オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

水戸市でのFRP防水工事はバルコニーの床下地から補修します


茨城県水戸市在住のS様邸ベランダバルコニーの防水工事の様子です。
ベランダバルコニーを解体した様子は ← こちらへ
今日はバルコニーの床下地を骨組み部分から補修し、FRP防水に取り掛かるまでの作業報告です。

ベランダの東南の角の木下地が酷く腐っている
ベランダの木下地が完全に腐食している
先日ご報告した、解体後の床下地の骨組み部分の画像です。
建築物は、下地が『命』と言っても過言ではなく、下地が弱体化していればいずれは症状が現れます。
施工中以外にお客様が直接に目にする事が出来ない部分ですので、ここは業者の信用に直結する部分!

『街の屋根やさん 水戸店』は、床下地の補修まで必要か否かを無料事前調査にて明確に判断し、撮影した画像と図解でわかり易くご案内いたしますので、その節は是非お任せください。


ベランダの下地である根太垂木を新規施工
新規根太垂木を施工したベランダの左側
【利用できるものは利用】【補強ですむ場所は補強】【交換が必要な場所は交換】
がリフォームの鉄則だと当社は考えています。この画像は、根太垂木を施工している画像になります。
ベランダの溝排水部分を新規施工
今回のベランダの排水は、溝を作り排出するシステムを採用します。
排水口に向かい勾配※こうばい(傾斜)を1/50以上つける必要があり雨水の流れは画像の矢印のように流れていきます。
木材を丸型にくり貫き、ドレン用のパイプを設置し下に落とす排水の為の竪樋と連結しています。

ベランダの左側の床板を施工
ベランダの右側の床板を新規施工
一枚一枚隙間なく張り合わせ、しっかりビス打ちしていきます。これで下地は完成です。
この下地作業で、1人の職人が付きっきりで丸1日かかりました。

床下地の補修が必要なく既存の防水層の上にFRP防水を施工する場合は、既存の防水層を研磨し綺麗にした状態からの施工となりますが、今回は下地からの補修で研磨等の作業はありません。
新規施工したベランダ床板にプライマーを塗布
先ずは、プライマーを塗布(とふ)する作業を行っています。
プライマー=下塗り材で、一言でいうと床材と基剤を接着する為の接着剤の役割をするもの。

外壁塗装も同様の事が言えるのですが、お客様が目にする表面層も大切ですが、元材と基剤を接着する為の『下塗り』が疎かだと、年数の経過とともに剥離等の症状として表れてしまうので、とても大切な部分です。
立ち上がり部分にガラスマットを敷き込み
立ち上がり部分に、一層目の防水層であるガラスマットを敷き、上から樹脂塗装していきます。

今回のベランダバルコニーへの防水工事は、お客様が不在時に許可をいただき行っています。
その為、バルコニーに梯子を掛け資材の搬入を行いました。
※梯子が掛けられるベランダバルコニーは、ご不在時でも施工が行えます。
ベランダ床板に一層目のガラスマットを敷き込み
ガラスマットの2層目を敷き込み
今回は、床下地から新しく施工していますので、新築時に施工されるのと同様2枚敷きである『2PLY』になります。
1枚敷き=『1PLY』 2枚敷き=『2PLY』と言い、防水層の上に施工される場合は『1PLY』でもその効果を発揮しますので、既存の状況による業者の判断になるとお考え下さい。

FRP防水は、エポキシ樹脂塗料で防水層を作りますが、樹脂塗料だけでは剥がれてしまう為、ガラス繊維のマットを強化繊維とし密着度を高め剥離を防いでいます。
トップコートを塗布する職人
トップコートの塗布が始まりました。
この辺りまで来ると、徐々にですがお客様が目にされる状態に違ずいてきましたね^^

FRP防水の作業は、ご覧いただいたように細かい工程があり作られています。
塗装は、塗布⇁乾燥⇁塗布⇁乾燥が繰り返されますので、乾燥までの時間もあり、一日で終わる作業はまずありません。
こちらの現場も、後日最終仕上げと磨き上げの研磨に入ります。
また、ご報告さしあげます。

ベランダバルコニーの防水工事も、是非『街の屋根やさん 水戸店』まで
皆様のお宅も同様に、親切丁寧に対応させていただきます。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

