オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

水戸市での防水工事が完了しました


工事のきっかけ

台風19号の時に、リビングと和室の天井に雨漏りするようになってしまい、インターネットで探してホームページの印象が良かったので、思い切ってメールで相談してみたのがきっかけです。

水戸市 雨樋交換,雨漏り修理,防水工事,その他の工事 天井クロス貼り工事

ビフォーアフター

before
FRP防水前のコンクリート床のベランダ
horizontal
after
トップコート施工も完了したベランダの右側

工事基本情報

施工内容
雨樋交換,雨漏り修理,防水工事,その他の工事
施工期間
5日間(13人工)
使用材料
施工内容その他
天井クロス貼り工事
築年数
28年
保証年数
5年
工事費用
66万円
建坪
ハウスメーカー
茨城県水戸市のS様邸で2階のベランダの防水性能が失われ床下地まで
雨水が浸水していました。

ベランダの真下に位置する室内の天井にまで雨漏り染みが出ていたので
ベランダを防水工事後、室内天井を壁紙クロス貼りで仕上げます。

水戸市の防水工事現場の工事内容

防水工事を依頼を受けて水戸市内の現場のベランダを調査するスタッフ
水戸市の防水工事現場 / 工事内容詳細

①ベランダFRP防水工事(床下地から補修した防水工事を行います)
②リビング天井雨漏り染み部分を壁紙クロス工事
③和室の目透かし天井材への壁紙クロス工事
④雨樋交換工事です(シビルスケアPC50)

▼▼▼水戸市の同現場 / 過去ブログはこちら▼▼▼ 

ベランダ床部の下地から改修する為の解体作業からです・

施工前のコンクリートベランダとエアコン室外機
エアコンの室外機を施工場所から回避
それでは、防水工事を始めていきます。

先ずはベランダに設置されているエアコンの室外機を、
ガス漏れを起こさないように2人の作業員がゆっくり動かします。
室外機は乱暴に扱うとガス漏れを起こす事があり故障の原因にもなりますので、
銅管を傷めないようにゆっくり動かし、仮床を作りしっかりロープで縛ります。

※室外機の移動が困難な場合は専門の業者さんを呼ぶ場合もありますが、
当社では別途の費用が掛かる場合は必ずお客様に事前にお伝えいたしますので
ご安心くださいませ。

下地からの補修が必要な為、ベランダの床を解体します。

電動ハツリハンマーでベランダの解体を開始
バールと手持ちハンマーでベランダを少しずつ壊す
電動ハツリハンマーで徐々に壊し、バールと手持ちハンマーで叩きながら
徐々に壊していきます。
一気に壊さず徐々に解体作業を行うのは、生きている床下地を傷つけないよう
する為の配慮で、お客様に必要以上の負担を掛けない為でもあります。



コンクリートの表面を壊すと既存の防水層が見えてきた
防水層の下の床木材が腐食している
ベランダの防水層の下地である
木の床下地が腐食しています。

根太垂木(ねだたるき)部分にも
浸水していましたので、表面だけの
防水工事では持たない状態です。
防水工事は、下地の破損具合を判断しての工事が必要となります。

中途半端な防水工事は再発を招くことになりますので、下地の状態まで
しっかり調査してくれる会社に依頼するようにしましょう (^O^)/
※排水溝の詰りによるオーバーフローも下地破損の1つの起因の様です※

床下地の骨組み部分からの補修工事を行います。

ベランダの東南の角の木下地が酷く腐っている
新規根太垂木を施工したベランダの左側
ベランダ右側面の、施工前(左画像)施工後(右画像)です。

手すり側の太めの木材を使用し排水パイプをしっかり固定していきます。
先々、もし万が一のオーバーフロー時にも浸水を広げず被害を最小限に
する為の工夫を施しておきます。

ベランダの木下地が完全に腐食している
ベランダの下地である根太垂木を新規施工
骨組みである、根太垂木は腐食が進行していたので新しく交換し
使用できる部分は残しながら補強材を抱かせ補強しました。

使用できるものは使用する事で、下地から行う防水工事も費用負担を
軽減する事ができます ヽ(^o^)丿

ベランダの左側の床板を施工
ベランダの右側の床板を新規施工
合板床板を貼り、これで骨組みからの下地部分は完成です。
防水床の下地もバッチリ強化されましたので、これで心置きなく
防水層を作る事が出来ます。

ベランダの防水工事に入ります。

新規施工したベランダ床板にプライマーを塗布
立ち上がり部分にガラスマットを敷き込み
今回の水戸市の防水工事は『FRP防水』を施します。
FRP防水は、家屋のベランダ防水では最強と言われる防水工事です。

先ず床下地材である木材と1層目の防水層である樹脂塗料を密着させる為に
下塗り材であるプライマーを塗布します。
そこに立ち上がり部分に設置しているガラス繊維のマットを敷き
その上から樹脂塗装を施し防水性を向上させ密着性を高めます。


