オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

ひたちなか市で、ひび割れた洋風瓦屋根は廃盤FUJIX瓦でした


ひたちなか市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。

今回は、ひたちなか市内のお客様からの御依頼案件を御報告します。
築19年目なのですが、メンテナンス会社さんが屋根を点検し、10㎝程のヒビ割れが
あると指摘され、画像も見せて頂きました。街の屋根やさんで、しっかりと
見てもらえませんか?との御依頼です。

★現場調査の結果、水戸市のセメント瓦は廃盤瓦であるFUJIXと判明しました★
似たような形状瓦を使用されているお客様は、参考にしてみて下さい(^O^)/

屋根の破損部に養生されているのが目視で確認できる
御連絡を頂いた翌週にお客様の都合に合わせ、調査にお伺いしました。

先ずは、外観から屋根の状況を確認してみますが、屋根には養生が施されています。
お客様にお話を伺うと、屋根材にヒビが入っており、メンテナンス会社さんが
屋根材を撤去し、部分的に養生を施していったとの事です。

外観からは、セメント瓦系である事は判断がつきますが、セメント瓦は既に廃盤の
物が多く、見分けがつきづらい屋根材なので、建築仕様書を確認させて頂きました。
※屋根材の特定は、適切なメンテナンス方法を提案する為に必要です※

建築時の仕様書確認で屋根材の特定を試みる

仕様書に記載されていた屋根は、セメント洋風葺きを記載がある
建築仕様書には『セメント洋瓦葺』との記載

仕様書には、どのメーカーさんの、どの種類の屋根材かの記載がなく、少しザックリ
した書き方がされていました!なるほど~・・・(^_^;)

仕様書では確認できなかったため、次は実際に屋根に登って確認します。
19年前の建築なので、セメント瓦屋根材は恐らく全数釘打ちではないはずです。
既存のセメント瓦を捲る事ができれば、商品は確認できるはずなので、状態確認も
併せて、屋根材も特定させていきます。

セメント瓦が、ひび割れていると言う場所を確認してみます

ひたちなか市のセメント洋風瓦を調査
屋根に登り、セメント瓦を調査します
屋根の破損部にビニール養生が行われている
ひび割れ部には養生されています
この部分が、メンテナンス会社さんに指摘された場所です。

雨漏りのリスクがあったのでしょうか?
この部分だけ養生ビニールで簡易的に養生されいたので、確認の為に外します。

破損している洋風セメント瓦を下地のルーフィングの状態
ビニール養生を撤去してみると、屋根材の破損が確認できます。

セメント瓦は完全に割れた状態で、屋根下地のルーフィング(防水シート)が
露出しています。何かが起因となりルーフィングが傷ついてしまえば、たちまち
雨漏りに繋がっていまう状態です。

他の部分の確認を行い、FUJIX瓦である事も判明しました

瓦ズレやひび割れが発生している水戸市のFUJIX屋根材
瓦ズレやひび割れが多数発生
水戸市の現場の洋風瓦には、FUJIXの刻印がある
FUJIX瓦である事が判明
ひたちなか市の現場屋根材は、既に廃盤であるFUJIX屋根材と判明しました。

FUJIX瓦は、既に廃盤になっているセメント瓦で、メンテナンス方法は屋根塗装での
メンテナンスですが、築19年のFUJIX瓦は、あまり状態が良くありません。

19年目のFUJIX瓦の状態

FUJIX瓦のひび割れ状況
FUJIX瓦のひび割れ
無数のひび割れが発生している、水戸市内のFUJIX瓦
無数のひび割れが確認できます
ひび割れは、屋根面全体で発生していました

養生が施されていたFUJIX瓦の破損部の他にも、ひび割れは屋根面全体で
細かく発生してします。
このひび割れは、表面塗装膜のひび割れだけでなく、基材のひび割れもあります。
安易に、屋根塗装を提案できる状態ではないと判断できます。

釘止めされていない瓦は、瓦ズレが起きている
FUJIX瓦が、方々でズレています
重なりが外れているFUJIX瓦
重なりが外れています
また、屋根面全体で、瓦のズレも確認できます。

元々、大きな地震に耐えうる施工法が用いられていない事がうかがえ知れますが、
茨城県は今年も震度4を超える地震が数回発生しています。

地震の度に瓦ズレが進行すれば、最悪瓦が落下してしまい二次被害にも繋がります。
この様な症状は、屋根上でしか確認ができません。
※ご覧の皆様も、大きめの地震後は屋根の点検を受けると安心できると思います※

部分的に葺き替えられていた、水戸市の洋風瓦屋根
種類の異なるケラバ瓦を使っているため、納まりが悪い
こちらのひたちなか市の現場屋根は、東日本大震災の際に屋根が一部破損し、
部分的に葺き替え工事を行っていました。

