オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

城里町の雨漏りは瓦桟の雨塞き止めが原因で防水シート劣化を助長


城里町の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。
今回は、城里町での雨漏り現場調査です。築40年以上の立派な入母屋(いりもや)造りのお宅を小屋裏と屋根の内外から徹底的に調査します。
今年の梅雨は期間が長びいており、雨漏り被害調査に呼ばれる機会が大変多くなってきています。今回の城里町のお客様もご実家の屋根からの雨漏り相談です。

立派な和風家屋です

雨漏りは劣化した防水シートと瓦桟の雨塞き止めで現場調査にお伺いしました
雨漏りは劣化した防水シートと瓦桟の雨塞き止めで現場調査にお伺いしましたが二重屋根になっている大きなお家です
城里町での雨漏り調査は、外見から屋根に不具合があるか否かを確認します。
城里町の現場は、入母屋(いりもや)造りで二重屋根になっている立派なお宅ですが、屋根の構造が複雑であればある程、雨漏りのリスクは高くなります。
早速、小屋裏と屋根を確認して雨漏り調査を進めていきたいと思います。

小屋裏からの雨漏り調査

雨漏りは劣化した防水シートと瓦桟の雨塞き止めで屋根裏から調査で解った雨漏り箇所
雨漏りは劣化した防水シートと瓦桟の雨塞き止めで屋根裏から調査で解った雨漏り箇所と白カビ
城里町の雨漏り調査で、小屋裏(天井裏)調査を進めていきますと、屋根床材である野地板はバラ板で、所々に黒いアスファルトルーフィング防水シートが見えます。
旧建築屋根で使用されるバラ板は、木材を製材する過程で出た木の切れ端が使われる事が多く、不揃いな形の木材なので隙間が空いてしまっています。
雨漏りした形跡や、雨漏りが起こって出来た白カビも確認出来ますので、屋根の平部で起こっているのが小屋裏調査で判明しました。

屋根上からの調査を進めます

雨漏りは劣化した防水シートと瓦桟の雨塞き止めで屋根上からの調査を進めます
雨漏りは劣化した防水シートと瓦桟の雨塞き止めで屋根上から撮影した不揃いな和瓦
城里町の雨漏り調査は、屋根の上から調査をし、大棟の辺りから雨漏りが起こったであろう平部を撮影すると、瓦が真っ直ぐに並んでいないのが分かります。
地震の影響も考えられますが、平瓦にズレが生じ、屋根全体が波を打ったようになっていますので、瓦を差し戻す必要があります。
瓦がこの様な状況ですと瓦と瓦の隙間が大きい為、横風の際に雨水が瓦の隙間から浸水し、必要以上に屋根材の下に雨水を入れてしまっている事になります。
※当社は雨が屋根材の下に入ること想定して下地の雨仕舞いを行ないます

瓦をめくって見ると・・・

雨漏りは劣化した防水シートと瓦桟の雨塞き止めていて枯れ葉などがあり雨漏りの原因を引き起こしています
雨漏りは劣化した防水シートと瓦桟の雨塞き止めていて枯れ葉などがあり雨漏りの原因を引き起こしていますのが解りました
雨漏りしている辺りの瓦を外してみると、瓦桟(かわらざん)に枯れ葉などが詰まっており枯れ葉を除去すると、防水紙が湿っているのが分かります。
真っ直ぐに並んでいない和瓦の下に、雨水や枯れ葉が浸入し、瓦を掛ける瓦桟(かわらざん)で雨水が塞き止められ、雨漏りを引き起こしている事が判明しました。
劣化した防水シートや防水シートを留めているタッカー(ホチキス)の穴、瓦桟を留めている釘穴から水が浸入したのが原因です。

