オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

ひたちなか市で二階の和室天井に雨漏りがあり屋根裏も調査


ひたちなか市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。

今回は、ひたちなか市のお客様宅での雨漏りの御相談です。
御相談内容
ひたちなか市在住の母親の家で、二階の和室の天井に雨漏りがあるので
調査をお願いしたい。と県内のご家族様からの御相談です。

緊急性が高いのが雨漏りです!調査可能な最短日にお伺いいたしました。
二階の和室天井に雨漏りした、ひたちなか市の室内天井
雨漏り調査は、雨漏り箇所の確認から行います。

室内のどの位置に雨漏りしているかを確認し、屋根のどの方角か?
どの程度の雨漏りか?一か所か?点在か?等を細かく事前確認をします。
和室天井の窓際方向での雨漏り跡
和室天井の窓際方向での雨漏り
和室天井の天袋側での雨漏り跡
和室天井の天袋側での雨漏り
雨漏りは、二階八畳間の和室天井で広範囲に出ています。

雨漏り箇所は一か所ではなく、窓際方向に点在した雨漏り痕があり
天袋の上にも雨染みが確認できます。

この和室は、寝室として使用されていますので雨天の際の雨漏り音も
気になると思います。早急に雨漏りを解消してあげたいですね。。。

屋根裏天井から調査を開始します。

雨漏り調査を行う為、天袋の天井を開ける
和室天井の雨漏りを確認し、次は天井裏から雨漏り状態を調査します。

基本的な、屋根からの雨漏り調査方法は
①現状の雨漏り箇所を確認 ②天井裏から調査 ③屋根の状態を調査
が一般的な流れで、現場によって散水調査を行う場合もあります。

雨漏り調査の基本は、下から行い上方向に徐々にズレながら行うのが基本です。
そして、その中でも天井裏の調査は肝です!可能な限り天井裏は確認します。

天袋から天井裏を調査するスタッフ
天井裏へは、屋根裏点検口や天袋天井部から入ります

最近の住宅には、屋根裏を点検する為の点検口が取り付けられており
階段ホールやクロ―ゼット内の天井に点検口が設けられています。

今回のひたちなか市の現場は、点検口がありませんでしたが
幸い、和室の天袋天井が開く状態だったので、ここから入って調査ですヽ(^o^)丿
屋根裏天井の様子を確認
天井裏まで入る事ができました

まだ、真っ暗なので何も見えませんね。ライトをつけてみます!
『カチッ!!!』

業務用ライトで天井裏の雨漏りを確認!

天井裏にライトを照射すると、無数の雨漏り跡が確認できる
天井裏には、無数の雨漏り跡があります。

和室の天井に出ている雨染みは、ごく一部が表面に出ているだけで
屋根裏には、数えきれないほどの雨漏り跡がありました。

これが雨漏りの怖い所です。
天井材に雨染みが出た時に、天井裏ではそれ以上の雨漏りが発生しています。
雨漏りの放置は被害を広げます!天井から『ポツポツ』音がする段階で
御気軽に御相談下さい (*^_^*)

屋根に登ります。

ハシゴを掛け、地上から下屋根に登るスタッフ
地上から下屋根に登ります
下屋根に脚立を掛け、上屋根に登るスタッフ
下屋根から二階屋根に登ります
次に、屋根の状態を調査します

屋根形状は、現場現場で一軒一軒違い、地面から屋根に直接ハシゴを
掛けられる現場もありますが、今回のひたちなか市の現場は、下屋根まで
ハシゴで登り、下屋根に脚立を掛けて二階屋根に登りました。

屋根に登る作業は、いかに安全に登れるかを考えるところから始まり、
この判断は、怖い思いした経験があればこその判断です。 (^O^)/

コロニアル屋根に勾配計をあてると五寸勾配を指している
靴が滑った跡が残るコロニアル屋根
屋根は、5寸勾配のスレートコロニアル屋根です。

屋根の表面塗膜は剥がれ、藻や苔が大量に発生しており、屋根面全体が
ザスザスで、通常の作業靴では滑るような状態です。

コロニアルの屋根の寸法を測る二名のスタッフ
急遽、屋根の上で屋根用の靴に履き替えて計測を開始します。

屋根が画像でも白く煤けているのが分かりますが、これはスレートコロニアルに
施されていた塗装膜が剥がれ、着色がとれている証です。

セメントを基材をしているスレートコロニアル材は、塗膜が剥離すると雨水を
吸収してしまうので、耐久性の保つ為にも定期的な屋根塗装が必要な屋根材です。

雨漏りが一番酷かった箇所

一番酷く雨漏りしていた箇所
天井裏から見た雨漏り箇所
雨漏り箇所を屋根上で確認
雨漏り箇所の屋根部
雨漏りが一番酷かった場所はここです。

屋根裏での調査で、雨漏りは広範囲に点在していたので、屋根下地の
防水紙(ルーフィング)に問題があるのは明らかですが、その中でも
最も雨漏りの発生に起因していたのはこの部分です。

