オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

ひたちなか市での相見積もり依頼はパミールへのガルバリウムカバー工法


茨城県ひたちなか市のお客様より、ニチハ製パミール屋根材へのガルバリウムカバー工法の他社様との相見積もりのご依頼を頂きましたので現場調査にお伺いしました。
屋根の葺き替えやカバー工法は、お客様は相応の出費になりますので相見積もりのご依頼は多くございます。
私達、街の屋根やさん水戸店は屋根工事金額だけではなく、屋根のプロとしてお客様宅1件1件の屋根の状態に合ったご提案を行いお客様にご選択頂いております。
見積もりを提出する前の調査方法等の他社様との違いや考え方なども記載いたしますので、最後までご覧になってみてください。

ひたちなか市の現地の屋根の様子

ひたちなか市で調査を行った複合屋根
今回、ご依頼を頂いたお客様宅に到着いたしました。
ひたちなか市内では、昨年の台風19号時に川からの越水で家屋への浸水被害が発生し川の水が勢いよく住宅地や田畑に流れ込む被害もありました。
近隣の市町村でも同様の被害があり、復旧工事や改装工事が今も行われています。
台風19号時に川が氾濫し道路が冠水
台風19号の際に那珂川が氾濫し歩くこともできない状態
こちらの画像は、ひたちなか市と水戸市との市境にある高速道路水戸北スマートインター付近の画像ですが、今振り返っても自然の怖さをマジマジと思い出す画像です。
昨年の台風後は、水戸市内やひたちなか市内のお客様からの問い合わせが殺到し、スタッフ総動員で対応させて頂きましたが、全てのお客様宅に対応できない程の被害数でした。

調査を開始します。

それでは、ひたちなか市での屋根調査を開始します。
先ずは、ひたちなか市内のお客様宅の既存屋根材の画像ですが、ニチハ製パミールの独特の屋根材剥離の症状が出ています。
ひたちなか市の現場のパミール屋根材の軒先部の状態
こちらの屋根材パミールは、塗装を行う事の出来ない屋根材です。
屋根材の知識に乏しい業者で塗装されているケースもありますが、パミールに塗装を行うと、屋根材がミルフィーユ状になっている為、塗装した表面層が剥離(はがれる)してしまい屋根塗装は意味を成しませんので、屋根工事は屋根業者にご相談下さい。
※分かり易く人間で例えるなら、皮膚にペンキを塗った後にその皮膚が剥がれてしまう状態と言った方がわかり易いでしょうか。

提出された2社の見積額に差がありすぎて心配になり当社にご相談

ひたちなか市の現場で使用されていたニチハ製パミールの状態
ひたちなか市の屋根材パミールの破損が進んでいる谷板金付近
水戸店の調査スタッフは、業務用双眼鏡での初動調査で直ぐにニチハ製パミール屋根材だと判断しましたが、お客様は相見積もり会社さんから何も聞いていませんでした。
因みに、街の屋根やさん水戸店は3社目の見積もり提出業者です。
1社目の見積もり額が他県の屋根業者で400万2社目の見積もり額が近隣の工務店さんで121万で提出され、あまりの金額の開きに心配になり当社に相談頂きました。
※1社目の見積もりは呆れて詳細を見る気も起りませんでしたが、あり得ない金額です。
ひたちなか市のお客様宅で2階の点検口から屋根裏の点検を試みる担当者
ひたちなか市で業務用ライトを天井裏の野地板に照らす
2階のクローゼットの中にある屋根裏点検口から、屋根下地を確認します。
ご主人様:『他の屋根業者は、屋根裏は見なかったぞ』

屋根下地を確認するのは、屋根を生業とするものであれば当然確認をします。
今回のようなスレートコロニアル系へのガルバリウムカバー工法の場合は、既存の屋根材もさる事ながら、屋根下地の状況により施工方法は変わります。

ガルバリウムカバー工法は、下地の状態によって施工方法は変わります。

大棟の下地を天井裏から確認する
天井裏から屋根の野地板を確認
ひたちなか市の屋根下地材には構造用のラーチ合板(針葉樹合板)が使われており、雨漏り染みもなくしっかりした状態が保てています。
ガルバリウムカバー工法は、既存の屋根材の上にガルバリウム鋼板屋根材を被せ葺き(かぶせぶき)する工法ですが、大きく分けて2種類の施工方法が存在します。

