オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

日立市で金属トタン屋根を解体すると野地ベニヤまで漏水して剥離


日立市で始まりました金属トタン屋根から嵌合(かんごう)立平葺き金属屋根で葺き替えする様子をブログにてお届け致します。
築40年でかなり傷んだトタン屋根は、雨漏りを引き起こしていましたのでお客様も屋根の葺き替えを決断しました。
梅雨明けして職人にはキツい季節がやってきましたが、今日も張り切っていきます。

工事着工です

日立市で街の屋根やさんの垂れ幕を設置しました
日立市でユニック車を使用して荷揚げをします
日立市のお客様敷地は、道路から敷地までの高さが3.6m程ありましたので、ユニック車を使用しての材料上げ下ろしを行ないます。
解体して出る廃材や新しく貼る屋根材などがあり、人力だけで行なうにはかなりの量が出ますので、機械の力に頼って工事を進めます。
梅雨明けして真夏の天気なので、何もしなくても汗が吹き出てきます 汗

既存の金属ベランダ囲いを解体します

解体前のベランダの囲い
解体された鉄製のベランダ囲い
施工スタートは、金属で出来たベランダの囲いを撤去しての工事となりました。
サンダー(電動カッター)を使用して、ベランダの囲いを細かくして運べるようにしながら解体を行なっていきます。
ベランダの囲いは錆が酷く柱は固定力を失っていました。
この状態ではベランダの再利用は不可能な状態ですので、お客様に話し撤去することになりました。

金属トタン屋根を解体します

瓦棒屋根を板金ハサミで解体する職人
丸ノコで瓦棒屋根を解体する職人
次に金属トタン屋根にサンダーで切れ目を入れ、板金ハサミを使用して棟(屋根の頂点部)周辺を切り解体していきます。
既存の金属トタン屋根の厚みは0.3㎜で、鋼板に亜鉛をメッキしただけの商品なので、錆や劣化で傷みやすく、今回も雨漏りまで症状が進んでいました。
※金属トタン屋根の屋根塗装は10年~15年を推奨致します。

金属トタン屋根を解体すると・・・

瓦棒屋根を捲ると防水シートが劣化していた
瓦棒屋根を捲ると野地ベニヤが漏水しています
金属トタン屋根を解体して捲ってみると、防水シートに水が浸入した痕や劣化症状がみられていましたので、雨漏りした原因も納得しました。
また、野地ベニヤの厚みは当時でも9㎜~12㎜が主流でしたが、お客様に使われている野地ベニヤ厚みが5.5㎜でしたので、厚みも雨漏りの原因1つです。
※現在新築で使用される野地ベニヤ厚みは、12㎜が主流になっています。

屋根全体で雨漏りが起きていたようです

瓦棒屋根を捲ると野地ベニヤが漏水して剥離しています
瓦棒屋根を捲ると野地ベニヤと防水シートの劣化が分かります
トタン屋根の解体が進んでいくと、屋根全体で雨漏りが起きている事が分かりました。
下地野地ベニヤが全体的に湿りをおびて剥離しており、所々に防水シートの劣化も認められました。
住宅の屋根はの傘の役割をしていますので、雨漏り対策である雨仕舞いには最新の注意を払い行なわなければならない場所なのです。

特殊な屋根のケース

日立市の瓦棒葺き屋根雨漏りは経年劣化が原因で天井雨染み被害の現場調査で壁の中を水が通っている構造屋根
日立市の瓦棒葺き屋根雨漏りは経年劣化が原因で天井雨染み被害の現場調査で壁の中を水が通っている構造屋根の裏側
ベランダを解体した後の金属トタン屋根形状は、特殊で壁の下に水が通るような構造になっており、雨漏り対策として水の流れを変える特殊工法にて今回は施工を行ないます。
私達も色々な屋根を調査しますが、今回の日立市の現場とても珍しい屋根です。
ベランダを解体した屋根の上にもう一段屋根を作り、水が滞留しないように木材でかさ上げした屋根土台形成を行ないます。

木材で下地形成

屋根上で木下地を切断する職人
二重屋根下地が形成された日立市の現場
写真ではイメージが付きにくいですが屋根を二段にする為に、床の下地で使われる3寸角(9㎝角の木材)を使い強固な下地を作りました。
正確に寸法をとり、斜めに木材をカットして下地を形成するのはまさに職人技です。
雨水の流れを計算したうえでの下地の形成は、今まで以上の雨漏り対策にもなり強い屋根に生まれ変わります。
本日はここまでになりますが、次回のブログでは嵌合(かんごう)立平葺き金属屋根で生まれ変わる屋根をお届け致します。
【金属トタン屋根工事のご相談・屋根雨漏りの御相談は茨城県統一料金の】
 街の屋根やさん水戸店へ フリーダイヤル:0120-270-391

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ホームセンターさんとの相見積もり依頼のあった、ひたちなか市の現場風景

ひたちなか市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。春になり、リフォームには良い季節になってきましたね。3月の中旬から、屋根工事や塗装工事のリフォーム見積もり相談が多くなっています。今回のひたちなか市のお客様も、屋根工事と外壁塗装工事を...........

屋根工事後一か月で雨漏りが再発生した稲敷郡の屋根

稲敷郡の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回は、他業者での屋根工事後一か月で雨漏りが再発したとの御相談です。稲敷郡のお客様からのお問い合わせ内容です。昨年末に他業者さんで瓦屋根からアスファルトシングルに葺き替え工事を行ったが施行後...........

常陸太田市の現場の瓦屋根でラバ―ロックを解説

常陸太田市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。本日は、常陸太田市で着手した瓦屋根工事の様子をお伝えしますが、既存の瓦屋根に施されていたラバ―ロックの撤去に思わぬ苦戦をしいられました。瓦屋根住宅で、ラバ―ロックを施されているお客様は、...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391