オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

日立市で屋根の雨漏り修理をお考えのお客様へ(原因と修理について)


日立市で雨漏り修理をお考えのお客様へ、今回は屋根の雨漏りの原因と雨漏り修理方法についてご案内いたします。
雨漏りは家屋のどこかしらにできた隙間より水が入り込んで発生します。判断が難しい上、軽度なものからかなり深刻なものまで、原因や症状は実に様々です。
雨漏りによって壁にまで雨が伝っている様子

雨漏りの原因

屋根
経年劣化、災害等による破損・ひび割れ、地震等によるズレ・浮き、強風等による棟板金の釘浮き、漆喰の崩れ
ベランダ
防水層の劣化、排水溝の劣化・詰まり、笠木(手すり)の破損
外壁
ひび割れ、配管回りのコーキングやパテ材の劣化
窓・天窓
コーキングの劣化、周辺のひび割れ、防水処理の不備
雨樋
破損・ひび割れ・変形、ゴミ等の詰まり
その他
テレビアンテナの設置、太陽光パネル設置時の穴、初期の施工不良等

屋根からの雨漏り

屋根の雨漏り瓦破損
雨漏りが引き起こされる原因は多岐に渡りますが、最も雨漏りの発生原因が高いのが屋根です。常に日光に晒された状態で、台風や地震等の自然災害の影響を大きく受けやすく、屋根材や工事技法が向上した現在でも原因のトップに挙げられます。
それでは、屋根に関する雨漏りの原因と修理方法までを分かりやすくご紹介していきたいと思います。

台風や地震等災害による雨漏り

台風被害瓦破損雨漏り
昨年相次いで関東に上陸した台風15号と台風19号により棟瓦の大半が倒壊し、脱落してしまいました。
台風被害天井雨漏り
棟部からの浸水は室内のいたるところに被害を及ぼし、天井には黒ずんだ大きな雨染みが広がっています。

棟板金の浮きや漆喰の崩れによる雨漏り

瓦棒屋根棟板金浮き
瓦棒葺きトタン屋根の棟板金です。屋根の頂点の継ぎ目を覆い雨水の侵入を防ぐ役割を持っていますが、釘が抜け落ち全体的に浮いた状態で、固定力を保つことができません。
谷瓦漆喰崩れ雨漏り
屋根の谷部に使用される谷瓦の漆喰が崩れてしまい、下地にまで雨水が吹き込み腐食が進んでいます。構造上雨水が集中しやすく、雨漏りの発生頻度が非常に高い部分です。

屋根の雨仕舞と防水シートの役割

建物の中に雨水が入り込まないように施工することを雨仕舞(あまじまい)と言います。棟・谷樋・軒先・天窓回り・外壁との取り合い等、雨水の影響を受けやすい場所に浸水防止の処置を施し、さらに雨水をうまく誘導して雨樋や地面等に受け流す構造をしています。
そしてもう一つ、雨漏り防止のために必要なのが防水シートです。
瓦棒屋根防水シートがボロボロ
屋根材だけでは雨水の侵入を完全に防ぐことができないため、アスファルトをしみ込ませた防水シート(ルーフィング)を用います。一般に耐用年数は10年~20年ですので、劣化が進む前に張り増し、または張り替えましょう。
屋根にひび割れが生じ雨水が侵入しても、最後の砦となる防水シートが役割を果たしていれば、雨漏りを防ぐことは可能です。

屋根の雨漏り修理方法

コーキング等による雨漏り修理

軽度なひび割れから漏水している場合は、コーキング(シーリング)を使用します。
安価での補修が可能ですが、原因によっては雨水が逃げる道を塞いでしまうことがあり、逆に雨漏りが悪化する場合もあります。
DIYではなく信頼できる屋根の専門家にお任せした方がいいでしょう。
before1
雨漏りの浸入口
horizontal
after1
コーキングでのテラス屋根の雨仕舞い完了

瓦屋根の葺き直し

葺き直し工事は瓦屋根だけに施工が可能な工事法です。
既存の瓦屋根を剥がした後、下地である防水シートを敷き直し、今まで使用していた瓦を再利用して葺き直します。
部分的な葺き直しは、雨漏りの応急処置にはなりますが、葺き直さない部分の防水シートは経年したままなので、あくまでも応急処置的な雨漏り修理法とお考え下さい。
before1
葺き直しの為に瓦桟までを撤去した状態の屋根
horizontal
after1
雨漏り修理で新しくルーフィング敷き直し瓦桟を施工

漆喰補修による雨漏り修理

漆喰補修の種類
漆喰詰め直し:ダメージを受けた古い漆喰をきれいに除去した後、下地となる内部の葺き土を整え、新しい漆喰を塗り込んでいきます。
棟瓦取り直し:既存の棟瓦を一旦撤去し、漆喰や葺き土を詰め直した後、再び棟瓦を積み上げていきます。損傷が激しい時に行われる修理方法です。
before1
棟漆喰崩れ雨漏り修理
horizontal
after1
棟漆喰雨漏り修理完了

棟板金の雨漏り修理

棟板金の釘が抜けてしまった場合は、ステンレスビスに打ち換える事や、再釘打ちを行いコーキングを施す微補修も可能ですが、あくまでも応急処置です。
棟板金を固定する留め具は、下地の貫板に向かって打たれていますので、雨水の浸水によって下地が腐食している場合は、貫板からの交換が必要です。
棟板金を交換する場合は、下地である貫板を木製ではなく、耐腐食性のある樹脂製に変更し、固定力を向上させる棟板金工事を選択しましょう。
before1
棟板金破損雨漏り
horizontal
after1
棟板金交換雨漏り修理

