オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

ひたちなか市で台風被害を受けた降り棟取り直しで強化した瓦屋根


茨城県の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。
ひたちなか市で、台風被害により壊れた降り棟取り直し工事が行われます。
降り棟とは、主棟から軒先に向けて降りてきている棟で、屋根面と屋根面のつなぎ部分になりますが、職人さんによってはグシ隅棟とも言われています。
降り棟の取り直しは職人技が見られる作業ですので、最後までご覧下さい!

降り棟取り直し前の解体作業

ひたちなか市で台風被害を受けた降り棟取り直しで降り棟の解体作業をおこなっています
ひたちなか市で台風被害を受けた降り棟取り直しで盛り土を丁寧に取っていきます
ひたちなか市で行われている降り棟取り直し工事は、解体作業から行います。
降り棟の下地である盛り土を丁寧に除去する作業ですが、降り棟の土台である盛り土がサラサラしていますので下地の状況は良くありません。
元々盛り土麻つたが入った粘度土で、施工当初は強い保持力がありますが、長い年月を経るとこのようにサラサラ・ボロボロになってしまいます。

降り棟の解体完了です

ひたちなか市で台風被害を受けた降り棟取り直しで降り棟の解体がもう少しで完了です
ひたちなか市で台風被害を受けた降り棟取り直しで降り棟の解体完了です
降り棟の台座である南蛮漆喰と盛り土を撤去していきますが、南蛮漆喰は固まるとカチカチに固くなる為、玄能(ハンマー)で解体していきます。
今回施工する強化降り棟には盛り土は使用しませんが、既存の降り棟取り直し解体にはガラやゴミが大量に出ますので、解体→清掃の繰り返す作業となります。
撤去した盛り土を廃棄処分する為に、屋根上で袋詰めすれば降り棟の解体作業は完了となります。

降り棟の台座を形成していきます

ひたちなか市で台風被害を受けた降り棟取り直しで降り棟の台座を南蛮漆喰で形成していきます
ひたちなか市で台風被害を受けた降り棟取り直しで降り棟の取り合い瓦の釘穴を変成シリコンで埋めます
ひたちなか市で行われている降り棟取り直しは、南蛮漆喰を使用して降り棟の下地である台座を形成しながら、台風被害を受けにくい強化された降り棟を形成します。
先ずは下準備です。降り棟の瓦面と瓦面の取り合い部分の瓦に釘穴が空いていますので、ここに変成シリコンを充填して、水の浸入を遮断します。
瓦屋根リフォームは、既存の防水シートを使用する事が多い為、このような細かい雨仕舞いを行いますが、経年時に差が出る大切な工程です。

南蛮漆喰で強化された降り棟

ひたちなか市で台風被害を受けた降り棟取り直しで南蛮漆器を4分割しながら形成します
ひたちなか市で台風被害を受けた降り棟取り直しで南蛮漆喰に水糸を張り熨斗瓦を積んでいきます
今回の降り棟の長さは3.6mと長尺なので、まずは4分割して南蛮漆喰を積んでいき、最後に一本にして降り棟の台座を形成していく方法をとります。
南蛮漆喰で降り棟の台座が形成し、水糸を張り1番外側に来る熨斗瓦(のしがわら)の外面を合わせながら施工し、五段積み降り棟を取り直します。
下地がしっかりしていますので熨斗瓦積みも段取りよく行われています。

降り棟の熨斗瓦施工方法と銅線

ひたちなか市で台風被害を受けた降り棟取り直しで熨斗瓦に銅線を通していきます
ひたちなか市で台風被害を受けた降り棟取り直しで玄能で熨斗瓦を積んでいます
降り棟取り直しは最後に銅線を使用して結ぶ為、あらかじめの熨斗瓦に銅線を通します。今回のひたちなか市の現場の降り棟は5段なのでその2段下の熨斗瓦から銅線を出しておきます。
降り棟の熨斗瓦は玄能(ハンマー)を強弱を付けながら押し、南蛮漆喰に密着させて貼り付けていますが、職人の技が必要な工程です。

