オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換


工事のきっかけ

4月13日に吹いた春の強風でカーポートパネルが4枚飛散してお困りだったひたちなか市のお客様。雨の日の荷物を持ちながらの乗降はとても苦痛で、洗車翌日の雨にも何度となく泣かされたそうです。
数年前にも今回と異なる場所でパネルが飛散し、ホームセンターさんで交換したとの事でしたが、今回は携帯で検索して雰囲気が良かったとの事で街の屋根やさん水戸店にご依頼いただきました。

ひたちなか市 屋根補修工事,その他の工事 カーポート屋根交換工事

ビフォーアフター

before
四枚のカーポート屋根材が春の嵐により飛散し無くなっている
horizontal
after
ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換の交換工事完了

工事基本情報

施工内容
屋根補修工事,その他の工事
施工期間
1日
使用材料
ポリカーボネートパネル3㎜×4(ブルースモーク色) アーチカバー押さえ材交換(1) 棟キャップ交換(1)
施工内容その他
カーポート屋根交換工事
築年数
20年
保証年数
1年
工事費用
8.9万円
建坪
ハウスメーカー
ひたちなか市のアール型カーポート屋根材パネルが4枚飛散したお客様宅でのパネル交換工事の様子をお伝えします。
今年の4月13日の突風は、茨城県でも多大な被害引き起こしました。
ひたちなか市の現場のカーポートパネルも飛散したとの事でしたが人や物に当たらなかったのは不幸中の幸いでした。
今回は、既存の塩ビ製パネルよりも衝撃にも強く耐久性のあるポリカーボネート板に交換致します。

現場調査時のアール型カーポート

カーポート屋根材が無くなり降雨で濡れる車
S__52969527-columns2
ひたちなか市のアール型カーポートは、現場調査に伺った時点で4枚飛散して無くなっており、車の乗降時に雨に濡れてしまうのでお客様もお困りでした。
現在は梅雨時期ですし、これからは台風シーズンもやってきますので、カーポート屋根が無いのはお客様も大変不便です。
今回のパネル交換工事は、1名のスタッフを帯同させ私と2人で行います。
しっかり設置いたしますのでお任せ下さいませ。

カーポート屋根の押さえ材を外しポリカを仮置きしていきます

ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換で押さえ材を外します
ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換でポリカーボネートを並べていきます並べていきます
ひたちなか市のアール型カーポート屋根は、屋根材パネルを留めている長尺の押さえ材を外し新しいポリカーボネートパネルを設置していきます。
今回のひたちなか市のカーポートは、長尺の特寸法サイズなので若干のゆとりをもって長めに発注しましたので設置後に若干の切り出し作業が必要です。
また、ポリカを抑える為の金具も破損していたので留め具加工も行います。
見えない部品が壊れているケースは、リフォームでは良くある事です。

設置前に保護フィルムを若干剥がしておきます。

ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換でポリカーボネトの保護フィルムを5㎝ほど剥いておきます
ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換でポリカーボネトの保護フィルムを載せたら全部剥がします
ポリカーボネート板には、傷防止の為の両面保護フィルムが付いていますが、このフィルムを剥がすタイミング次第ではパネルに傷がついてしまいます。
まずは、事前にポリカ板の外周の保護フィルムを5㎝ほど剥いておき、保護フィルムが押さえ材に挟まらないようにしてからパネルを設置します。
カーポート屋根にポリカ板を載せ押さえ材で仮止めした後に、全ての保護フィルムを剥がしていくと綺麗に傷をつけることなく設置できます。

金具破損の為ポリカ板をカットします

ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換でポリカを切断するためのアクリルカッター
ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換でポリカをアクリルカッターで切断します
ひたちなか市のカーポート屋根は、強風で飛ばされた際に留め金具も破損しており、ポリカの長さを調節しながらビスで固定しなくてはなりません。
※ビス固定をしなければ、強風時にまた飛散や破損してしまいます。
更に、今回のカーポートパネルのサイズは流通品の寸法ではない特寸法で、計測寸法に若干余裕をもって長めに作ってもらったものです。
カーポートパネルを設置した後、アクリルカッター(Pカッターとも言う)を使用し、ジャストサイズに切り出していきます。

ポリカ板アーチカバー押さえ材を留めていきます

ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換で押さえ材の頂点部はビス留めします
ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換で押さえ材を当て物をしてつけます
ひたちなか市のカーポート屋根はアーチカバー押さえ材を取付けて完了となりますが、劣化した押さえ材は壊れやすくなっていますので慎重に取り付けします。
既存の押さえ材には劣化もあり、玄能で直接叩いてしまうと破損する為、当て物をしながら慎重に嵌め込んでいきます。気を使う所です
この工程が完了すればパネル設置は完了です。綺麗に仕上がりました。

散水テストを行なって水の流れをチェックします

ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換で最後に散水テストを行ないます
ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換で最後に散水テストを行ないま問題ありませんでした
ひたちなか市のアール型カーポート屋根工事は、最後に散水テストを行ない、ポリカ板の水の流れ方や雨樋部に入った水の流れ方などを確認してお引き渡しとなります。
強風で破損したカーポートは以前の塩ビ製の屋根と比べ、ポリカーボネート製に変わったので耐久製や耐風製が何倍にも強くなりました。
ひたちなか市のお客様にもお喜び頂き、私も大変満足しております。
我慢してそのまま使用している方もいらっしゃると思いますが、直せば以前よりも使いやすく、強いカーポートに生まれ変わります。施工金額も参考にご検討下さい。

【工事完了後】

ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換の交換工事完了しました
毎年、台風や強風で飛散被害や破損被害が多くでるカーポートパネル。
愛車を守り、皆様の乗降をサポートしてくれるパネルの破損はありませんか?