三つ又板金と言われるこの部分は、雨漏りが多く発生する箇所ですが、
ひたちなか市の現場は、この部分だけを補修しただけではすみません。

雨漏りしていない屋根面での棟板金飛散

屋根材が複数破損し、軒先の棟板金が飛散している
棟板金が飛散し、屋根材破損も確認
軒先の棟板金が飛散しており、棟木が露出している
下地の、棟木が露出しています
この屋根面は、天井裏調査では比較的雨漏り症状が出ていない屋根面です。

現在、雨漏りは発生していない屋根面ですが、雨漏りに繋がる破損があります。
屋根材の破損も複数あり、屋根の継ぎ目を保護する棟板金も無くなっています。
屋根全体のメンテナンスが必要な状態です。

屋根塗装で雨漏りは直りません

無数に点在する屋根裏の雨漏り跡
屋根のメンテナンスと言えば、真っ先に屋根塗装が浮かびますが・・!?

残念ながら屋根塗装では、屋根からの雨漏りは直りません。
当店は屋根専門店なので、可能ならば屋根塗装の御案内を差し上げますが、
ひたちなか市の現場の調査では、ガルバリウム鋼板でのカバー工法が
最善の選択だと判断します。

雨漏りの状態によってメンテナンス方法は変わります。

目透かし天井材に残る雨染み
雨漏りは、いつ何時?どこから発生するか分かりません!

安易な雨漏り修理は、雨漏りの再発を招いてしまいます。
屋根のメンテナンスは、原因を追究し根拠のある内容でのメンテナンスが必要です。

『屋根裏で変な音がする!?』『雨漏りかもしれない!?』など
ご心配がありましたら、街の屋根やさん水戸店の無料調査を活用して下さい(^O^)/
田村問い合わせフリーダイヤル
雨漏りには早急な対応が必要ですをアピールするタイトルバック
お電話が苦手な方は 簡単メールフォーム

同じ工事を行った施工事例

施工事例

常陸太田市での雨漏り改修工事が完了!入母屋玄関の屋根工事編!

雨漏り改修工事前の入母屋屋根の谷板金周辺
谷板金を交換し葺き直しされた入母屋玄関屋根
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
捨て板金(ガルバリウム製)・谷板金(ガルバリウム製)・谷シーラー・なんばんしっくい
築年数
築40年程
建坪
保証
1年
工事費用
18.7万円
施工事例

結城市の屋根修理は、緊急性の高い破損部である棟板金を交換

交換工事前の結城市の棟の状態
屋根修理が完了した結城市の棟板金
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
平屋
使用素材
ガルバリウムカラー鋼板t=0.35 防腐処理済み貫板
築年数
建坪
保証
1年
工事費用
7.3万円
施工事例

結城市で庇屋根へのポリカ波板施工が完了しました

波板が撤去された状態の庇屋根
クリア色の新しいポリカ波板が施工された結城市の庇
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカ波板6尺×16枚・ワンタッチフック・変成シリコーン
築年数
建坪
保証
1年
工事費用
¥58,740

同じ地域の施工事例

施工事例

ひたちなか市での屋根葺き替えは防災瓦を使用した雨漏り対策

工事前の漏水している屋根
防災瓦での葺き替え工事が完了した屋根
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
スーパートライ110スマート、南蛮漆喰、樹脂製瓦桟、防水シートREBO
築年数
45年
建坪
保証
5年
工事費用
99.8万円
施工事例

ひたちなか市での屋根工事はセキスイかわらUを撤去しカバー工法

解体前の厚型スレート
屋根工事が終わったひたちなか市の屋根
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
月星タフルーフT2ワイド220、粘着式防水シート、金属屋根ビス(ダンパ)、野縁(垂木)
築年数
築35年
建坪
保証
10年
工事費用
146万円
施工事例

ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換

四枚のカーポート屋根材が春の嵐により飛散し無くなっている
ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換の交換工事完了
工事内容
屋根補修工事
その他の工事
使用素材
ポリカーボネートパネル3㎜×4(ブルースモーク色) アーチカバー押さえ材交換(1) 棟キャップ交換(1)
築年数
20年
建坪
保証
1年
工事費用
8.9万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の破損部に養生されているのが目視で確認できる

ひたちなか市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回は、ひたちなか市内のお客様からの御依頼案件を御報告します。築19年目なのですが、メンテナンス会社さんが屋根を点検し、10㎝程のヒビ割れがあると指摘され、画像も見せて頂きました。街の...........

常陸太田市の現場の瓦屋根でラバ―ロックを解説

常陸太田市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。本日は、常陸太田市で着手した瓦屋根工事の様子をお伝えしますが、既存の瓦屋根に施されていたラバ―ロックの撤去に思わぬ苦戦をしいられました。瓦屋根住宅で、ラバ―ロックを施されているお客様は、...........

下屋根の上に載るベランダの解体に入る作業員

ひたちなか市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回はひたちなか市で着手した、瓦屋根の葺き直し工事現場の様子です。2月の地震後、瓦が地震で揺られ下地の防水シートに傷ついた事が起因と思われる雨漏り相談が多く、今現場も、地震で更に雨漏り...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391