降り棟が出来上がりました

ひたちなか市で台風被害を受けた降り棟取り直しで降り棟が出来上がりました
ひたちなか市で台風被害を受けた降り棟取り直しで銅線もしっかり巻かれています
ひたちなか市で施工中の、降り棟取り直し工事が完了致しました。
この瓦屋根に使われていた熨斗瓦は、1枚1枚大きさや膨らみが違い職人も苦労したそうですが、先端にしっかり反りも出ていますし強化された降り棟に変わりました。
丸い冠瓦(かんむりかわら)を付けた後に、銅線をでぐるぐる緊結しますが、この縛り方は職人の技で簡単には外れないようになっています。

まとめ

タイトルである「ひたちなか市で台風被害を受けた降り棟取り直しで強化した瓦屋根」のブログは如何でしたでしょうか??
今回のブログで、降り棟が作られる工程や職人の知恵などをお伝えしてみました。
これから本格的な台風シーズンの到来ですが、屋根修理は早めのお手入れを行う事により被害を最小限に抑える事が出来ます。
【瓦屋根工事、棟・降り棟工事、屋根リフォーム工事】※茨城県内統一料金
街の屋根やさん水戸店へ フリーダイヤル:0120-270-391
ひたちなか市で台風被害を受けた降り棟取り直しが完了しました

同じ工事を行った施工事例

施工事例

ひたちなか市でパミール屋根をガルバリウムカバー工法し不安解消

0000-2
S__79052804-2
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
棟板金交換
使用素材
防水シート:タディスセルフカバー、屋根材:ガルバリウム鋼板T₂ワイド220
築年数
20年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
117.7万円
施工事例

日立市での老朽化した瓦棒屋根をMSタフビーム333で葺き替え

屋根葺き替え前の劣化が進んだ瓦棒屋根
MSタフビームで屋根葺き替え工事が完了した画像
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
月星カラーGL鋼板MSタフビーム333、針葉樹合板、改質アスファルトルーフィング
築年数
40年
建坪
25坪
保証
10年
工事費用
67.1万円
施工事例

結城市で廃盤屋根材であるカラーベストアーバニーへGL重ね葺き

アーバニー屋根材が破損して脱落している結城市の現場屋根
結城市の定尺ガルバリウム屋根材で重ね葺きが完了した結城市の現場屋根
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
火災保険
使用素材
GLカラー(ガルバリウム)T2ワイド220・粘着防水シートタディスセルフ
築年数
25年
建坪
保証
10年
工事費用
112.2万円

同じ地域の施工事例

施工事例

ひたちなか市でパミール屋根をガルバリウムカバー工法し不安解消

0000-2
S__79052804-2
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
棟板金交換
使用素材
防水シート:タディスセルフカバー、屋根材:ガルバリウム鋼板T₂ワイド220
築年数
20年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
117.7万円
施工事例

ひたちなか市での葺き止め漆喰詰め直しとガルバリウム雨押え工事

施工する前の葺き止めと雨押え板金
葺き止め漆喰とガルバリウム雨押えの施工完了
工事内容
漆喰取り直し
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
南蛮漆喰かるA ガルバリウム雨押え板金
築年数
36年
建坪
保証
1年
工事費用
9.9万円
施工事例

ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換

四枚のカーポート屋根材が春の嵐により飛散し無くなっている
ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換の交換工事完了
工事内容
屋根補修工事
その他の工事
使用素材
ポリカーボネートパネル3㎜×4(ブルースモーク色) アーチカバー押さえ材交換(1) 棟キャップ交換(1)
築年数
20年
建坪
保証
1年
工事費用
8.9万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

水戸市で調査依頼のあった現場風景画像

水戸市のお客様からのご依頼です。【ご依頼内容】2階の天井に染みがあり、屋根からの雨漏りが原因なのか?天井裏に獣が入ってしまっのが原因なのか?調べて欲しい!とのご依頼を受け、お客様の休日に合わて現場調査に行ってまいりました。

小美玉市のパラペット屋根の店舗様解体現場調査

こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。小美玉市のお客様より公共下水の整備に伴い、家屋の一部解体を希望するとの事です。お近くの店舗様に当社のリーフレットを置いて頂いて、その店舗様よりお話をして頂いて今回のお問い合わせをいただきました。元々は店...........

水戸市のスレート屋根は全体にに水が浸透して中からダメージを受けている

こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回の水戸市でのお問い合せは『近所で工事していると言う建設業者さんに、2階の棟板金が浮いていると指摘されたのですが、自分では見られないので調査して下さい。』お伺いしてみると、近所で工事していると言った飛...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391