オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

日立市の雨漏り原因は瓦棒葺き屋根の三つ又棟板金から雨水が浸入


日立市の皆さんこんにちは。街の屋根屋さん水戸店の田村です。
本日は、長梅雨による影響で雨漏りが発生した築40年の瓦棒葺き屋根の調査で日立市のお客様宅にお伺い致しました。
瓦棒屋根は緩い勾配(屋根の傾斜)から使用できる屋根材で、住宅屋根から倉庫屋根に幅広く使われている屋根材になります。

雨漏り調査は屋根上と天井裏から

日立市の雨漏りしている瓦棒屋根の全景画像
日立市の雨漏りしている瓦棒屋根の天袋から天井裏を調査します
街の屋根やさん水戸店では、屋根雨漏り調査は屋根上からと天井裏からの確認方法を行い、雨漏り箇所や浸入箇所の特定を致します。
屋根上からの調査だけでは雨漏りの特定箇所が難しく、天井裏からも確認する事で雨漏り箇所の特定や、雨漏りの雨の伝わり方が確認出来ます。
今回は瓦棒葺き屋根なので平部では雨漏りが起こりにくい屋根なので、おそらくは屋根の頂点に位置する棟板金周辺かと想定しています。

天井裏から雨漏り調査

日立市の雨漏りしている瓦棒屋根の天袋から天井裏を調査すると野地板上には耐火野地が貼ってありました
日立市の瓦棒葺き屋根を、天井裏から調査して行きますが、ザラ板(野地板)の上に白い物が見えます。これは最近では珍しい「木毛セメント板」という商品です。
木毛セメント板は、リボン状に細長く削り出した木材をセメントペーストで圧縮成型した建材で、関東大震災後にドイツから輸入されたのが始まりです。
耐震性や吸音製に優れ、当時は屋根下地の野地板に使われていました。

天井裏から判明した雨漏り箇所

日立市の雨漏りしている瓦棒屋根の天袋から天井裏を調査すると三つ又板金部から雨漏りしてました
日立市の雨漏りしている瓦棒屋根の天袋から天井裏を調査すると三つ又板金部から雨漏りしていて屋根垂木を伝った痕があります
天井裏からの雨漏り調査を進めていくと、瓦棒屋根の棟周辺から雨が浸入した形跡を発見し、お客様のポタポタと雨が垂れる音の位置と一致しました。
間違いなくここが瓦棒屋根の雨漏り箇所になります。
天井裏からでは何処で雨漏りしているの??と思う方もいると思いますので、屋根上から雨漏り箇所の場所をわかりやすくご説明します。

屋根上からみる雨漏り箇所の三つ又棟板金

日立市の雨漏りしている瓦棒屋根上から調査していきます
日立市の雨漏りしている瓦棒屋根上からみる三つ又棟板金
屋根上からの調査を行なっていますが、平らな所(平部)では屋根材の劣化や穴が空いている等の症状はありません。
天井裏から確認して判明した雨漏り箇所の上部は屋根頂点部の棟でした。
瓦棒葺き屋根の、棟板金が3方向からぶつかる三つ又棟板金の取り合い部が雨漏り浸入口でしたので、こちらを交換する案でお客様にお話をさせて頂きます。
※棟板金の釘抜けや、棟板金の浮きも雨漏りの原因になり易くなっています。

屋根上から分かる雨漏り以外の症状

日立市の雨漏りしている瓦棒屋根上からみると屋根材にチョーキングが見られます
日立市の雨漏りしている瓦棒屋根上からみると棟板金に釘抜けや割れがありました
日立市の屋根は、雨漏り箇所が判明しましたが築40年なので屋根全体の痛みや塗膜の劣化も確認ができます。
また、瓦棒屋根を触ってみますと、塗料が手袋に塗料がべっとり付くので塗膜が無い状況が分かり棟板金に穴が確認できるため全体的なメンテナンス時期と言えます。
※屋根は住宅の中で1番雨に触れる、言わば「傘」の役割していますので、不具合があると雨漏りに直結しますのでご注意ください。

天井裏から見た下地の注意ポイント

日立市の雨漏りしている瓦棒屋根の天井裏はザラ板の隙間が多く木毛セメント板が見えています
日立市の雨漏りしている瓦棒屋根の天井裏は木毛セメント板が崩れ落ちてきています
天井裏からの雨漏り調査で気になった箇所が数カ所ありました。
まず、屋根下地のザラ板(野地板)の1部がかなり隙間が空いており、木毛セメント板が7㎝ほど見えているのが分かります。
築40年の住宅なので、恐らく防水シートの撥水力は無く、木毛セメント板に雨が染みこんでる状況かなと考えられます。
※天井上には、剥がれ落ちた木毛セメント板があるので今後雨漏りの注意が必要です。