鹿嶋市での雨漏り修理依頼は雨仕舞いに板金被施工!もう安心です

鹿嶋市でガルバリウム鋼板からの雨漏り調査
鹿嶋市でガルバリウム鋼板で雨押え板金工事完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
ガルバリウム鋼板・変成シリコン・野縁(タルキ)
築年数
20年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
3.3万円(税込み)
施工事例

茨城県近郊での外壁塗装及び防水シール工事は美観も機能性も向上

塗り替え前の茨城県近郊の現場の外壁
黒とコンクリート色に赤のポイント塗装が映える塗装完了現場
工事内容
防水工事
外壁塗装
その他塗装
使用素材
【塗装】ミラクシーラーエコ・クリーンマイルドシリコン・コンポシリーズ【サイディングシール】オートンイクシード
築年数
築10年
建坪
外壁180㎡ 防水シール工事(目地140m、開口部107m)
保証
10年
工事費用
126.5万(足場費用・塗装費用・防水シール工事含む)
施工事例

水戸市のパラペット屋根雨漏り修理はどぶ溝カバーと外壁通気工法

水戸市のパラペット屋根雨漏り調査で分かった水たまりができた痕
S__2547727
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
防水工事
使用素材
ニチハ社 窯業系サイディング14㎜・ガルバリウム鋼板製笠木・ガルバリウム鋼板製雨谷板金
築年数
10年
建坪
約35坪
保証
1年
工事費用
57.6万

同じ地域の施工事例

施工事例

水戸市での台風による室内雨漏り被害は瓦屋根の葺き直しにて対応

これから解体する瓦桟
葺き直しの為ルーフィングを敷き込み瓦桟を施工する職人
工事内容
屋根葺き直し
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
【葺き直し】改質アスファルトルーフイング・新規瓦桟・変性シリコン【室内】天井材ジプトーン・床下地ラワン合板12㎜・CF(クッションフロア)
築年数
築42~43年
建坪
保証
3年
工事費用
45.8万円
施工事例

水戸市での雨樋交換は鉄芯入り雨樋アイアン105で強度もアップ

雨樋交換前の赤茶の雨樋変形の様子
しんちゃ色のアイアン105を使用した雨樋交換が完成
工事内容
雨樋交換
使用素材
Panasonicアイアン丸105・新集水器・亜鉛メッキ製正面打ち支持金具
築年数
築35年
建坪
25坪
保証
1年
工事費用
14.1万円(足場費用込み)※全額火災保険適用
施工事例

水戸市の波トタン屋根の雨漏り修理は野地板ベニヤからのやり直し

水戸市でのトタン屋根葺き替え依頼のお家は母屋に併設するトタン屋根の建物
水戸市の棟から撮影した波トタン画像
工事内容
屋根葺き替え
棟板金交換
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板製 波トタン、改質アスファルトルーフィング、針葉樹合板、棟包み、防腐処理貫板
築年数
45年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
56万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

水戸市のパラペット雨漏りは散水試験実施と外壁膨れの交換工事で散水試験は雨樋を行い雨水浸入はここからでしたここからでした

水戸市のパラペット屋根雨漏りは、雨漏り箇所を特定する為の散水試験と、外壁膨れの交換工事を同時に行っていきます。先日の現場調査の際に、パラペット屋根雨漏りは複数気になる箇所がありましたので、時間を掛けて徹底的に散水試験を行っていきます。散水試...........

水戸市のアパートのバルコニー笠木で重要なのは通気と雨仕舞い工事で、アルミ笠木の取り付け完了しました

水戸市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。水戸市でバルコニー笠木工事を先日から行っていますが、今回は窯業系サイディング貼り工事と笠木の取り付け工事を行う工程になっています。前回の工事で雨仕舞い工事が終わりましたが、本日は「通気工法」...........

水戸市で巨大台風にも負けない強いベランダ雨仕舞い工事で再度防蟻剤を塗ります

水戸市で始まりましたバルコニー雨仕舞い工事の骨組みを組む木工事が始まります。今回のベランダ雨仕舞い工事は、元々付いていた飾り窓や壁とバルコニーの取り合いで雨水が浸入し、内部の土台や柱を腐食させていたのが原因でした。昨今は台風が年々勢力を強め...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391