オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

水戸市での屋根葺き替えのご提案は防水シートの劣化による雨漏り


こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。
先日、お問い合せを頂きました水戸市のお客様宅に現場調査でお伺いしました。
飛び込み業者さんで屋根の不具合を指摘され、高額な工事(ラバーロック工事)を契約してしまったそうで、適正価格か判断をして下さいとの事です。
屋根を点検後に屋根の葺き替えと屋根の葺き直しの提案をさせて頂いたので、至った経緯についても解説していきたいと思います。

外観からの判断

飛び込み業者さんでラバーロック工事をご提案された水戸市のお客様宅
水戸市のセメント瓦二階建て家屋
水戸市の現場に到着し、外観から屋根の様子を確認していきます。
飛び込み業者さんは、屋根の不具合を見つけお客様にお声がけされたようですが、下からは屋根の状況が全くと言っていい程分かりません。
飛び込み業者さんは近くで工事をしていて、お客様のご自宅脇を通って発見したとの事でしたが、遠目から双眼鏡で見なければ分からない状況です。
※飛び込み業者さとのご契約は、焦らずに相見積もりなどをとり、適正価格かを見比べてから判断するのも対策として良いと思います。

天井裏からの雨漏り調査

水戸市のセメント瓦屋根から雨漏りしている天井部の染み
水戸市のセメント瓦屋根は、ザラ板の隙間から雨漏りしている
お客様は、普段物置になっている部屋の天井材に雨染みを見つけ、広範囲に広がっていた事から雨漏りになっている事に気づいたようです。
調査にて天井裏を確認すると、屋根下葺材のザラ板になっておりザラ板とザラ板の隙間から雨漏りした跡がクッキリと残っています。
築43年経っている住宅屋根の防水シートは経年劣化で防水機能を失っています。この状態では屋根の下葺き材からの交換が必要で、ラバ―ロックでは雨漏りは止まりません。

屋根上から調査

水戸市のモニエル瓦屋根は塗装されたばかり
水戸市のモニエル瓦は棟曲がりを起している
続いて屋根上からの調査を行なっていきます。
全体的には、不具合等が無いように見えますが、屋根の頭頂部の棟を見て頂ければ分かりますが湾曲上に棟曲がりが起きているのが分かります。
数年前に家屋全体の塗装をしたそうですが、屋根は補修を行われないまま塗装が施されたのでしょう。
このセメント瓦は定期的な塗装が必要ですが、本来であれば棟曲がりという屋根の不具合を直してからの塗装が良かったと思います。
※セメント瓦(モニエル瓦)は現在廃盤品です。瓦割れや瓦破損の際に差し替える事が出来ないため、近年は屋根の葺き替えをご検討されるお客様が多くなっています。

屋根の葺き替えや葺き直しのご検討が必要

水戸市のモニエル瓦を捲るとルーフィングの劣化症状が分かりました
水戸市の棟曲がりはボールペンの先が入ります
セメント瓦を捲ってみると、下葺き防水紙の破れや雨が浸入した跡がありました。
私が一番驚いたのは、引っ掛け桟瓦葺き(ひっかけさんがわらぶき)で使用する瓦桟(かわらざん)が使用されていなく、瓦の釘留めのみで行なわれていた施工です。
本来であれば瓦桟に釘留めしますが、直に下地であるザラ板に釘固定されていた為、瓦の下に雨が入った際には、雨漏りの原因になってしまいます。
また、棟瓦にもボールペンが入るほどの隙間が空いており、雨が入りやすくなっているのでこちらも雨漏りの原因になり易くなっています。
※瓦固定化が義務化になります。(現在は新築住宅のみですが、既築住宅も今後検討が進められていますので、近々で瓦屋根工事をご検討のお客様はご留意を。)

      上記のコラムで瓦固定方法もご説明しております。

屋根の葺き替えと葺き直しの違いは??

屋根の葺き替え(モニエル瓦⇁化粧スレート※コロニアルグラッサ)

before1
モニエル瓦の葺き替え前の小美玉市の屋根
葺き替え工事前
 モニエル瓦(廃盤品)
horizontal
after1
小美玉市で葺き替えが完了したコロニアルグラッサ
葺き替え工事後
スレート材への葺き替え
この画像はモニエル瓦(セメント瓦)からスレート材への屋根葺き替えになります。
屋根葺き替え工事は、下葺材の野地板と防水シートを新しい物に替え、屋根材も変更して屋根工事を行なうことです。
東日本大震災後は瓦などの重量がある屋根材から、スレート材や金属屋根(板金屋根)などの軽量屋根材への葺き替えを選択されるお客様が多くなりました。

屋根の葺き直し工事

before1
水戸市のモニエル瓦葺き直し前
葺き直し工事前
モニエル瓦
horizontal
after1
水戸市の葺き直し屋根工事が完了した屋根全景
          葺き直し工事後
           モニエル瓦
屋根の葺き直しですが、既存の屋根材(瓦以外は出来ません)を再利用して、下地の野地板と防水シートや瓦桟を新しい物に替え、既存の屋根材で再度葺き直す工法です。
瓦以外葺き直しは出来ません。廃盤品であるセメント瓦(モニエル瓦)等、入手困難な瓦では差し替えが行えない為、差替え瓦を保有されている事が条件になってしまいます。

