オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

日立市の瓦棒葺き屋根雨漏りは経年劣化が原因の天井雨染み被害


茨城県の皆様こんにちは!街の屋根やさん水戸店です。
日立市のお客様より瓦棒葺き屋根雨漏り被害のお問い合せを頂きました。
築40年のお家で天井に雨漏りによる雨染みができてしまったとの内容なので、梅雨入りも近いこの時期もあり心配です。
現状の屋根材である瓦棒屋根や室内雨漏りの小屋裏状況を確認する為、日立市のお客様宅にお伺いし、屋根雨漏り調査をしっかりと行っていきます。

瓦棒葺き屋根雨漏り調査を行っていきます

日立市の瓦棒葺き屋根雨漏りは経年劣化が原因で天井雨染み被害の現場調査で経年劣化の錆がみられます
日立市の瓦棒葺き屋根雨漏りは経年劣化が原因で天井雨染み被害の現場調査で屋根勾配は2寸でした
日立市のお客様宅に到着致しました。屋根は2寸勾配の屋根です。
梯子を使用して瓦棒葺き屋根に登ってみると、全体的に経年劣化で起きた錆や表面剥離が起きていますのでメンテナンスが必要な状況と言えます。
瓦棒縦葺き屋根は、緩い勾配(傾斜・傾き)でも施工が可能で、雨の流れる方向である軒先方向に対して遮る物がないので雨漏りには強い屋根です。
※横葺きは、ある程度の勾配がないと強風時に雨が吹き込む為、施工できません。

瓦棒葺き屋根の特殊なケース

日立市の瓦棒葺き屋根雨漏りは経年劣化が原因で天井雨染み被害の現場調査で壁の中を水が通っている構造屋根
日立市の瓦棒葺き屋根雨漏りは経年劣化が原因で天井雨染み被害の現場調査で壁の中を水が通っている構造屋根の裏側
日立市のお客様の瓦棒葺き屋根形状は特殊で壁の下を水が通るような構造になっています。私達も色々な屋根を調査しますが、とても珍しい屋根です。
屋根調査で屋根上を歩いた状況では、屋根下地にも雨水の浸入が確認できるほど木下地である野地板の弱体化が認められます。
屋根の劣化が軽傷であれば屋根塗装の選択肢もありますが、屋根の木下地から手を入れるとなると、既存の屋根材を撤去した瓦棒葺き屋根への葺き替えが相当です。
壁の下を通る水の流れの対応策と、雨漏り対策の雨仕舞い方法等々、屋根リフォームは特殊なケースが多い為、慎重に判断しなければならない屋根です。

瓦棒屋根雨漏りの原因は1部ではない

日立市の瓦棒葺き屋根雨漏りは経年劣化が原因で天井雨染み被害の現場調査の小屋裏雨漏り調査で棟が折ってあるだけです
日立市の瓦棒葺き屋根雨漏りは経年劣化が原因で天井雨染み被害の現場調査の小屋裏雨漏り調査で錆が貰い錆びを受けています
さらに調査を進めると、(頂点)が折って形成されているのが分かりますが、金属は折る事によって弱くなりますので劣化を早めます。
現在の工法では、この棟の部分に「棟包み」といった部材を被せていきますので、40年前とは雨仕舞い方法が変わっております。

錆びが起す貰い錆び

瓦棒屋根が錆びている箇所がありますが、瓦棒屋根全体に起きている錆は貰い錆びが原因で起きている可能性が高いと思われます。
原因としては、勾配(傾斜)が緩いため水が流れるスピードが遅くなり、水上(みずかみ)部でできた錆が水下(みずしも)部に流れる際に錆を運ぶ現象です。
その表面に付いて錆びになってしまう現象が貰い錆び現象です。

小屋裏雨漏り調査をすると

日立市の瓦棒葺き屋根雨漏りは経年劣化が原因で天井雨染み被害の現場調査の小屋裏雨漏り調査で天井下地に雨染み確認
日立市の瓦棒葺き屋根雨漏りは経年劣化が原因で天井雨染み被害の現場調査の小屋裏雨漏り調査で母屋組にも雨漏りした形跡があります
日立市で行っている屋根雨漏り調査で小屋裏からの確認を行った画像ですが、天井裏に雨染みが確認でき、屋根の骨格である「母屋」にも雨漏れの形跡があります。
この状況を説明しますと、特定の箇所からの雨漏りではなく、瓦棒屋根全体から雨漏りが起きていて、屋根材の下部にある断熱材が無ければ大量の雨漏りになっています。
このまま雨漏り箇所を放置すれば、雨漏り被害が広範囲に広がってしまうので早急な屋根メンテナンスが必要です。