まとめ

日立市の雨漏りしている瓦棒屋根上から雨漏り調査を行なっています
日立市の雨漏りしている瓦棒屋根上から降り棟板金を調査しています
日立市の三つ又棟板金からの雨漏り調査は無事終わりました。
三つ又棟板金に限らず、瓦屋根・スレート屋根でも棟からの雨漏りは多い箇所なので、棟は定期的なメンテナンスが必要になる部分です。
屋根の点検は高所ですのでご自身での点検は危険です。屋根の調査は屋根のプロにお任せくださいませ。
備えあれば憂いなし!大型台風が来る前に準備万全にしたいですね。
【屋根の御相談・屋根工事は】※茨城県内一律料金
街の屋根やさん水戸店へ フリーダイヤル:0120-270-391

同じ工事を行った施工事例

施工事例

水戸市で波型スレート屋根の交換と外溝フェンス修繕工事が完了

屋根工事を行う前の水戸市内の破損した波板スレート屋根
新しい波板スレートで交換が完了した水戸市内のボンベ庫の屋根
工事内容
屋根補修工事
倉庫
使用素材
【波型スレート】ノンアスベスト大波スレート・ステンレス製フックボルト【外溝フェンス】リクシルハイブリットフェンス・フェンス台ブロック・砕石等
築年数
25年
建坪
保証
3年
工事費用
火災保険適用工事(全額)
施工事例

結城市で廃盤屋根材であるカラーベストアーバニーへGL重ね葺き

アーバニー屋根材が破損して脱落している結城市の現場屋根
結城市の定尺ガルバリウム屋根材で重ね葺きが完了した結城市の現場屋根
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
火災保険
使用素材
GLカラー(ガルバリウム)T2ワイド220・粘着防水シートタディスセルフ
築年数
25年
建坪
保証
10年
工事費用
112.2万円
施工事例

ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換

四枚のカーポート屋根材が春の嵐により飛散し無くなっている
ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換の交換工事完了
工事内容
屋根補修工事
その他の工事
使用素材
ポリカーボネートパネル3㎜×4(ブルースモーク色) アーチカバー押さえ材交換(1) 棟キャップ交換(1)
築年数
20年
建坪
保証
1年
工事費用
8.9万円

同じ地域の施工事例

施工事例

日立市での外壁クリヤー塗装でレンガ調外壁の光沢が甦りました

塗装前の日立市の住宅
新築時の様に外部が綺麗になりました
工事内容
外壁塗装
使用素材
【外壁塗料】ピュアライトUVプロテクトクリアー【付帯部塗料】クリーンマイルドシリコン、ケンエースG-Ⅱ、【コーキング材料】ノンブリートタイプ変成シリコーン
築年数
12年
建坪
約45坪
保証
10年
工事費用
110万円
施工事例

日立市での切り妻屋根工事は脱落寸前の巴瓦を強化棟で7寸丸被せ

屋根修理前の状態の日立市の瓦屋根
日立市の瓦屋根は棟の取り直しが完了です
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
耐震棟金具、樹脂製棟垂木、なんばん、7寸丸瓦(銀黒)、防水パッキン付きビス
築年数
約40年
建坪
約30
保証
3年
工事費用
15.4万円
施工事例

日立市での老朽化した瓦棒屋根をMSタフビーム333で葺き替え

屋根葺き替え前の劣化が進んだ瓦棒屋根
MSタフビームで屋根葺き替え工事が完了した画像
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
月星カラーGL鋼板MSタフビーム333、針葉樹合板、改質アスファルトルーフィング
築年数
40年
建坪
25坪
保証
10年
工事費用
67.1万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

倒木による屋根破損が起きた鉾田市の住宅


鉾田市のお客様より、街の屋根やさん水戸店のホームページをご覧になり、御相談がありました。鉾田市のお客様から頂いた御相談内容セキスイハイム住宅なのですが、隣地の林の木が倒れ屋根が破損してしまった。メーカーさんでも見積もりを取っ...........

台風で飛散したアスファルトシングル材


こんにちは、街の屋根屋さん水戸店です。今回のお問い合せ内容「前に来た大型台風で屋根材が捲れました。高い所なのでハッキリと確認出来ません。無料点検をお願いしたいと思い、ご連絡しました。」確かに屋根は高所ですので、下からは屋根の...........

台風被害を受けた瓦屋根を調査します

こんにちは、街の屋根やさん水戸店です。今回は台風被害を受けた瓦屋根の修理依頼になります。今回のお問い合せ内容2019年の台風19号で瓦がズレていたようですが、最近まで気づかず他業者さんのご指摘により判明したようです。瓦屋根はパラペットがあり...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391