オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

古河市で台風被害のカーポート屋根をポリカーボネート平板に交換


工事のきっかけ

カーポートの屋根が台風の時に破損してしまい、一部を補修しましたが、また壊れてしまったので、ネットで検索し街の屋根やさんに相談しました。
直ぐに現場調査に来てくれて、格子状の4枚の破損だと思っていた私に一枚物の2枚の交換である事をわかり易く説明してくれました。
また、チラシに載っているカーポート本体の料金は別途の施工費と小さく記載がある事も見つけて下さり、今あるカーポート本体からの交換は解体や処分費も必要だと言う事も親切に教えてくれました。
パネル2枚の交換でしたが、見積もり内容もしっかり説明してくれたので安心してお任せしました。

古河市 屋根補修工事,台風

ビフォーアフター

before
破損していた古河市のカーポート屋根のパネル
horizontal
after
古河市で新しく交換した二枚のポリカ平板クリアー色

工事基本情報

施工内容
屋根補修工事,台風
施工期間
1日(2人工)
使用材料
ポリカーボネート平板パネル(770㎜×2365㎜)両面耐候(クリア色)
施工内容その他
築年数
25年
保証年数
1年
工事費用
4.3万円(諸経費・廃材処分費等含む)
建坪
ハウスメーカー
茨城県の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。
本日は、昨年の台風で破損したカーポート屋根の修理の様子をお伝えします。
今年も訪れるであろう台風はこれからです。
パネル割れやヒビが入ったままのカーポート屋根は台風時の飛散にも繋がり、近隣家屋に被害を広げる可能性もあるので、ポリカーボネート製平板を使用ししっかりと施工していきます。

現場調査時の破損したカーポート平板パネルの様子

台風時に破損し折れ曲がった状態の古河市のカーポートパネル
アルミ枠の格子状の一角が破損したカーポート屋根
古河市の現場のカーポート屋根は6枚のカーポート平板パネルで構成され、駐車スペース奥の2枚のパネルが破損していました。
破損から時間が経過している事もあり、平板パネルが熱変形を起こしたような状態になっており、黒ずんだ部分は手で少し折り曲げるだけで割れる状態でした。

平板パネル交換は、一枚物での交換が必要です。

カーポートの格子状アルミ枠は一枚物の平板パネルが付けられていると説明
カーポートやテラス屋根で使用される平板パネルは、格子状のアルミ枠などに設置されている為、格子状の一角の交換と思われがちですが、画像のようにパネルは長尺の一枚物で施工されているので平板パネルは長尺一枚物での交換が必要です。
古河市のお客様もパネルの一部を器用に加工され補修されていましたが、押さえ材での固定力が弱まり、再度、破損や飛散の原因となってしまいます。
部分補修は良く見かけるDIY補修ですが、平板パネル交換は一枚物での交換となりますので、皆様もご留意ください。

今回使用するポリカーボネート平板パネルのサイズ

段ボールに掛かれた770㎜×2365㎜と言うパネルのサイズ
カッターで包装を開口している職人
今回使用するポリカーボネート平板パネルです。
現場調査時に計測した、幅770㎜長さ2365㎜の寸法にカットした物です。
カーポートやテラスのアルミ支柱などに記載されたメーカー名や品番シール等で寸法が判明すれば良いのですが、経年で薄く消えている場合も多い為、私達は必ず原寸を計測するようにしています。(原寸確認が一番間違いありません)
※ポリカーボネート平板は、長さが2500㎜以上になると簡単には手に入らず、3000㎜以上は更に入手困難になりますので、街の屋根やさんにご相談下さい。

平板パネルを止めている押さえ材を外します。

平板パネルの押さえ材をインパクトドライバーで外している職人の手元
古河市で一番端のカーポートパネル押さえ材を外す職人
先ずは、平板パネルを固定している押さえ材ビスを外し、押さえ材を外します。
長梅雨で順延していた屋根工事現場が梅雨明けし、茨城県内で一斉に屋根工事をスタートさせた為、今回の古河市の現場は屋根職人を入れず、お客様対応の合間に時間を作って店長と私の二名で施工を行いました。
カーポートパネル交換などで使用する長尺パネルは扱いづらいので必ず最低二名で行い、パネルに傷つかないように配慮します。