ガラスマットの2層目を敷き込み
更に、2枚目のガラスマットを
敷き込み、再度樹脂塗装を施す
『2PLY』を行いました。

ガラスマット+樹脂塗装を2度行う事
により、防水層も強度を増します。

トップコートを塗布する職人

トップコートを塗布

樹脂塗装乾燥後、表面に施す『トップコート』の塗布です。
立ち上がりの隅部分から、丁寧に塗布します。

◮防水層のトップコートは5年を目安に再塗装が必要です◮
コーナーにマスキングしてあるので食み出ない
立ち上がり外壁との境界線には
しっかりマスキングテープを施し
塗り乱れがないようしています。

溝やコーナー部分には
角が出来ないように柔らかい
カーブをつけ、水がスムーズに
流れるように施工しました (^O^)/

排水の為のどぶ溝にもトップコート

ベランダの防水工事が完成です

トップコートまで完了したベランダの左側
トップコート施工も完了したベランダの右側
これで、雨漏りに原因となっていたベランダの防水工事は完了です。
いかかでしょうか?下地も強化し床面も綺麗に仕上がりました^^

お客様
『凄い、すごい、すご~い!こんなに綺麗になると思っていなかった~^^』
と、とても喜んで頂きました。私達もこの瞬間が一番の至福の時です ヽ(^o^)丿

しかし、ここで終わりではありません。
ベランダの防水機能が改善されれば、室内へ雨漏りする事はありません。
ここからは、雨漏り被害のあった室内天井部を改善していきます。

防水機能が改善したので、室内の天井を改善します。

和室の目透かし天井材への雨漏り染み
既存の天井の上からボードを施工
ベランダ下に位置する和室の既存の目透
かし天井に雨漏り跡が出ています。

交換するとなると費用が増す為
今回はこのようにボードを上張りし
お客様のお好きな壁紙クロスで
仕上げていきます。

繋ぎ目をパテ埋めした天井ボード
2人の職人が天井壁紙を貼る
天井にボードを上張りする場合は、ボードとボードの継ぎ目や、タッカー
(ホチキスの多きな物)で止めた場所に凹凸が出る為
専用パテで平らにしていきます。

下塗りと上塗りを施すので、乾燥の時間も必要となり手間はかかりますが、
綺麗に貼る為には必要な、職人のこだわりが試される工程です。


木目調の天井壁紙の一部
量産型の壁紙の一種で凹凸がある壁紙
今回和室天井に使用した左側の画像の木目調壁紙には凹凸がなく、
真っ平らな1枚の壁紙なので下地を平らにしなければ浮き出てしまいます。

比較として載せた左側の量産品の壁紙画像は、壁紙自体に凹凸があるので
多少の凹凸は消してくれる壁紙なので、ここまで細やかな下地処理もいりません。

貼る壁紙によっても、下地の作り方は違います。壁紙の性質を熟知した
職人だからこその施工ですね ヽ(^o^)丿


専用ローラーで天井壁紙を仕上げる職人
天井壁紙を仕上げながら拭いて磨く
木目調のクロスを天井に貼り、余分な部分をカットしながら
専用の押さえローラーを転がしながら継ぎ目を抑えめば完成です。
新しく付け替えるLEDシーリングライトのカバー無し
職人がシーリングライトカバーを設置している
最後に、お客様からのご要望であったLEDシーリングライトに交換し完了です。
before1
和室の目透かし天井材への雨漏り染み
horizontal
after1
施工が完了した和室の天井

雨漏り染みのあったリビングダイニングの天井クロスも張り替えました。

リビングダイニングの天井クロスを剥がした
リビングダイニング天井に仕切りを入れ新しく壁紙を施工
雨漏り染みができていたリビングダイニングの天井壁紙を剥がし
新しい壁紙を貼りました。
天井の壁紙に仕切り材を設置する事により、奥行き全てを交換する
必要なく費用も節約です。

before1
リビングダイニングの天井への雨漏り
horizontal
after1
新しく天井壁紙を張り替えたリビング
施工日数5日間 のべ人工13人工での施工でした。

5日の内、お客様に在宅していただいたのは2日間で、
1日が奥様1日が祖母様にご対応いただきました。

奥様
『これで雨が降っても安心!部屋も大満足です。LEDに変えて明るくなった^^』
祖母様
『よく働くお兄ちゃん達だったよ!また何かあったら、あのお兄ちゃん達にしておくれよ』
担当者冥利・職人冥利に尽きるお言葉を頂きました ヽ(^o^)丿

防水工事は『街の屋根やさん水戸店』にお任せ下さい

★対応可能防水工事
FRP防水工事
耐用年数10~12年程度 施工箇所:ベランダ、屋上、陸屋根
ウレタン防水工事
耐用年数8~10年程度 施工箇所:ベランダ、屋上、陸屋根
シート防水工事
耐用年数10~15年程度 施工箇所:屋上、ベランダ
アスファルト防水工事
耐用年数15~25年程度 施工箇所:屋上
♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦

防水工事は『街の屋根やさん水戸店』にお任せください

ご覧の皆様のお宅でも喜んでいただけるお付き合いができるよう
精いっぱい頑張らせていただきます ヽ(^o^)丿

無理なご提案は差し上げません。
無料の見積もりを取ってみて、私たちを気に入っていただけたら
ご依頼ください。
皆様にお逢いできる日を楽しみにしております。

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦


街の屋根やさん水戸店のメール派のあなたはこちらへ
メール相談で試してみる

▼▼▼▼▼▼▼▼▼
▲▲▲▲▲▲▲▲▲
現場担当者が、24時間以内に
親切丁寧に返信します。
街の屋根やさん水戸店のお電話派のあなたはこちらへ
電話して直接雰囲気を確かめる

▼▼▼▼▼▼▼▼▼
0120-270-391
▲▲▲▲▲▲▲▲▲
『ネットで見たんだけど・・』でOK!
スタッフが親切丁寧に対応します。

【工事完了後】

トップコートまで完了したベランダの左側
雨漏りは原因からの追究が必要です。
家のリフォームは屋根に限らず、皆様のご依頼にお応するのが『街の屋根やさん 水戸店』です。

皆様も、是非ご相談する事から始めてください。
親切丁寧に、ご案内から施工まで責任を持って対応させていただきます。
ベランダ下の軒天を改修施工し竪樋も交換施工
ベランダ下の軒天も、綺麗になりました^^
東側の1階の軒樋を交換
雨樋も綺麗になりました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

水戸市で割れた雨樋を部分的に交換補修してきました

交換補修依頼のあった割れた雨樋
部分的な交換補修が完了した水戸市内の雨樋
工事内容
雨樋交換
使用素材
竪樋60パイ・エルボ・ソケット
築年数
築浅の住宅です
建坪
保証
1年
工事費用
7,150円(税込み)
施工事例

水戸市のパラペット屋根雨漏り修理はどぶ溝カバーと外壁通気工法

水戸市のパラペット屋根雨漏り調査で分かった水たまりができた痕
S__2547727
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
防水工事
使用素材
ニチハ社 窯業系サイディング14㎜・ガルバリウム鋼板製笠木・ガルバリウム鋼板製雨谷板金
築年数
10年
建坪
約35坪
保証
1年
工事費用
57.6万
施工事例

水戸市での軒樋交換は廃盤品の為強固な鉄芯入り軒樋で交換

S__54395076-1
軒樋交換が完了致しました
工事内容
雨樋交換
使用素材
Panasonic社のシビルスケアPC50
築年数
中古住宅購入後から15年
建坪
保証
1年
工事費用
12万円

同じ地域の施工事例

施工事例

水戸市でのサイディング工事で雨漏りの原因を解消しました

「スペシャルティコーヒー専門店 コーヒーアゴーゴー様」
完成した「スペシャルティコーヒー専門店 コーヒーアゴーゴー様」の店舗と看板
工事内容
アパート・ビルなどの外装リフォーム
その他の工事
貸し店舗
使用素材
ニチハ社 窯業系サイディング14㎜、透湿シート、ノンブリート変成シリコン、笠木板金(ガルバリウム鋼板)
築年数
25年
建坪
保証
3年
工事費用
173万円
施工事例

水戸市で割れた雨樋を部分的に交換補修してきました

交換補修依頼のあった割れた雨樋
部分的な交換補修が完了した水戸市内の雨樋
工事内容
雨樋交換
使用素材
竪樋60パイ・エルボ・ソケット
築年数
築浅の住宅です
建坪
保証
1年
工事費用
7,150円(税込み)
施工事例

水戸市の波トタン屋根の雨漏り修理は野地板ベニヤからのやり直し

水戸市でのトタン屋根葺き替え依頼のお家は母屋に併設するトタン屋根の建物
水戸市の棟から撮影した波トタン画像
工事内容
屋根葺き替え
棟板金交換
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板製 波トタン、改質アスファルトルーフィング、針葉樹合板、棟包み、防腐処理貫板
築年数
45年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
56万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

前かがみに変形した銅板雨樋

こんにちは、街の屋根やさん水戸店です。今回は、非常に腰の強いステンレスを芯材に使用した、いぶし雨樋に交換した報告のブログになります。現場調査時の既存の銅板雨樋は、変形や勾配不良がみられ、雨樋本来の能力が発揮出来ていない状態でした。関連記事 ...........

強風によって破損した城里町の雨樋

東茨城郡城里町で雨樋修理依頼があり、現場を確認してきました。居住者様にお話をお伺いすると(当該現場は賃貸住宅です)この辺は風の通り道なのか、とても風当たりが強く、破損した雨樋も敷地に落ちてくれたから良いような物の、近隣の住宅に被害を広げてし...........

外観から見ると、雨樋金具の間隔も狭く問題ないように見える

ひたちなか市で行っていた雨樋工事が完了しましたので御報告します。お客様からの御相談内容雨が多く降ると雨樋から水が溢れ出してしまい困っています。築23年目なのですが、直してもらえますか?と、街の屋根やさんのホームページをご覧になられてご連絡い...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391