震災後、FUJIX瓦が手に入らなかったのか、似た形状瓦で葺き替えられていますが
ケラバ瓦部はとても納まりが悪く、浮いてしまっていました。
この様な状態では、雨漏りリスクを伴う事になります。屋根業者としては心配です。

お客様に症状をお伝えしました。

FUJIX瓦の下に水が入り、瓦の隙間から水が出ている状態
屋根メンテナンス方法は、最終的にはお客様の生活設計による判断です。

一通り屋根の状態を確認しましたが、当店からのお勧めは屋根材を全数固定した

屋根塗装を行う事で表面上の外見は綺麗にはなりますが、屋根で一番重要
なのは機能性です。また、FUJIX瓦は廃盤瓦材で差替えも効きません。

最終的にはお客様の判断ですが、雨漏り対策や昨今の地震発生頻度を鑑みれば、
屋根葺き替え工事が適切だと思います。当店で早速お見積もり書を作成します。

まとめ

街の屋根やさん水戸店は、屋根の状態に合ったご提案を致します。

屋根材には様々な特徴があり、既に製造中止になっている物も多々あります。

既存屋根の状態によっても屋根工事方法は異なり、現場の風当たりや
日照条件等によって、選択する材料や施工方法も変化するのが屋根工事です。

屋根工事は、屋根のプロに任せるのが一番です。
屋根工事をご検討の際には、当店の無料点検を上手に活用して下さいねヽ(^o^)丿
私達にお任せ下さい。フリーダイヤル
街の屋根やさん水戸店のコロナ対策、スタッフ3人画像

同じ工事を行った施工事例

施工事例

結城市でトタンが強風で飛散し、雨漏り被害に繋がる前に応急処置

S__20815883
S__4210717
工事内容
屋根補修工事
使用素材
波トタン(青)、半貫板、傘ビス
築年数
45年
建坪
保証
1年
工事費用
57,200円(材料費+作業費)
施工事例

結城市で庇屋根へのポリカ波板施工が完了しました

波板が撤去された状態の庇屋根
クリア色の新しいポリカ波板が施工された結城市の庇
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカ波板6尺×16枚・ワンタッチフック・変成シリコーン
築年数
建坪
保証
1年
工事費用
¥58,740
施工事例

常陸太田市での雨漏り改修工事が完了!入母屋玄関の屋根工事編!

雨漏り改修工事前の入母屋屋根の谷板金周辺
谷板金を交換し葺き直しされた入母屋玄関屋根
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
捨て板金(ガルバリウム製)・谷板金(ガルバリウム製)・谷シーラー・なんばんしっくい
築年数
築40年程
建坪
保証
1年
工事費用
18.7万円

同じ地域の施工事例

施工事例

ひたちなか市で瓦屋根の葺き直し工事を行い雨漏りを解消

葺き直し工事を行う前の、ひたちなか市の屋根下地
新しく屋根下地を形成した、ひたちなか市の現場
工事内容
屋根葺き直し
雨漏り修理
使用素材
高分子防水紙REVO2・樹脂製瓦桟エコランバー・なんばん漆喰・採寸ガルバリウム製葺き止め板金・スズメ止め
築年数
35年
建坪
保証
3年
工事費用
354,200円
施工事例

ひたちなか市での屋根工事はセキスイかわらUを撤去しカバー工法

解体前の厚型スレート
屋根工事が終わったひたちなか市の屋根
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
月星タフルーフT2ワイド220、粘着式防水シート、金属屋根ビス(ダンパ)、野縁(垂木)
築年数
築35年
建坪
保証
10年
工事費用
146万円
施工事例

ひたちなか市での屋根葺き替えは防災瓦を使用した雨漏り対策

工事前の漏水している屋根
防災瓦での葺き替え工事が完了した屋根
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
スーパートライ110スマート、南蛮漆喰、樹脂製瓦桟、防水シートREBO
築年数
45年
建坪
保証
5年
工事費用
99.8万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根工事は早めの準備が吉です

皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回のブログは『水戸市での屋根工事は早めの準備が吉です』と題して書いていきたいと思います。※水戸市内のお客様に限らず、茨城県内の方も参考にして下さい※気象庁の長期予想では、関東甲信越地方の梅雨は平年...........

常陸太田市の現場の瓦屋根でラバ―ロックを解説

常陸太田市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。本日は、常陸太田市で着手した瓦屋根工事の様子をお伝えしますが、既存の瓦屋根に施されていたラバ―ロックの撤去に思わぬ苦戦をしいられました。瓦屋根住宅で、ラバ―ロックを施されているお客様は、...........

下屋根の上に載るベランダの解体に入る作業員

ひたちなか市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回はひたちなか市で着手した、瓦屋根の葺き直し工事現場の様子です。2月の地震後、瓦が地震で揺られ下地の防水シートに傷ついた事が起因と思われる雨漏り相談が多く、今現場も、地震で更に雨漏り...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391