カーポート屋根も屋根材です。
カーポート屋根、車庫の屋根等もお気軽に街の屋根やさん水戸店へご相談ください。
フリーダイヤル:0120-270-391
ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換の交換工事完了しました下からの画像
ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換の交換工事完了しました家をバックにの画像

同じ工事を行った施工事例

施工事例

水戸市で波型スレート屋根の交換と外溝フェンス修繕工事が完了

屋根工事を行う前の水戸市内の破損した波板スレート屋根
新しい波板スレートで交換が完了した水戸市内のボンベ庫の屋根
工事内容
屋根補修工事
倉庫
使用素材
【波型スレート】ノンアスベスト大波スレート・ステンレス製フックボルト【外溝フェンス】リクシルハイブリットフェンス・フェンス台ブロック・砕石等
築年数
25年
建坪
保証
3年
工事費用
火災保険適用工事(全額)
施工事例

結城市で廃盤屋根材であるカラーベストアーバニーへGL重ね葺き

アーバニー屋根材が破損して脱落している結城市の現場屋根
結城市の定尺ガルバリウム屋根材で重ね葺きが完了した結城市の現場屋根
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
火災保険
使用素材
GLカラー(ガルバリウム)T2ワイド220・粘着防水シートタディスセルフ
築年数
25年
建坪
保証
10年
工事費用
112.2万円
施工事例

常陸太田市での太陽光スレート屋根の劣化症状はカバー工法で解決

常陸太田市で太陽光が外されたスレート屋根パミール
カバー工事が完了した切り妻屋根
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
使用素材
防水シート:タディスセルフカバー、屋根材:ガルバリウム鋼板T₂ワイド220
築年数
15年
建坪
30坪
保証
10年
工事費用
108.9万円

同じ地域の施工事例

施工事例

ひたちなか市での屋根工事はセキスイかわらUを撤去しカバー工法

解体前の厚型スレート
屋根工事が終わったひたちなか市の屋根
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
月星タフルーフT2ワイド220、粘着式防水シート、金属屋根ビス(ダンパ)、野縁(垂木)
築年数
築35年
建坪
保証
10年
工事費用
146万円
施工事例

ひたちなか市での雨どい交換は金具ごと交換し傾斜不良も改善

変形不良を起こし雨水が滞留しているひたちなか市の現場雨樋
半丸雨樋の交換が完了しました
工事内容
雨樋交換
火災保険
使用素材
Panasonicアイアン105(ホワイト)・亜鉛メッキ製支持金具(出15㎜幅)
築年数
25年
建坪
軒樋37.6m・支持金具交換・集水器4箇所・仮設足場
保証
1年
工事費用
全額 火災保険認定
施工事例

ひたちなか市で屋根補修後の仕上げは遮熱塗料で屋根塗装

台風被害にあったひたちなか市の棟板金
屋根補修後に遮熱塗料で屋根塗装を行ったひたちなか市の屋根
工事内容
屋根補修工事
破風板板金巻き工事
棟板金交換
雨樋交換
屋根塗装
使用素材
【塗料】エスケー遮熱塗料クールタイトSi・【屋根補修】ガルバリウム製破風板・防腐処理済み貫板・コロニアルグラッサ【その他】Panasonic雨樋半丸105・ガルバリウム破風巻き
築年数
35年
建坪
約50坪
保証
塗膜保証6年
工事費用
足場・屋根補修=火災保険 屋根塗装・破風板板金巻(72m)・雨樋交換及び新設(45m)=97.3万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

台風で飛散したアスファルトシングル材


こんにちは、街の屋根屋さん水戸店です。今回のお問い合せ内容「前に来た大型台風で屋根材が捲れました。高い所なのでハッキリと確認出来ません。無料点検をお願いしたいと思い、ご連絡しました。」確かに屋根は高所ですので、下からは屋根の...........

台風被害を受けた瓦屋根を調査します

こんにちは、街の屋根やさん水戸店です。今回は台風被害を受けた瓦屋根の修理依頼になります。今回のお問い合せ内容2019年の台風19号で瓦がズレていたようですが、最近まで気づかず他業者さんのご指摘により判明したようです。瓦屋根はパラペットがあり...........

雨漏り被害のある増築した作業小屋

鉾田市で作業小屋のトタン屋根に雨漏りしているとの御相談があり現地調査に行ってまいりました。お客様からのお問い合わせ内容『三年ほど前に増築した野菜の出荷用作業小屋のトタン屋根が雨漏りしている。自分で応急処置をし少し収まったが、機械があるのでと...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391