーバーフローでも同じような事が起こるので気を付けてください。
ベランダの木下地が完全に腐食している
ベランダの東南の角の木下地が酷く腐っている
こちらが、ベランダの躯体部です。
雨水が浸透し、そのほとんどの部分が腐食してしまっており、交換や補強が必要です。
既築のリフォームは、工程を進めてみないと症状が確認できないことが多々あります。
今回も、ある程度の想定はしていましたが、私と職人の想定を超えている症状になっていました。

勿論当社では追加の費用は一切いただきませんが、一部の心無い業者ではこの様な症状を想定せず契約欲しさ提示金額を安くした上でお客様と契約し追加費用請求で問題になるケースもあると聞きます。
契約する際には、追加費用が発生するのか?発生するケースがあるとすればどれ位の範囲か?
約束事は、担当者ときちんと書面で交わし残しておくよう、皆様は心掛けてください。
ベランダの解体道具であるバールをゴミ袋
ベランダの木下地の全景
本日の施工前⇁施工後 になります。

症状により、下地の状態は異なりますが、ベランダの防水性能を保つには、定期的に表面へのトップコート等の塗布が必要です。
目安は、早くて5~6年遅くとも10年に一度はお手入れする事をお勧めいたします。
症状の悪化は、隣接した部位にまで被害を及ぼします。
ご相談・調査・お見積りは無料です。 皆様も早めのメンテナンスを心掛けて下さい。
『街の屋根やさん 水戸店』 ← メールでのお問い合わせは 


同じ工事を行った施工事例

施工事例

日立市での雨漏り修理は瓦棒トタン屋根の棟板金交換で台風も安心

日立市の雨漏り現場の棟板金現場調査時
日立市の雨漏り現場の棟板金の三つ又部にコーキングで雨仕舞い
工事内容
棟板金交換
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム製棟包み・防腐処理貫板・ゴムワッシャー付きビス「ダンパ」 施工m数/約20m
築年数
40年
建坪
約40坪
保証
1年
工事費用
12.7万円
施工事例

水戸市での台風による室内雨漏り被害は瓦屋根の葺き直しにて対応

これから解体する瓦桟
葺き直しの為ルーフィングを敷き込み瓦桟を施工する職人
工事内容
屋根葺き直し
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
【葺き直し】改質アスファルトルーフイング・新規瓦桟・変性シリコン【室内】天井材ジプトーン・床下地ラワン合板12㎜・CF(クッションフロア)
築年数
築42~43年
建坪
保証
3年
工事費用
45.8万円
施工事例

鹿嶋市での雨漏り修理依頼は雨仕舞いに板金被施工!もう安心です

鹿嶋市でガルバリウム鋼板からの雨漏り調査
鹿嶋市でガルバリウム鋼板で雨押え板金工事完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
ガルバリウム鋼板・変成シリコン・野縁(タルキ)
築年数
20年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
3.3万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

水戸市での台風による室内雨漏り被害は瓦屋根の葺き直しにて対応

これから解体する瓦桟
葺き直しの為ルーフィングを敷き込み瓦桟を施工する職人
工事内容
屋根葺き直し
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
【葺き直し】改質アスファルトルーフイング・新規瓦桟・変性シリコン【室内】天井材ジプトーン・床下地ラワン合板12㎜・CF(クッションフロア)
築年数
築42~43年
建坪
保証
3年
工事費用
45.8万円
施工事例

水戸市での雨樋交換は鉄芯入り雨樋アイアン105で強度もアップ

雨樋交換前の赤茶の雨樋変形の様子
しんちゃ色のアイアン105を使用した雨樋交換が完成
工事内容
雨樋交換
使用素材
Panasonicアイアン丸105・新集水器・亜鉛メッキ製正面打ち支持金具
築年数
築35年
建坪
25坪
保証
1年
工事費用
14.1万円(足場費用込み)※全額火災保険適用
施工事例

水戸市の波トタン屋根の雨漏り修理は野地板ベニヤからのやり直し

水戸市でのトタン屋根葺き替え依頼のお家は母屋に併設するトタン屋根の建物
水戸市の棟から撮影した波トタン画像
工事内容
屋根葺き替え
棟板金交換
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板製 波トタン、改質アスファルトルーフィング、針葉樹合板、棟包み、防腐処理貫板
築年数
45年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
56万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

桜川市のALC外壁に気になるクラックを発見

こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。先日、桜川市で工事が完了した屋根工事現場を確認中に、雨漏りの原因に繋がりそうな、気になるALC外壁のクラックを発見しました。雨漏りの原因は屋根だけとは限らず、外壁からの些細な隙間からも浸水してしまうので...........

飛び込み業者さんでラバーロック工事をご提案された水戸市のお客様宅

こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。先日、お問い合せを頂きました水戸市のお客様宅に現場調査でお伺いしました。飛び込み業者さんで屋根の不具合を指摘され、高額な工事(ラバーロック工事)を契約してしまったそうで、適正価格か判断をして下さいとの事...........

ひたちなか市の雨漏り修理依頼のあった作業小屋の風景

ひたちなか市で、作業小屋の屋根から雨漏りしているとのご相談があり、秋台風前に雨漏りの修理を完了させたいとの御相談で現場調査に行ってまいりました。昨今、秋台風がニュースでも取り上げられ、秋台風は勢力が強い事が多いと言われていいるので、お客様も...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391