オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

日立市での雨漏り修理は瓦棒トタン屋根の棟板金交換で台風も安心


工事のきっかけ

天井の一部に雨染みがあり、雨の日にポツポツと雨音がして気になっており、大事になる前にとインターネットで検索し、雰囲気の良い、街の屋根やさんに相談しました。

日立市 棟板金交換,雨漏り修理

ビフォーアフター

before
日立市の雨漏り現場の棟板金現場調査時
horizontal
after
日立市の雨漏り現場の棟板金の三つ又部にコーキングで雨仕舞い

工事基本情報

施工内容
棟板金交換,雨漏り修理
施工期間
1日
使用材料
ガルバリウム製棟包み・防腐処理貫板・ゴムワッシャー付きビス「ダンパ」 施工m数/約20m
施工内容その他
築年数
40年
保証年数
1年
工事費用
12.7万円
建坪
約40坪
ハウスメーカー
日立市で雨漏りが起きていた瓦棒トタン屋根の棟板金交換修理が完了致しました。
雨漏りの原因は、トタン屋根の頂点部に付いている棟板金(むねばんきん)から雨水の浸入がある事が現場調査で分かり、本日は修理を行なっていきます。
棟板金は、台風で起こる強風や太陽の光による熱伸縮により、留め具である釘抜けを起こして剥がれやすくなり、雨漏りの原因となる事が多い場所です。

現場調査時に判明した雨漏り箇所

日立市の雨漏りしている瓦棒屋根上からみる三つ又棟板金
屋根上からの画像
日立市の雨漏りしている瓦棒屋根の天袋から天井裏を調査すると三つ又板金部から雨漏りしてました
天井裏からの雨漏り箇所画像
屋根形状が寄せ棟(よせむね)という形で、大棟(おおむね)と降り棟(くだりむね)の取り合いの所から雨漏りが起こっていました。
屋根上からでは分かりませんが、天井裏から調査をしてみると雨が浸入した形跡がハッキリと残っており、この箇所が雨漏り箇所と判明致しました。
屋根上からでは雨漏りの判断がつきませんが、天井裏と同時に雨漏り調査を行なうことにより雨漏り箇所の特定が出来ます。

雨漏り浸入箇所を含めた、既存棟板金の解体

日立市の雨漏り現場で棟板金を外しました
棟板金の解体画像
日立市の雨漏り現場で棟板金の下地の貫板を外しました
貫板の解体画像
まずは瓦棒トタン屋根の棟板金の解体撤去を行なっていきます。
既存の棟板金が釘留め(昨今では抜けにくいビスを使用しています)されているので、1本1本抜きながら棟板金を外します。
棟板金が外れたら、下地の木材である貫板(ぬきいた)も併せて交換しますので、ここも丁寧に外していきます。
約20mの棟板金の解体撤去作業は、30分程度で完了いたしました。

見えなくなる所もきれいに清掃します

日立市の雨漏り現場の棟板金を外すと40年分ホコリが出てきました
ホコリが溜まっている棟
日立市の雨漏り現場の棟板金を外すと40年分ホコリを清掃しました
溜まったホコリを清掃します
棟板金の解体が終わると、棟の所に40年分の大量のホコリが姿を現しました。
業者さんによっては、そのまま新しい棟板金を付けてしまっているなどの話も聞きますが、弊社では、見えなくなる箇所も清掃を行ってから工事を行なっていきます。
経験上、ゴミやホコリがある事で雨漏りを引き起こした事例もある為、清掃することで雨漏り防止策にも繋がります。
工事後に日立市のお客様に工事画像をお見せしたところ、「見えなくなる所なのに、きれいにして下さりありがとう」とお褒め頂きました。

墨出し(すみだし)作業も、雨漏り対策の一つです。

日立市の雨漏り現場の棟板金を外したら真っ直ぐではない棟
真っ直ぐではない屋根の頂点部
日立市の雨漏り現場の棟板金を外したら真っ直ぐではない棟の基準を出す職人
真っ直ぐな直線を出す作業
清掃が終わり屋根の頂点部を見てみると、棟部が真っ直ぐになっていません。
このままでは、棟板金の修理が出来ない為、基準となる墨出し作業を行なう為に差し金(さしがね)を2本使用して中心線を出します。
雨漏りは、些細なズレも原因となり得ます。この基準一つで棟板金取り付けの全てが決まってしまうので、これも雨漏り対策の一つです。

