オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

鉾田市で雨漏り被害のあるトタン屋根を調査し、張替えを御提案


鉾田市で作業小屋のトタン屋根に雨漏りしているとの御相談があり
現地調査に行ってまいりました。

お客様からのお問い合わせ内容
『三年ほど前に増築した野菜の出荷用作業小屋のトタン屋根が雨漏りしている。
自分で応急処置をし少し収まったが、機械があるのでとても心配』
とのご相談内容です。

3年前に増築した作業小屋で雨漏りが発生

雨漏り被害のある増築した作業小屋
雨漏り被害のある増築した作業小屋です。

外壁も屋根も波トタン製で、増築して暫らくして雨漏りが始まったとの事。
屋根業者ではあり得ないことですが、工務店さんによる増築施工との事です。

早速、雨漏り状況と屋根の状態を調査し、解決策を導き出します (^O^)/

増築した作業小屋根内の雨漏り状況

室内壁への雨漏り跡が残る作業小屋
先ずは室内壁への雨漏り被害です

雨漏りした痕跡がクッキリ残っていました。
『小雨程度で雨漏りする事はないが、横風を伴う雨の時に漏る』
との事なので、外壁と屋根の取り合い部分の可能性が高いと思います。

鉾田市の作業小屋野地板の雨漏り痕
野地板に雨水が染み込み腐食している
こちらは天井への雨漏り被害です。

鉾田市のお客様が気にされているのは、この天井材部分の雨漏りです。
この天井材の下には作業用の機械が置いてあり、雨天の際に雨が『ポタポタ』
落ちてきて気が気ではないとの事です。

作業小屋なので、屋根の下地である野地板がそのまま天井材になっている仕様。
野地板の腐食具合をみても、室内壁よりも雨漏りの被害を被っています。

屋根に登って調査を開始します。

雨漏りしている平らな屋根に登って調査するスタッフ
屋根に登って調査を開始します。

雨漏り被害のある屋根は、ほぼ真っ平らな屋根です。
トタン屋根に勾配計をあてると極度な緩勾配である事がわかる
勾配計をあてて計測してみると、『0.2寸勾配』でかなり緩い勾配です。

トタン屋根は水下~水上まで一枚物のトタンで葺かれていますので
単体の建物であれば緩勾配でも問題がありませんが
この作業小屋は母屋側の作業小屋からの増築で、屋根が重なって葺かれています。
おそらくは、その部分が雨漏りの原因だと思います。

お客様が防水テープで応急処置した部分

雨漏りしているトタン屋根に防水テープで応急処置してある様子
この画像は、母屋のトタン屋根と増築部のトタン屋根が重なる部分ですが
お客様で防水テープを施して応急処置してありました。

この部分が原因で、室内天井へ雨漏りしていたのは正しいと思います。
母屋側のトタン屋根の下に増築トタン屋根は潜っていますが、屋根勾配が緩い分
横風の影響で雨水が逆流し、雨漏りの原因となっているものです。

防水テープを捲ると雨水が溜まっているのが確認できる
応急処置で雨漏りは軽減しても、根本的な解決にはなっていなかったようです。
今回、屋根業者に相談してみたのは大正解ですね (^O^)/

築後3年ですが、雨漏りを根絶させる為にはトタン屋根の張り替えが必要です。
当社では、トタンを張り替える際に母屋側に潜らせる側のトタンに立上り加工を
施しシーラーも設置して雨水の浸水を防ぐ工法でのお見積もりを作成します。

室内壁への雨漏り原因を調査

次に、室内壁への雨漏りの原因を調査します。
雨漏りのある室内壁の外側のあたる場所
室内壁へ雨漏りのしている外側部分です。

屋根と外壁のトタンには連結部に隙間が生じてしまう為、降雨対策として
木製の破風板が取り付けられています。
外壁と屋根の緩衝部に隙間が生じている
屋根の軒出裏を調査!破風板から覗いてみると・・・

ケラバ側の外壁トタンと屋根との間に下地分の隙間が生まれており、
強風が伴う降雨では破風板を越えて巻いた雨が吹き込んでしまいます。

『もう少し、やり用はあっただろうに。。。』と個人的には思いますが
使えるものは使いながら雨漏りしない屋根に作り替えなければなりません。

ケラバ側の軒出をカットする解説をする画像
雨は、小さな隙間や些細なひび割れからも浸水します。

調査の結果、今回の鉾田市の現場の屋根の対策法は、ケラバ側に伸びている軒出を
カットし、外壁トタンと屋根の出を合わせ、つなぎ目をケラバ板金とシーラーで
雨仕舞を行うのが得策です。