ガルバリウムカバー工法には、大きく分けて2種類の施工方法があります。

【ガルバリウムカバー工法には、大きく分けて2種類の施工方法があります】
①野地板工法→既存の屋根材の上に、構造用合板を増し張り・防水シート・ガルバリウム鋼板屋根材を被せ葺く方法※雨漏り等で下地の野地板の耐久性が失われている場合
②直貼り工法→既存の屋根材の上に、直接防水シートを貼りガルバリウム鋼板屋根材を被せ葺く方法※下地の野地板に問題がない場合
※カバー工法をご希望のお客様は、ご用命をいただければ、しっかりした現地調査(無料)にて私達が適正に判断さえて頂きますのでガルバリウムカバー工法は、是非当社にお任せください。
カバー工法を行うパミール屋根材に粘着式防水シートを貼る職人

まとめ

ひたちなか市の現場調査をさせて頂いた上で、当社が見積もり作成時に注視する点
①野地板の状況がしっかりしているので、直貼り施工でのカバー工法が可能
②屋根材がパミールなので、下葺き材には粘着層防水シートが最適
(タディスセルフカバー使用)通常の防水シートよりも若干高めです。
③ガルバリウム鋼板屋根材は、お客様のご予算に合わせて種別を選択する

街の屋根やさん水戸店は適切な調査(無料)を行い、適切な料金と適切な施工方法で御提案差し上げます。
【屋根工事・ガルバリウムカバー工法は】※茨城県内統一価格
街の屋根やさん水戸店 をご用命ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

ひたちなか市でパミール屋根をガルバリウムカバー工法し不安解消

0000-2
S__79052804-2
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
棟板金交換
使用素材
防水シート:タディスセルフカバー、屋根材:ガルバリウム鋼板T₂ワイド220
築年数
20年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
117.7万円
施工事例

桜川市での倉庫屋根雨漏りは折板屋根カバー工事で解消されました

太陽光を設置する折板屋根の事前調査で中間ボルトが錆びている画像
桜川市の倉庫で折板屋根カバー工事が完了いたしました
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
倉庫
使用素材
折板屋根ルーフデッキH88、ダンボ66、エスロンV300
築年数
25年
建坪
約300坪
保証
10年
工事費用
924万円
施工事例

結城市で廃盤屋根材であるカラーベストアーバニーへGL重ね葺き

アーバニー屋根材が破損して脱落している結城市の現場屋根
結城市の定尺ガルバリウム屋根材で重ね葺きが完了した結城市の現場屋根
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
火災保険
使用素材
GLカラー(ガルバリウム)T2ワイド220・粘着防水シートタディスセルフ
築年数
25年
建坪
保証
10年
工事費用
112.2万円

同じ地域の施工事例

施工事例

ひたちなか市でパミール屋根をガルバリウムカバー工法し不安解消

0000-2
S__79052804-2
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
棟板金交換
使用素材
防水シート:タディスセルフカバー、屋根材:ガルバリウム鋼板T₂ワイド220
築年数
20年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
117.7万円
施工事例

ひたちなか市での葺き止め漆喰詰め直しとガルバリウム雨押え工事

施工する前の葺き止めと雨押え板金
葺き止め漆喰とガルバリウム雨押えの施工完了
工事内容
漆喰取り直し
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
南蛮漆喰かるA ガルバリウム雨押え板金
築年数
36年
建坪
保証
1年
工事費用
9.9万円
施工事例

ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換

四枚のカーポート屋根材が春の嵐により飛散し無くなっている
ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換の交換工事完了
工事内容
屋根補修工事
その他の工事
使用素材
ポリカーボネートパネル3㎜×4(ブルースモーク色) アーチカバー押さえ材交換(1) 棟キャップ交換(1)
築年数
20年
建坪
保証
1年
工事費用
8.9万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

常陸太田市のスレート屋根改修カバー工事始まりました

こんにちは。街の屋根やさん水戸店の田村です。常陸太田市でスレート屋根(パミール)の屋根改修カバー工法が始まりました。先週から工事を行なう予定でしたが、雨の影響で順延となっていました。お客様の屋根材はスレート屋根(ニチハ社のパミールという商品...........

常陸太田市で風の影響を受けやすい家屋

常陸太田市のスレート屋根パミール(ガルバリウムカバー工法)は太陽光パネルが設置されており、外してからの施工になります。現在スレート屋根からは太陽光が外されており(お客様選定の業者様)カバー工事を行なう工程ですが、台風の影響も有り工事を延期し...........

水戸市のスレート屋根は全体にに水が浸透して中からダメージを受けている

こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回の水戸市でのお問い合せは『近所で工事していると言う建設業者さんに、2階の棟板金が浮いていると指摘されたのですが、自分では見られないので調査して下さい。』お伺いしてみると、近所で工事していると言った飛...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391