下地取り付け

日立市の雨漏り現場の棟板金の下地の貫板端部に雨仕舞い
端部はコーキングで雨仕舞い
日立市の雨漏り現場の棟板金の下地の貫板を三つ又部に取付ける
三つ又部も形を合わせて
日立市での雨漏り修理は、下地である防腐処理をした貫板を取付けていきます。
取付けるためのビスはステンレス製のSUSビスを使用して留めていくので、錆や熱にも強くなり、強風でも抜けにくい強い棟に生まれ変わります。

雨仕舞いを行ない雨漏りに強くなる

日立市の雨漏り現場の芯木部に雨仕舞い
芯木(しんぎ)から入る雨漏りを雨仕舞い
日立市の雨漏り現場の芯木部に雨仕舞いを徹底的に行なう
コーキングを使用しての雨仕舞い
雨漏り対策には雨仕舞いが必要になり、必需品として活躍する変成シリコンを雨が浸入しそうな箇所に塗布していきます。
瓦棒トタン屋根は芯木(しんぎ)から雨漏りすることがあり、勾配が緩い屋根は、風で押された雨が逆流してくる事で雨漏りが起きます。
この雨漏りを未然に防ぐ為の防止策が、雨仕舞いになります。

棟板金の取り付け時にも、複数の雨漏り対策を施します。

日立市の雨漏り現場の棟板金のジョイント部にコーキングで雨仕舞い
ジョイントを変成シリコンで雨仕舞い
カバー工法で施工された金属横葺き屋根の留め金具ダンバ
ゴムワッシャー付きのビス「ダンパ」
次は棟板金の取り付けを行なっていきます。
棟板金は台風や強風の影響を受けやすい箇所ですので、継ぎ手には変成シリコンを充填し、接着効果を生み出しつつ雨漏り対策である雨仕舞を行います。
また、使用するビスはゴムワッシャー付きのビス「ダンパ」を使用し、ビス穴からの雨水浸入を防ぐ雨仕舞いも行いました。

コーキングをして工事完了です

日立市の雨漏り現場の棟板金の三つ又部にコーキングで雨仕舞い
変成シリコンで雨仕舞いをした棟板金
日立市の雨漏り現場の棟板金の取り付けが完了
交換が完了した棟板金
棟板金の取り合いやジョイントに変成シリコンを充填して工事完了です。
変成シリコン充填での雨仕舞いは、一歩間違うと雨水を滞留させ雨漏りの原因にもなりかねません。屋根からの雨漏り修理は、屋根のプロにお任せください。
雨漏りの原因である棟板金を修理交換した事で、強固たる棟に生まれ変わりました。
日立市の雨漏り現場の違い棟の棟板金が取り付け完了
棟板金交換が完了した端部
日立市の雨漏り現場の降り棟棟板金が取り付け完了
       棟板金交換が完了した降り棟
ほんの小さな不具合が雨漏りに繋がり、放置は被害を広げる事にもなります。
普段、目にする事の出来ない屋根の棟板金!しっかりした雨漏り対策をしましょう。
皆様も、台風や強風などの後で屋根に異変を感じたら、ぜひ街の屋根やさん水戸店の無料点検をご活用ください。
これからも、お客様にご選択いただけるようスタッフ一同心を込めて対応させて頂きます。日立市のI様、この度は当社にご依頼いただきありがとうございました。

【工事完了後】

日立市の雨漏り現場の棟板金の三つ又部にコーキングで雨仕舞い
台風や強風にて剥がれている事が多い棟板金。
住んでいても気づかない事も多く、台風後に落ちて気づいたなんて事も多くなっています。
雨漏りからご自宅を守るためにも、一度、街の屋根やさん水戸店に相談してみてはいかがですか。
日立市の雨漏り現場の違い棟の棟板金が取り付け完了
日立市の雨漏り現場の棟板金の取り付けが完了
S__6856792-simple
日立市の雨漏り現場の降り棟棟板金が取り付け完了