屋根葺き替えによる雨漏り修理

屋根葺き替え工事とは屋根の全面改修工事です。
既存の屋根を撤去し、屋根下地から作り直していきますので、雨漏りに強い屋根に生まれ変わり、屋根全体の防水層を新しくするため長期間使い続けることができます。
屋根の葺き替え工事は、雨漏り修理と言うよりも屋根リフォームの分野かもしれません。屋根の経過年数や屋根の下地状況などを考慮した上で検討される事をお勧めします。
before1
小美玉市の現場でモニエル瓦屋根を解体する職人
horizontal
after1
小美玉市で葺き替えが完了したコロニアルグラッサ

カバー工法による雨漏り修理

屋根カバー工法は、ガルバリウム鋼板製屋根材を使用し、既存の屋根の上に新しい屋根を重ねて葺く工法です。
葺き替え工事と比べ、古い屋根を撤去しないため、既存屋根の解体費用や廃材処分費用を抑える事もでき、屋根工事の工期も短くなるメリットがあります(瓦屋根不可)
before1
瓦棒屋根葺き替え工事前雨漏り
horizontal
after1
屋根葺き替えタフビーム雨漏り修理

屋根の雨漏り修理まとめ

今回は「日立市で屋根の雨漏り修理をお考えのお客様へ(原因と修理について)」と題し、屋根の雨漏り原因と雨漏り修理に着目した記事をご紹介しました。
雨漏りの放置は二次被害に繋がり、ひいては家の寿命を縮めてしまう可能性がありますので、雨漏り発生に気がついた段階で早目にご相談ください。
街の屋根やさん水戸店ではお客様のご要望を伺い、雨漏りの原因を追究した上で、お客様にとって最善の雨漏り修理をご提案いたします。
雨漏り修理の御相談・調査・見積もり無料>>ここまでやります無料点検!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

水戸市の瓦屋根修繕工事が完了!もう雨漏りの心配はいりません

15
16
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
七寸丸瓦・強化棟金具・なんばん漆喰・ガルバリウム製谷板金・谷シーラー・その他
築年数
45年
建坪
保証
3年
工事費用
67.1万円
施工事例

小美玉市での店舗雨漏り修理は屋根の取り合い部を板金で雨仕舞い

交換前のパラペット笠木板金
交換後のパラペット笠木板金
工事内容
破風板・軒天部分補修
雨漏り修理
使用素材
木目調プリント板、ガルバリウム鋼板(笠木板金、壁雨押え板金)シーリング付きビス、集成材(ツバメ巣台)
築年数
35年
建坪
35坪
保証
1年
工事費用
22万円
施工事例

鹿嶋市での雨漏り修理依頼は雨仕舞いに板金被施工!もう安心です

鹿嶋市でガルバリウム鋼板からの雨漏り調査
鹿嶋市でガルバリウム鋼板で雨押え板金工事完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
ガルバリウム鋼板・変成シリコン・野縁(タルキ)
築年数
20年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
3.3万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

日立市での老朽化した瓦棒屋根をMSタフビーム333で葺き替え

屋根葺き替え前の劣化が進んだ瓦棒屋根
MSタフビームで屋根葺き替え工事が完了した画像
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
月星カラーGL鋼板MSタフビーム333、針葉樹合板、改質アスファルトルーフィング
築年数
40年
建坪
25坪
保証
10年
工事費用
67.1万円
施工事例

日立市での屋根カバー工法で雨漏り原因の経年劣化を解消しました

日立市の縦葺き屋根の全体画像
屋根カバー工法が完成しました
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
MSタフカバー、タフカバー用タイトフレーム、ゴムアス防水シート、エプロン面戸、ベランダ床材(ビューステージ)
築年数
約40年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
99.2万円
施工事例

日立市での雨漏り修理は瓦棒トタン屋根の棟板金交換で台風も安心

日立市の雨漏り現場の棟板金現場調査時
日立市の雨漏り現場の棟板金の三つ又部にコーキングで雨仕舞い
工事内容
棟板金交換
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム製棟包み・防腐処理貫板・ゴムワッシャー付きビス「ダンパ」 施工m数/約20m
築年数
40年
建坪
約40坪
保証
1年
工事費用
12.7万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

二名の職人が屋根に登り屋根修理の準備をする

今日は、常陸太田市で始まった屋根修理現場の状況をお伝えします。お客様からの一報は『屋根から雨漏りがあり、他業者さんで修理してもらったのですが、雨漏りが止まらないので見て下さい』との御相談でした。雨漏りの伴う屋根修理は、雨漏りの原因追及から始...........

雨漏り修理相談のあった廊下天井への雨漏り被害

水戸市で雨漏り修理をご検討のお客様へ!今まで街の屋根さん水戸店が実際に携わった雨漏り事例を元に、雨漏り修理について解説してみたいと思います。【街の屋根やさん水戸店に御相談頂く 雨漏り修理相談ベスト3】1位 室内天井や壁に雨が伝って雨染みも出...........

瓦屋根の雨漏り箇所に施したブルーシートを撤去

茨城県の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回は、雨漏り修理をご希望のお客様宅での屋根工事着手初日の様子です。雨漏り修理前の御相談時の内容は、2階の屋根天井に染みが出来ており『雨漏りなのか?獣なのか?』を点検して欲しいとの相談が始ま...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391