オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

ひたちなか市で瓦屋根の葺き直し見積もり依頼


ひたちなか市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。

今回は、ひたちなか市のお客様から頂いた、瓦屋根の葺き直し見積り依頼です。
御相談内容
先日の地震と雨の影響で廊下部の天井に雨漏りが発生してしまいました。
天井裏を自分で確認したら、防水シートに亀裂が入っていたので瓦屋根の
葺き直しの見積りをお願いしたい。
とのご相談内容です。

瓦屋根の葺き直しとは(他現場の画像挿入)

先ずはタイトルにもある【瓦屋根の葺き直し】について解説しておきます。

葺き直し(ふきなおし)は、瓦屋根にのみ行う事ができる屋根工事法です。
瓦屋根材は長く使用できる屋根材ですが、屋根の下地材であるルーフィングは
そこまでの耐用年数がありません。

そこで、瓦屋根を一度撤去し、屋根下地であるルーフィングや野地板を調整し、
再度、今まで使用していた瓦を戻す工事法が瓦の葺き直し工事です。
これから解体する瓦桟
葺き直しの為ルーフィングを敷き込み瓦桟を施工する職人
これは、他現場で行った瓦屋の葺き直し工事です。

葺き直しは、屋根材を新しくする葺き替え(ふきかえ)と異なり、屋根材は
今までの瓦材なので、新しくなるのは普段は目にしない屋根下地のみです。

防水性能など機能性の回復だけが目的であれば、屋根工事費用も抑える事も
出来るので、メリットがあるのだと思います ヽ(^o^)丿

ひたちなか市の現場調査を開始します。

地震後の雨天時から天井から雨漏りが始まった
先月の地震と雨以降、特に瓦屋根での雨漏り相談が多くなりました。

地震で瓦が揺れ、その兼ね合いで下地のルーフィングに傷がつき、
雨漏りの原因となっている事が多いのが、昨今の雨漏り相談例です。

屋根材の下に雨水が浸水した場合に、雨水を防御してくれるルーフィングですが、
耐用年数は10年から20年です。経年している家屋は気を付けなければなりません。

屋根裏の状態を確認します

屋根裏を確認すると、ビニールが敷かれて応急処置されている
屋根裏にスチロールを置き、急場を凌いでいた
屋根裏にビニールを敷き、スチロール箱で急場を凌がれていました。

地震後の雨で雨漏りが始まり、急場を凌ぐためにご主人様が屋根裏天井に上がり、
雨漏り箇所にビニールを敷き込み、応急処置を施してありました。(凄い!)

スチロール箱に、だいぶ雨水が溜まっています!
この量の雨漏りが天井に落ちた事を考えると・・大変な事になっていたでしょう。

ルーフィングが傷つき、野地板も沈み込んでいる
ルーフィングが傷つき、野地板も沈んでしまっています。

この画像部が、ご主人様が発見されたルーフィングの破損部です。
普段は防水シートの上に瓦が施工されいるので、通常は目に触れない部分です。

表面上の確認で、屋根材に不具合がないのに雨漏りが発生している場合は、
その殆どでルーフィング破損が起こっています。
経年している屋根は、一度、屋根業者に点検依頼する事をお勧め致します。

瓦の葺き直し範囲を決める為、屋根に登って確認します。

瓦屋根の雨漏りしている箇所を斜線で示す
瓦屋根に登り、雨漏り箇所を屋根上で確認します。

雨漏りしているのは、後付けベランダの下に位置していました。
基本的に屋根は、ベランダを載せる事を前提に作られておらず、後付けベランダの
脚部付近からの雨漏りは非常に多いのも現実ですので、屋根に物を載せる際には、
今一度リスクを伴う事になる事を、ご覧の皆様は覚えておいてくださいね(*^_^*)

お客様担当スタッフが、ベランダ下に潜り込み瓦屋根の状態を確認します。

瓦を捲ると、ビニールで応急処置されていた
葺き止めから四枚下の瓦を捲る
雨漏り対象箇所の瓦を捲ってみます。

瓦を捲ると、この部分にもビニールで応急処置されていました。
この応急処置も、ひたちなか市のご主人様が施されたとの事ですが、とても
屋根の構造をわかっていらっしゃるご主人様で、当店の新人さんよりも詳しい(笑)

今までは、ご主人様が手を入れて補修してきたそうですが、そろそろプロに
手を入れてもらった方が良いとの判断で、今回当店に御相談されたとの事です。

御提案する瓦屋根の葺き直し箇所

今回ご提案する、瓦屋根の葺き直し箇所
ひたちなか市での調査結果

調査の結果、1階屋根部の葺き直し工事で見積書を作成させて頂きます。
ベランダ下の瓦屋根部であり、2階の外壁との緩衝部に葺き止めもある屋根なので、
しっかりした雨仕舞対策が必要になる葺き直し工事になります。