同じ工事を行った施工事例

施工事例

桜川市で棟板金の交換工事が完了しました。

交換前の錆付いた降り棟板金
ガルバリウム製の降り棟板金で交換を行った桜川市の現場
工事内容
棟板金交換
使用素材
GLカラー棟板金・防腐処理済み貫板・ステンレスビス
築年数
35年
建坪
棟板金交換31.7m(貫板交換含む)
保証
1年
工事費用
20.9万円
施工事例

水戸市の波トタン屋根の雨漏り修理は野地板ベニヤからのやり直し

水戸市でのトタン屋根葺き替え依頼のお家は母屋に併設するトタン屋根の建物
水戸市の棟から撮影した波トタン画像
工事内容
屋根葺き替え
棟板金交換
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板製 波トタン、改質アスファルトルーフィング、針葉樹合板、棟包み、防腐処理貫板
築年数
45年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
56万円
施工事例

ひたちなか市で屋根補修後の仕上げは遮熱塗料で屋根塗装

台風被害にあったひたちなか市の棟板金
屋根補修後に遮熱塗料で屋根塗装を行ったひたちなか市の屋根
工事内容
屋根補修工事
破風板板金巻き工事
棟板金交換
雨樋交換
屋根塗装
使用素材
【塗料】エスケー遮熱塗料クールタイトSi・【屋根補修】ガルバリウム製破風板・防腐処理済み貫板・コロニアルグラッサ【その他】Panasonic雨樋半丸105・ガルバリウム破風巻き
築年数
35年
建坪
約50坪
保証
塗膜保証6年
工事費用
足場・屋根補修=火災保険 屋根塗装・破風板板金巻(72m)・雨樋交換及び新設(45m)=97.3万円

同じ地域の施工事例

施工事例

日立市での外壁クリヤー塗装でレンガ調外壁の光沢が甦りました

塗装前の日立市の住宅
新築時の様に外部が綺麗になりました
工事内容
外壁塗装
使用素材
【外壁塗料】ピュアライトUVプロテクトクリアー【付帯部塗料】クリーンマイルドシリコン、ケンエースG-Ⅱ、【コーキング材料】ノンブリートタイプ変成シリコーン
築年数
12年
建坪
約45坪
保証
10年
工事費用
110万円
施工事例

日立市での切り妻屋根工事は脱落寸前の巴瓦を強化棟で7寸丸被せ

屋根修理前の状態の日立市の瓦屋根
日立市の瓦屋根は棟の取り直しが完了です
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
耐震棟金具、樹脂製棟垂木、なんばん、7寸丸瓦(銀黒)、防水パッキン付きビス
築年数
約40年
建坪
約30
保証
3年
工事費用
15.4万円
施工事例

日立市での老朽化した瓦棒屋根をMSタフビーム333で葺き替え

屋根葺き替え前の劣化が進んだ瓦棒屋根
MSタフビームで屋根葺き替え工事が完了した画像
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
月星カラーGL鋼板MSタフビーム333、針葉樹合板、改質アスファルトルーフィング
築年数
40年
建坪
25坪
保証
10年
工事費用
67.1万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ひたちなか市の屋根で施工前の主棟の板金飛散状態

やはり気になる屋根修理、屋根修繕費用について

劣化した瓦棒葺き屋根

日立市にお住いの皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。本日は瓦棒葺き屋根工事についてご紹介させていただきます。秋以降、日立市内で瓦棒葺き屋根の屋根工事が続きましたが、それぞれ異なる施工方法で修理を行いました。同じ屋根材を使用していても、...........

棟板金の釘が抜けて変形している

ひたちなか市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回のひたちなか市の現場は雨樋交換の現場ですが、私達が気になったのはご契約内容には無い屋根の棟板金の釘浮きです。屋根業者として見て見ぬふりは出来ません。お客様に事前に了解をいただき、お...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391