平板パネルを撤去

古河市で破損したカーポートパネルを持ち上げる職人
端から二枚目の既存のカーポートパネルを外す
交換の為に撤去し庭先に置いた古河市のカーポートパネル
押さえ材を外しきり、破損した平板パネルを一枚一枚撤去しました。
以前は、アクリル製の平板パネルが多く使用されたカーポートですが、アクリル平板は紫外線に弱い難点があり最近はあまり採用されなくなりました。
今回は、一般のアクリル平板と比べ耐衝撃性が20倍強く熱にも強いポリカーボネート平板へ交換しますので、耐衝撃性や耐熱性が強化された屋根に変わります。

アルミカーポートのフレーム溝を清掃

カーポートのアルミフレームの中に溜まるゴミや枝葉
カーポートアルミ枠に入るゴミをほうきでではく
アルミフレームの溝には、ゴミや枯れ枝等が入ってしまっていますので、フレーム溝内を清掃します。
脚立に乗り、カーポートアルミ枠の清掃を行う職人
カーポートアルミ枠を濡れた雑巾で拭く
この様な溝の清掃はパネルの交換時でなければ中々できません。
新しいパネルの設置に不具合が出そうな溝の状態では設置不良にも繋がりますので、このように清掃を行うのが当社の規定となっています。
before1
カーポートのアルミフレームの中に溜まるゴミや枝葉
horizontal
after1
清掃し綺麗になった古河市のカーポートアルミ枠
業者さんによって作業の有無はありますが、溝清掃は約15分の作業です。
少しの手間でこんなに綺麗になるのなら行った方が良いですね。私達も、とても気持ちよく作業ができます。
※ここまでの作業で、作業開始から約1時間です。

ポリカーボネート平板の取付け

傷つき防止用フィルムが貼られた状態のパネルを運ぶスタッフ
端から二枚目の場所にポリカーボネートパネルを仮置き
今回、古河市のお客様が選択されたポリカーボネート平板の色はクリア色です。
先ずはカーポートアルミ枠に保護フィルムが貼られた状態で仮載せします。
※地上で保護フィルムを剥がした方がフィルムは剥がしやすいのですが、屋根に平板パネルをスライドさせた際に傷がついてしまいます。
平板パネルは直ぐに傷が入りますので保護フィルムは出来る限り最後に剥がします。
ポリカーボネート平板の保護フィルムを五センチ程度剥がす
押さえ材を止める為アルミの枠のある部分を歩くスタッフ
保護フィルムを押さえ材で巻き込まないように、押さえ材を取り付ける前に5㎝ほどフィルムを剥がし、片方の押さえ材をビスで固定してしまいます。
この5㎝のフィルム剥がしを行っていないと、押さえ材の下にフィルムを巻き込んでしまい、綺麗に仕上がりません。押さえ材からフィルムの破片が残ってしまっているカーポートを見かける事がありますが、見た目も良くありませんね。

押さえ材パッキンの激しい劣化

カーポートパネルの押さえ材パッキンが激しく劣化破損している
手元に持ちカーポートパネルの押さえ材パッキン劣化を確認するスタッフ
カーポートパネルの押さえ材パッキンが劣化破損しており、このまま取り付けても雨漏りが発生してしまいます。
このパッキン劣化はカーポートパネル交換時に良く出くわす症状ですが、今回はいつも以上に破損が酷く起こっていました。

コーキング処理にて対応します。

何もしていないのに勝手に出てきてしまうコーキング
破損パッキン部には専用のコーキング材を打ち、コテでならしながら破損したパッキン部の補修を取り付けと同時に行います。
車内の暑さで中が膨張しているのでしょうか。コーキングガンを握ってもいないのに、勝手に次々とコーキングが出てきてしまいます。
段ボールで養生し、タオルを準備していたので大事にはなりませんが、作業がとてもしにくく思いのほか苦労する作業となりました。

保護フィルムを剥がします。

両端を仮留めしポリカーボネートのフィルムを剥がす職人
傷つき防止用保護フィルムを剥がし終えた状態
平板パネルの両脇を押さえ材で留め、パネルズレの無い事が確認出来たら保護フィルムを丁寧に剥がしていきます。

仕上げ作業

カーポートパネルの押さえ材ビスを増し締めする職人
ポリカ―ボネート平板を仕上げで拭きあげる職人
最後に、全体のビスを増し締めにて締め込みを行い、両面のポリカーボネート平板を入念に拭きあげれば完成です。
完成まで、作業時間3時間です。