さらに屋根調査を進めます

雨漏りは劣化した防水シートと瓦桟の雨塞き止めが水分を含み崩れおちそう
雨漏りは劣化した防水シートと瓦桟の雨塞き止めがトンネルを塞ぎ水を塞き止めている
さらに屋根調査を進めていきますと、大棟の漆喰が水分をかなり含んでいて今にも崩れ落ちそうになっているのが分かりました。
このまま放置すると、大棟が崩れる原因にもなりかねませんので補修が必要です。
また、入母屋屋根を形成する化粧棟・隅棟・風切丸の取り合いにある水を流す為のトンネルに漆喰が詰まり水が塞き止められているのも分かりました。
トンネルは塞がっていると水が溜まり、雨漏りの原因になりますので放置は危険です。
※調査時にトンネルに詰まった漆喰は除去いたしました。

城里町の雨漏り調査で判明した原因から導き出した解消法

城里町の雨漏り調査で判明した雨漏り原因を解消する為に、お客様には2つのお見積もり書をご提出致します。
①北側屋根の全面葺き直し(既存の瓦を使用してコストをおさえる)
②大棟漆喰の取り直し
☆屋根葺き直し時の瓦桟交換は、屋根材下地への雨水の浸入時にも耐水しない、ウォーターホール(水抜き穴)付きで耐腐食性に強い樹脂製瓦桟を使用します。

まとめ

S__54050877
雨漏りは、原因を改善しなければ被害はどんどん広がってしまいます。
今年は台風の発生が今の所少なく、8月や9月に台風がまとめて発生する2016年のようになるのではないか?と言う情報も流れています。
外仕事である屋根工事は雨天時には施工が進みませんので、雨漏りの相談は早めの早めに行い、早め早めの対策を推奨いたします。
【屋根工事、雨漏りの相談は】※茨城県内統一料金
街の屋根やさん水戸店 フリーダイヤル:0120-270-391

同じ工事を行った施工事例

施工事例

水戸市で波型スレート屋根の交換と外溝フェンス修繕工事が完了

屋根工事を行う前の水戸市内の破損した波板スレート屋根
新しい波板スレートで交換が完了した水戸市内のボンベ庫の屋根
工事内容
屋根補修工事
倉庫
使用素材
【波型スレート】ノンアスベスト大波スレート・ステンレス製フックボルト【外溝フェンス】リクシルハイブリットフェンス・フェンス台ブロック・砕石等
築年数
25年
建坪
保証
3年
工事費用
火災保険適用工事(全額)
施工事例

結城市で廃盤屋根材であるカラーベストアーバニーへGL重ね葺き

アーバニー屋根材が破損して脱落している結城市の現場屋根
結城市の定尺ガルバリウム屋根材で重ね葺きが完了した結城市の現場屋根
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
火災保険
使用素材
GLカラー(ガルバリウム)T2ワイド220・粘着防水シートタディスセルフ
築年数
25年
建坪
保証
10年
工事費用
112.2万円
施工事例

ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換

四枚のカーポート屋根材が春の嵐により飛散し無くなっている
ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換の交換工事完了
工事内容
屋根補修工事
その他の工事
使用素材
ポリカーボネートパネル3㎜×4(ブルースモーク色) アーチカバー押さえ材交換(1) 棟キャップ交換(1)
築年数
20年
建坪
保証
1年
工事費用
8.9万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

倒木による屋根破損が起きた鉾田市の住宅


鉾田市のお客様より、街の屋根やさん水戸店のホームページをご覧になり、御相談がありました。鉾田市のお客様から頂いた御相談内容セキスイハイム住宅なのですが、隣地の林の木が倒れ屋根が破損してしまった。メーカーさんでも見積もりを取っ...........

台風で飛散したアスファルトシングル材


こんにちは、街の屋根屋さん水戸店です。今回のお問い合せ内容「前に来た大型台風で屋根材が捲れました。高い所なのでハッキリと確認出来ません。無料点検をお願いしたいと思い、ご連絡しました。」確かに屋根は高所ですので、下からは屋根の...........

台風被害を受けた瓦屋根を調査します

こんにちは、街の屋根やさん水戸店です。今回は台風被害を受けた瓦屋根の修理依頼になります。今回のお問い合せ内容2019年の台風19号で瓦がズレていたようですが、最近まで気づかず他業者さんのご指摘により判明したようです。瓦屋根はパラペットがあり...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391