瓦屋根の一部補修工事

before1
ひたちなか市で台風の影響により飛散した和瓦2階屋根
桟瓦の一部差し替え前

horizontal
after1
ひたちなか市で台風で飛散した桟瓦の瓦屋根補修で工事完了しました
        桟瓦の一部差し替え後
こちらは桟瓦が台風被害を受け飛散した瓦屋根です。
屋根下地の野地板や防水シートに被害がありませんでしたので、桟瓦の差し替えのみで工事が完了致しました。

ガルバリウムカバー工法(カバー葺き)

before1
小美玉市で割れ落ちたスレート材はアーバニーでした
スレート材のカバー工事前
horizontal
after1
結城市の定尺ガルバリウム屋根材で重ね葺きが完了した結城市の現場屋根
スレート材のカバー工事後
ガルバリウム鋼板金属屋根
こちらは、脱落したスレート屋根材アーバニーへのカバー工事です。
スレート材のメンテナンス(塗装)不足により塗装できない状況でしたので、ガルバリウム鋼板製の金属屋根でカバー工事をした現場になります。


屋根下地からの交換が必要なので、葺き替えにて御提案いたします。

水戸市のセメント瓦屋根を点検している様子
水戸市のセメント瓦の棟を撮影した様子
水戸市のセメント瓦屋根は、葺き替えと葺き直しのお話をさせて頂いて、耐震性やメンテナンスサイクルを考え、金属屋根材での葺き替えをご提案する事になりました。
飛び込み業者さんのラバ―ロック提案では、下葺き防水紙の破損は直らず、廃盤瓦である事や下葺き材からの交換が必要となる事を考慮すると、屋根の葺き替えが相当です。

まとめ

屋根下地、下葺き防水紙、屋根材が相まって、初めて健康な屋根です。
屋根工事や屋根調査は、屋根の専門業者にお任せくださいませ。
『我が家は葺き替え?葺き直し?』『どんな屋根修理が良いの?』など、屋根葺き替えに関わらず、屋根のご相談事がありましたら、是非、街の屋根やさん水戸店へ。
【茨城県内全域統一料金】
ご相談フリーダイヤル:0120-270-391(8:30~19:00まで受付 日曜定休)

同じ工事を行った施工事例

施工事例

結城市の屋根修理は、緊急性の高い破損部である棟板金を交換

交換工事前の結城市の棟の状態
屋根修理が完了した結城市の棟板金
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
平屋
使用素材
ガルバリウムカラー鋼板t=0.35 防腐処理済み貫板
築年数
建坪
保証
1年
工事費用
7.3万円
施工事例

結城市で庇屋根へのポリカ波板施工が完了しました

波板が撤去された状態の庇屋根
クリア色の新しいポリカ波板が施工された結城市の庇
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカ波板6尺×16枚・ワンタッチフック・変成シリコーン
築年数
建坪
保証
1年
工事費用
¥58,740
施工事例

常陸太田市での雨漏り改修工事が完了!入母屋玄関の屋根工事編!

雨漏り改修工事前の入母屋屋根の谷板金周辺
谷板金を交換し葺き直しされた入母屋玄関屋根
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
捨て板金(ガルバリウム製)・谷板金(ガルバリウム製)・谷シーラー・なんばんしっくい
築年数
築40年程
建坪
保証
1年
工事費用
18.7万円

同じ地域の施工事例

施工事例

水戸市の破風板板金巻きと軒天工事は、下地補修や瓦調整も実施

施工前の水戸市の軒天と破風板
施工後の水戸市の軒天と破風板
工事内容
破風板板金巻き工事
破風板・軒天部分補修
足場
使用素材
カラーGL板金(ガルバリウム鋼板)・ケイカル板・軒樋半丸105・正面打ち支持金具
築年数
25年
建坪
破風板板金巻き32.6m 軒天工事14.9㎡ 軒樋交換18.5m
保証
3年
工事費用
52万円
施工事例

水戸市の雨樋清掃が完了し正常な排水を取り戻しました

清掃前の、土が詰まった状態の雨樋
雨樋清掃を行い、排水機能を取り戻した水戸市の雨樋
工事内容
雨樋交換
その他の工事
使用素材
なし
築年数
建坪
保証
工事費用
19,800円
施工事例

水戸市の波トタン屋根の雨漏り修理は野地板ベニヤからのやり直し

水戸市でのトタン屋根葺き替え依頼のお家は母屋に併設するトタン屋根の建物
水戸市の棟から撮影した波トタン画像
工事内容
屋根葺き替え
棟板金交換
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板製 波トタン、改質アスファルトルーフィング、針葉樹合板、棟包み、防腐処理貫板
築年数
45年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
56万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

常陸太田市の現場の瓦屋根でラバ―ロックを解説

常陸太田市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。本日は、常陸太田市で着手した瓦屋根工事の様子をお伝えしますが、既存の瓦屋根に施されていたラバ―ロックの撤去に思わぬ苦戦をしいられました。瓦屋根住宅で、ラバ―ロックを施されているお客様は、...........

下屋根の上に載るベランダの解体に入る作業員

ひたちなか市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回はひたちなか市で着手した、瓦屋根の葺き直し工事現場の様子です。2月の地震後、瓦が地震で揺られ下地の防水シートに傷ついた事が起因と思われる雨漏り相談が多く、今現場も、地震で更に雨漏り...........

三角冠棟を調査する為、屋根に梯子を設置

今回は、桜川市の棟瓦の取り直し見積り依頼現場からの御報告です。当店のHPをご覧になり、メールで御相談を頂きました。太陽光メンテナンス業者さんから、棟瓦の下地が全体的に傷んでいるとの指摘を受けたので、棟瓦の補修をして頂ける屋根業者様を探してい...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391