古河市で台風破損したカーポートパネルの交換が完成です。

視界が鮮明なクリアー色のカーポート屋根
クリアー色(透明色)なので、視界もとても鮮明ですね。
当日ご不在にお客様より、翌朝にご連絡いただき『透明で綺麗すぎて、貼ってないのかと錯覚したぐらいよ~。』とのお言葉^^
ご連絡いただいた際に破損したパッキンのご説明と対処方法もお話させて頂き、何か不具合があればすぐに対応する旨もお話させて頂きました。
アフターサービス対応もお任せくださいませ。

【工事完了後】

クリアー色のポリカーボネート平板から見える太陽
今回の古河市のカーポートパネル交換にかかわらず、屋根工事は人的作業のため見積書だけでは計れない要素が多々あります。

また、施工金額や出来栄えもさる事ながら、まさかの時に対処をしっかりと行ってくれるか否かや、将来的なアフターサービスも考慮した業者選択が必要ですね。

屋根工事の事なら、街の屋根やさんにご相談下さい。
大小の工事に関わらず、お客様の為の施工をさせて頂きます。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

ひたちなか市でパミール屋根をガルバリウムカバー工法し不安解消

0000-2
S__79052804-2
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
棟板金交換
使用素材
防水シート:タディスセルフカバー、屋根材:ガルバリウム鋼板T₂ワイド220
築年数
20年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
117.7万円
施工事例

日立市での老朽化した瓦棒屋根をMSタフビーム333で葺き替え

屋根葺き替え前の劣化が進んだ瓦棒屋根
MSタフビームで屋根葺き替え工事が完了した画像
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
月星カラーGL鋼板MSタフビーム333、針葉樹合板、改質アスファルトルーフィング
築年数
40年
建坪
25坪
保証
10年
工事費用
67.1万円
施工事例

結城市で廃盤屋根材であるカラーベストアーバニーへGL重ね葺き

アーバニー屋根材が破損して脱落している結城市の現場屋根
結城市の定尺ガルバリウム屋根材で重ね葺きが完了した結城市の現場屋根
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
火災保険
使用素材
GLカラー(ガルバリウム)T2ワイド220・粘着防水シートタディスセルフ
築年数
25年
建坪
保証
10年
工事費用
112.2万円

同じ地域の施工事例

施工事例

古河市で火災保険適用にて瓦屋根漆喰詰め直し工事と雨樋交換工事

H様漆喰ビフォー
H様漆喰アフター
工事内容
漆喰詰め直し
雨樋交換
火災保険
使用素材
漆喰・アイアン丸105(Panasonic製)
築年数
35年
建坪
25坪
保証
1年
工事費用
火災保険適応金額内
施工事例

古河市で雨樋変形による漏れ発生!内吊り金具で強化し美観もup

既存軒樋画像
PC50完成 すっきり
工事内容
雨樋交換
足場
使用素材
軒樋:PanasonicシルビスケアPC50  金具:内吊り金具
築年数
建坪
雨樋交換45m
保証
1年
工事費用
施工事例

古河市で雨樋破損での火災保険申請認定案件 交換工事の様子です

施工前の雨樋
施工完了した軒樋
工事内容
雨樋交換
足場
火災保険
使用素材
Panasonicアイアン105
築年数
25年
建坪
保証
1年
工事費用
火災保険認定金にて施工(お問い合わせ下さい)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

小美玉市のパラペット屋根の店舗様解体現場調査

こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。小美玉市のお客様より公共下水の整備に伴い、家屋の一部解体を希望するとの事です。お近くの店舗様に当社のリーフレットを置いて頂いて、その店舗様よりお話をして頂いて今回のお問い合わせをいただきました。元々は店...........

水戸市のスレート屋根は全体にに水が浸透して中からダメージを受けている

こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回の水戸市でのお問い合せは『近所で工事していると言う建設業者さんに、2階の棟板金が浮いていると指摘されたのですが、自分では見られないので調査して下さい。』お伺いしてみると、近所で工事していると言った飛...........

飛び込み業者さんでラバーロック工事をご提案された水戸市のお客様宅

こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。先日、お問い合せを頂きました水戸市のお客様宅に現場調査でお伺いしました。飛び込み業者さんで屋根の不具合を指摘され、高額な工事(ラバーロック工事)を契約してしまったそうで、適正価格か判断をして下さいとの事...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391