雨漏り被害のあるトタン屋根の調査が完了

鉾田市での雨漏り被害のあるトタン屋根の調査が完了しました。
今回の調査は、2名のスタッフで約1時間の雨漏り調査です(無料調査)

お客様へは、トタン屋根と防水シートの張り替えとケラバ軒出の加工を前提に
①野地板から改修する張替え②野地板を残した張替え
の2種類を提出させて頂きました。

野地板が黒く変色している
『どうせやるのは1回だから室内天井も綺麗にしたい』
との事で①の野地板からの改修工事を受注させて頂きました。

トタン屋根の改修工事は、月内20日~25日の間で調整をしていますでの
施工の状況は改めてご報告させて頂きます (*^_^*)

雨漏り調査や屋根調査は街の屋根やさん水戸店へ

雨漏りは、原因の調査だけではなく雨漏り原因を根絶させる為に
どの様な工事方法が得策かの判断が大切です。

街の屋根やさん水戸店では、お見積もり提出前に必ず徹底した調査を行い
根拠のある雨漏り改善工事の御提案を行っています (^O^)/

『雨漏りに悩んでいる』『屋根の不具合を感じている』等がありましたら
街の屋根やさん水戸店の無料調査をご活用ください。

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦

【街の屋根やさん水戸店 コロナ対策をお約束】

全スタッフの出勤前の検温・マスク着用の徹底・消毒液の携帯
現場調査時のお客様とのソーシャルディスタンスの徹底(2m以上)しています。
また、ご希望があれば不在調査や非対面ツールでのお打合せも対応致しますので
御気軽に【街の屋根やさん水戸店】へご相談下さい。
muryoutenken_column1_jup-columns2
▼▼電話で相談してみる▼▼
0120-270-391
※土日祝日もOK 8:00~19:00※

▼▼メールで相談してみる▼▼
※24時間 365日受付OK※



同じ工事を行った施工事例

施工事例

水戸市で波型スレート屋根の交換と外溝フェンス修繕工事が完了

屋根工事を行う前の水戸市内の破損した波板スレート屋根
新しい波板スレートで交換が完了した水戸市内のボンベ庫の屋根
工事内容
屋根補修工事
倉庫
使用素材
【波型スレート】ノンアスベスト大波スレート・ステンレス製フックボルト【外溝フェンス】リクシルハイブリットフェンス・フェンス台ブロック・砕石等
築年数
25年
建坪
保証
3年
工事費用
火災保険適用工事(全額)
施工事例

結城市で廃盤屋根材であるカラーベストアーバニーへGL重ね葺き

アーバニー屋根材が破損して脱落している結城市の現場屋根
結城市の定尺ガルバリウム屋根材で重ね葺きが完了した結城市の現場屋根
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
火災保険
使用素材
GLカラー(ガルバリウム)T2ワイド220・粘着防水シートタディスセルフ
築年数
25年
建坪
保証
10年
工事費用
112.2万円
施工事例

ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換

四枚のカーポート屋根材が春の嵐により飛散し無くなっている
ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換の交換工事完了
工事内容
屋根補修工事
その他の工事
使用素材
ポリカーボネートパネル3㎜×4(ブルースモーク色) アーチカバー押さえ材交換(1) 棟キャップ交換(1)
築年数
20年
建坪
保証
1年
工事費用
8.9万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

台風で飛散したアスファルトシングル材


こんにちは、街の屋根屋さん水戸店です。今回のお問い合せ内容「前に来た大型台風で屋根材が捲れました。高い所なのでハッキリと確認出来ません。無料点検をお願いしたいと思い、ご連絡しました。」確かに屋根は高所ですので、下からは屋根の...........

台風被害を受けた瓦屋根を調査します

こんにちは、街の屋根やさん水戸店です。今回は台風被害を受けた瓦屋根の修理依頼になります。今回のお問い合せ内容2019年の台風19号で瓦がズレていたようですが、最近まで気づかず他業者さんのご指摘により判明したようです。瓦屋根はパラペットがあり...........

築26年目の屋根リフォームを検討されている日立市の住宅

日立市のお客様より、屋根リフォームのお見積もり依頼があり計測を兼ねて現場調査に行ってまいりました。【日立市の屋根リフォーム見積もり依頼の現場詳細】築年数 : 築26年屋根材 : コロニアル屋根形状 : 複合屋根建坪 : 約35坪

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391