オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

ひたちなか市で台風による雨漏り原因はベランダ防水立上り部破損


茨城県ひたちなか市のO様邸で、外壁塗装と防水工事のご依頼を頂いており、現在施工中の現場です。
昨年の台風15号と19号時に1階の廊下天井に雨漏りされ、廊下の天井部にあたるベランダの防水工事のご依頼をきっかけに、外装塗装も同時にご依頼いただいた現場です。
ベランダ防水工事前に、再度雨漏り浸入口の状態を確認する為、天井裏とベランダから連携して調査します。
※平面部よりも、外壁との取り合い部や防水立上り部を重点的に調査し、原因を徹底追及です。

天井裏からの雨漏り箇所を連携確認

台風15号上陸時に雨漏りした廊下天井の染み
こちらが台風時に雨漏りし、染みになってしまった1階の廊下天井です。
台風時には相当な雨漏りの量だった事がうかがえます。
せっかくの和風仕様の目透かし天井板も、とても勿体ない状況になってしまっています。
今回、原因をしっかり直しますので、今暫くお待ちください。
天袋を開けて天井裏を目指す店長
点検口が設けられていない現場なので、お客様に許可をいただき天袋の天板を抜いていきます。
廊下に傷を付けないようにブルーシートで養生し脚立を掛け、上から打ち付けられている細釘を天板が割れないように下から上へハンマーで叩いて外しました。
※一枚物の天板で、細釘が56箇所留まっていました(^_^;)
ベランダ部に設置してある戸袋の下部を天井裏から調査
天井裏から戸袋の緩衝部下からの雨漏りと判明
この画像でも、雨漏りによる染みがあるのが確認できます。
この染みのある場所は、ベランダにある戸袋の下部でありベランダ防水の立上り部です。

戸袋の取り合い部が崩れている
戸袋の下部をアップにした画像ですが、下部の取り合い部が崩れてしまっているのがわかります。
これは天井裏から見ない限りなかなか発見する事の出来ない場所なので、雨漏りを屋根裏から調査しなければ気づかなかった部分です。
笠木部から外壁をつたり戸袋下部の破損部へ雨が流れ込んでいた
こちらがベランダから見た雨漏り箇所の上部です。
屋根庇(ひさし)のあるベランダなので、相応な雨量でなければ笠木手摺を超える事はありませんが、庇が役に立たない威力の台風だった事が想像できます。

ベランダの内壁をつたりこの破損部に雨が浸水
戸袋とベランダの内壁緩衝部の破損割れ部
私達も、探し当てる為にひざまずきながら床面に顔をつけるように覗き込んでようやく見える場所です。
これでは、お客様ご自身で雨漏りの浸入口を探し当てるのはとても難しい場所です。
※雨漏りの浸入箇所特定はプロにお任せください。

廊下の中央部にも雨漏りした箇所があります。

台風15号上陸時に雨漏りした1階の廊下天井の染み
廊下の中央部にも雨漏り染みがあります。この上もベランダの床部分です。
この雨漏り部の天井裏は、小屋裏の梁(はり)が障害物となり見る事は出来ませんでしたが、先程の戸袋からの雨漏り部から計測していけばわかります。
先程の雨漏り箇所から1階の廊下天井中央部までを計測し、2階のベランダを計測し特定していきます。
雨漏りの浸水箇所を計測し判断
計測した場所には、支柱が立っています。支柱の下部に見える緑色の部分がベランダ防水の立上り部分です。
ベランダの中央付近の支柱
ベランダの中央支柱とベランダ防水立上り部の穴あき
ここが侵入口です。廊下中央部の雨漏り染みは1箇所目の雨漏り箇所よりもサッシ寄りに出ていました。
天井材への雨漏りの跡がサッシ寄りにでていたのもこれで納得です。
※この場所も庇の下なので、台風や横風を伴う雨でなければ雨が吹き込む事もなかったと思います。