まとめ

瓦の種類を確認し、スケールでサイズも計測
瓦屋根の葺き直し工事は、諸条件が揃えば可能な屋根工事法です。

瓦屋根の葺き直し工事は、屋根の下地を修繕し、今まで使用していた瓦を
再利用する屋根工事法ですので、現在の瓦屋根材が使用できるか否か?
在庫状況や現存状況によっても可否の判断が異なります。

『瓦屋根の葺き直しが可能か否か?』『我が家の適切な屋根工事法は?』等々、
屋根に関する御相談は、御気軽に街の屋根やさん水戸店へご相談下さい。
屋根の不具合や雨漏りでお悩みなら、街の屋根やさん水戸店へ
街の屋根やさん水戸店の新型コロナウィルス対策

同じ工事を行った施工事例

施工事例

常陸太田市で雨漏りによる瓦の葺き直しと銅板谷板金の交換

土瓦の降り棟 工事前
なんばん漆喰で形成された降り棟
工事内容
屋根葺き直し
棟瓦取り直し
その他の工事
使用素材
谷板金(ガルバリウム鋼板製)、なんばん漆喰、改質アスファルトルーフィング、谷シーラー
築年数
120年
建坪
保証
1年
工事費用
47.9万円
施工事例

水戸市での台風による室内雨漏り被害は瓦屋根の葺き直しにて対応

これから解体する瓦桟
葺き直しの為ルーフィングを敷き込み瓦桟を施工する職人
工事内容
屋根葺き直し
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
【葺き直し】改質アスファルトルーフイング・新規瓦桟・変性シリコン【室内】天井材ジプトーン・床下地ラワン合板12㎜・CF(クッションフロア)
築年数
築42~43年
建坪
保証
3年
工事費用
45.8万円
施工事例

笠間市での棟瓦の葺き直しは強力なんばん漆喰仕様で土台を強化

笠間市で化粧棟から木?隅棟から草?棟や桟瓦にラバーロックしてあります
主棟を温存した化粧棟と隅棟の葺き直しが完成
工事内容
屋根葺き直し
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
使用素材
強力なんばん漆喰・水シャット・緊結銅線
築年数
築40年
建坪
保証
3年
工事費用
約92万円

同じ地域の施工事例

施工事例

ひたちなか市での屋根葺き替えは防災瓦を使用した雨漏り対策

工事前の漏水している屋根
防災瓦での葺き替え工事が完了した屋根
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
スーパートライ110スマート、南蛮漆喰、樹脂製瓦桟、防水シートREBO
築年数
45年
建坪
保証
5年
工事費用
99.8万円
施工事例

ひたちなか市での屋根工事はセキスイかわらUを撤去しカバー工法

解体前の厚型スレート
屋根工事が終わったひたちなか市の屋根
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
月星タフルーフT2ワイド220、粘着式防水シート、金属屋根ビス(ダンパ)、野縁(垂木)
築年数
築35年
建坪
保証
10年
工事費用
146万円
施工事例

ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換

四枚のカーポート屋根材が春の嵐により飛散し無くなっている
ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換の交換工事完了
工事内容
屋根補修工事
その他の工事
使用素材
ポリカーボネートパネル3㎜×4(ブルースモーク色) アーチカバー押さえ材交換(1) 棟キャップ交換(1)
築年数
20年
建坪
保証
1年
工事費用
8.9万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

水戸市で塗装不可のニチハ製パミールを調査

水戸市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回のブログは、水戸市内で調査をした『ニチハ製パミール』屋根材の記事です。当該屋根材は、一時期問題になった屋根塗装不可の屋根材です。ニチハ製パミールは、1996年から2008年まで販売されて...........

常陸太田市の現場の瓦屋根でラバ―ロックを解説

常陸太田市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。本日は、常陸太田市で着手した瓦屋根工事の様子をお伝えしますが、既存の瓦屋根に施されていたラバ―ロックの撤去に思わぬ苦戦をしいられました。瓦屋根住宅で、ラバ―ロックを施されているお客様は、...........

下屋根の上に載るベランダの解体に入る作業員

ひたちなか市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回はひたちなか市で着手した、瓦屋根の葺き直し工事現場の様子です。2月の地震後、瓦が地震で揺られ下地の防水シートに傷ついた事が起因と思われる雨漏り相談が多く、今現場も、地震で更に雨漏り...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391