まとめ

日立市の瓦棒葺き屋根雨漏りは経年劣化が原因で天井雨染み被害の現場調査の小屋裏雨漏り調査でベランダの木部が腐っています
日立市の瓦棒葺き屋根雨漏りは経年劣化が原因で天井雨染み被害の現場調査の小屋裏雨漏り調査で工事の際はベランダ撤去しなければなりません
日立市で行った瓦棒葺き屋根雨漏り調査は、屋根全体での屋根雨漏り・劣化した錆びからの雨水浸入などが調査を進めていき判明致しました。
今回は、瓦棒葺き屋根の葺き替え工事にて見積書を作成しお客様に提出します。
これからジメジメした梅雨が続き、台風シーズンもやってきますので、屋根のメンテナンスはお早めに検討していきたいですね。
【瓦棒葺き屋根工事のご相談・屋根雨漏りの御相談は茨城県統一料金の】
   街の屋根やさん水戸店へ フリーダイヤル:0120-270-391

同じ工事を行った施工事例

施工事例

ひたちなか市での屋根葺き替えは防災瓦を使用した雨漏り対策

工事前の漏水している屋根
防災瓦での葺き替え工事が完了した屋根
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
スーパートライ110スマート、南蛮漆喰、樹脂製瓦桟、防水シートREBO
築年数
45年
建坪
保証
5年
工事費用
99.8万円
施工事例

鉾田市で作業小屋のトタン屋根葺き替え工事が完了

施工前の、鉾田市の作業小屋トタン屋根
施工後の、鉾田市の作業小屋トタン屋根
工事内容
屋根葺き替え
倉庫
使用素材
ガルバリウム波板・構造用合板12㎜・改質アスファルトルーフィング・シーラー・波ビス・防水テープ
築年数
3年
建坪
保証
3年
工事費用
40.6万円
施工事例

日立市での老朽化した瓦棒屋根をMSタフビーム333で葺き替え

屋根葺き替え前の劣化が進んだ瓦棒屋根
MSタフビームで屋根葺き替え工事が完了した画像
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
月星カラーGL鋼板MSタフビーム333、針葉樹合板、改質アスファルトルーフィング
築年数
40年
建坪
25坪
保証
10年
工事費用
67.1万円

同じ地域の施工事例

施工事例

日立市での老朽化した瓦棒屋根をMSタフビーム333で葺き替え

屋根葺き替え前の劣化が進んだ瓦棒屋根
MSタフビームで屋根葺き替え工事が完了した画像
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
月星カラーGL鋼板MSタフビーム333、針葉樹合板、改質アスファルトルーフィング
築年数
40年
建坪
25坪
保証
10年
工事費用
67.1万円
施工事例

日立市での外壁クリヤー塗装でレンガ調外壁の光沢が甦りました

塗装前の日立市の住宅
新築時の様に外部が綺麗になりました
工事内容
外壁塗装
使用素材
【外壁塗料】ピュアライトUVプロテクトクリアー【付帯部塗料】クリーンマイルドシリコン、ケンエースG-Ⅱ、【コーキング材料】ノンブリートタイプ変成シリコーン
築年数
12年
建坪
約45坪
保証
10年
工事費用
110万円
施工事例

日立市での屋根カバー工法で雨漏り原因の経年劣化を解消しました

日立市の縦葺き屋根の全体画像
屋根カバー工法が完成しました
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
MSタフカバー、タフカバー用タイトフレーム、ゴムアス防水シート、エプロン面戸、ベランダ床材(ビューステージ)
築年数
約40年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
99.2万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

フルフラットでスタイリッシュなスーパートライ110瓦

ひたちなか市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。先日、ひたちなか市のブログで御報告した瓦屋根の葺き替え工事現場の第二弾です。今日は、実際に新しい瓦を葺く工程をお伝えしていきます。前回のブログひたちなか市の葺き替え工事は、瓦を撤去し野...........

瓦屋根の葺き替え工事を行う、ひたちなか市内の屋根風景

ひたちなか市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。さて今回は、先日着手した、ひたちなか市の屋根葺き替え工事現場から、既存の瓦材を撤去し、屋根下地である野地板と防水紙の施工までの様子です。現場の屋根は、酷い雨漏りを起こしており、下地の状...........

屋根工事施工前の鉾田市のトタン波板

鉾田市の屋根工事が着工となりました。今回の屋根工事は、作業小屋への雨漏りが起因でしたが、屋根下地である野地板(のじいた)からの葺き替えが必要です。鉾田市の現場屋根は、築3年目での屋根工事です。建築された屋根工事の状況と、今回当店が葺き替える...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391