明日からベランダ防水工事に入りますので、破損箇所やひび割れはコーキング補修

ベランダの立上りのひび割れに変性シリコンでコーキング
穴があき雨が浸水していた支柱の下部をコーキング
雨漏りの原因となっていたベランダ立上り部をコーキング
明日のベランダ防水工事前に、防水立上り部の連結部に全て変性シリコンでコーキング処理を行いました。
今回、雨漏りがなかった場合でもベランダ防水を行う際は施工する工程ですが、台風に限らずお客様には二度と雨漏りによる被害を受けて欲しくないので、職人には入念に防水工事を徹底するよう指示をしました。
台風に限らず、雨漏りはお客様の生活に支障をきたし精神的な不安も与えます。
お客様に常に快適な生活を送ってもらう為のお手伝いが出来れば、私達もとても嬉しく思います。

【屋根に関するご相談・雨漏りのご相談窓口】
フリーダイヤル:0120-270-391

同じ工事を行った施工事例

施工事例

ひたちなか市での葺き止め漆喰詰め直しとガルバリウム雨押え工事

施工する前の葺き止めと雨押え板金
葺き止め漆喰とガルバリウム雨押えの施工完了
工事内容
漆喰取り直し
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
南蛮漆喰かるA ガルバリウム雨押え板金
築年数
36年
建坪
保証
1年
工事費用
9.9万円
施工事例

鹿嶋市での雨漏り修理依頼は雨仕舞いに板金被施工!もう安心です

鹿嶋市でガルバリウム鋼板からの雨漏り調査
鹿嶋市でガルバリウム鋼板で雨押え板金工事完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
ガルバリウム鋼板・変成シリコン・野縁(タルキ)
築年数
20年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
3.3万円(税込み)
施工事例

小美玉市で梅雨前に解消!和瓦谷部からの室内雨漏り補修工事完了

和瓦下ろし下地腐れ酷い状態
瓦葺き直し完了画像
工事内容
屋根葺き直し
雨漏り修理
使用素材
ラーチ合板12㎜・改質アスファルトルーフィング・谷板金(ガルバリウム製)・防腐処理瓦桟・谷板金クッション材
築年数
42
建坪
36坪
保証
1年
工事費用
15万円

同じ地域の施工事例

施工事例

ひたちなか市での葺き止め漆喰詰め直しとガルバリウム雨押え工事

施工する前の葺き止めと雨押え板金
葺き止め漆喰とガルバリウム雨押えの施工完了
工事内容
漆喰取り直し
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
南蛮漆喰かるA ガルバリウム雨押え板金
築年数
36年
建坪
保証
1年
工事費用
9.9万円
施工事例

ひたちなか市で142mの漆喰詰め直しと鬼巻き漆喰施工が完了

ひたちなか市の漆喰詰め直し施工前の大棟
ひたちなか市の現場で漆喰詰め直しが綺麗に完了した大棟
工事内容
漆喰詰め直し
使用素材
南蛮漆喰(白)
築年数
36年
建坪
屋根漆喰詰め直し116.2m 鬼漆喰(鬼巻き)18箇所 葺き止め漆喰25.9m
保証
3年間
工事費用
61.7万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

水戸市でベランダ手すりのぐらつきを直すための部位説明画像

水戸市の賃貸オーナー様より「ベランダ手すりのぐらつきが危ないから、大至急見て下さい。住人の方から連絡があったの」と連絡を頂き、現場調査を行った上で今日からベランダ手すり工事を行います。本日は解体しながら雨水の浸入口も徹底調査します。現場調査...........

ひたちなか市で雨漏り調査を行った庇

茨城県ひたちなか市のお客様より、『縁側の庇屋根がボロボロで、雨漏りするので梅雨入り前に修理して欲しい』との雨漏り修理依頼の御連絡を頂きました。ご連絡から数日後、お客様の都合に合わせて現地調査にお伺いました

古河市のヘーベル外壁のお客様の全景

古河市のお客様より雨漏り補修のお問い合せを頂きました。昨年10月の台風で和室の目透かし天井に雨染みができたようです。現在は雨漏りしていないようですが、外壁の貼り替えやカバー工法をご検討なさっているようなので、雨漏りを根本的に直される事をご提...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391