オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

鉾田市でガルバリウム鋼板でのカバー工法を行いました


工事のきっかけ

2年半くらい前から雨漏りが始まり、年に一度程度の雨漏りでしたが徐々に状態が悪化してきたので、屋根工事見積りをお願いしました。
一度他業者さんに見積りをご依頼しましたが、金額があまりに高く、比較すると街の屋根やさんの倍でした。
適正価格での工事を希望・HPでの施工事例も参考にして依頼をしました。

鉾田市 屋根カバー工事,その他の工事 太陽光パネル撤去、外壁カバー工事

ビフォーアフター

before
工事前の太陽光設置スレート屋根
horizontal
after
屋根カバー工事が完了した金属屋根

工事基本情報

施工内容
屋根カバー工事,その他の工事
施工期間
7日
使用材料
月星カラーGL(ガルバリウム鋼板)、改質アスファルトルーフィング、金属サイディング
施工内容その他
太陽光パネル撤去、外壁カバー工事
築年数
約30年
保証年数
10年
工事費用
144万円
建坪
ハウスメーカー

お客様担当営業からの一言メッセージ

担当の田村です
今回のお客様担当は田村です!

鉾田市で行われたガルバリウム鋼板でのカバー工法が完了したのでご報告します。

鉾田市の現場は雨漏りが発生していましたので、工事が終わりお客様は
ご満悦でした( ^o^)ノ

昨今は、屋根工事の中でも増えてきているガルバリウム鋼板での屋根カバー工法です。
検討中の方はご参考にして下さい(^_^)b

現場調査時の状況

太陽光パネル設置の急勾配スレート屋根
太陽光パネル設置の急勾配スレート屋根
鉾田市の現場は7寸勾配(約35°)と急勾配な屋根になります。

急勾配屋根は角度がある為、緩い勾配の屋根と比べると雨漏りがしにくい屋根です。
ましてや平部となると、よほどの事がない限り雨漏りは無いと言えます。

雨漏りは、壁との取り合いや屋根の緩衝部で発生している可能性と、屋根に設置
されている太陽光パネルの架台の留具の可能性が高くなります。

室内外雨漏り状況

室内の雨漏り箇所
室内の雨漏り箇所
外部から見る雨漏りの箇所
外部から見る雨漏りの箇所
室内から雨漏りを調査させて頂きました。

室内から見る状況で、平部ではなく屋根に付けられているドーマーだと判断します。
※ドーマーとは何かを下記でご説明致します。

雨水の浸入口は、雨漏り位置より高いところで発生し、ドーマーの下部から雨水
が出ているのでしょう。

ドーマー解説の画像
ドーマーとは何??
ドーマーとは屋根から突き出した小さな屋根の事です。

ドーマーを設置する意味合いは、明かり取り・通気させる為・屋根のアクセントで
取付けられるケースが多くなっています。

その一方、ドーマーからの雨漏りが増えてきているのも現実です(゜_゜;)

当社でもドーマーから発生した雨漏りのお問い合せが数多くあります。
屋根全体に発生している白カビ
屋根全体に発生している白カビ
太陽光を留めるビス穴からも浸水があります
太陽光を留めるビス穴からも浸水があります
太陽光パネルが設置された箇所を屋根裏調査していきます。

屋根全体に白カビが発生しているのが分かります。これは屋根全体でに雨水が
廻っている事を示しています。

太陽光の架台を固定する留具のビス穴から雨水が浸入しているようです。

太陽光設置後10年経つお客様は、一度屋根裏からの調査をする事をお勧め致します。

太陽光撤去しガルバリウム鋼板での屋根カバー工法になります

太陽光パネルの撤去
太陽光パネルの撤去
太陽光パネル撤去完了
太陽光パネル撤去完了
まずはガルバリウム鋼板でのカバー工法を実施するにあたり、邪魔になる太陽光パネル
の撤去を行っていきます。

急勾配の為、足場+屋根足場を設置しております。立っているだけで滑ってしまう
この急勾配屋根は、この屋根足場が必要になります。

急勾配屋根でのガルバリウム鋼板でのカバー工法をご検討の方はご参考にして下さい!

下地野地板の強化と防水シート

野地板の強化の為増し貼り
野地板の強化の為増し貼り
防水シート貼り白い墨を出します
防水シート貼り白い墨を出します
鉾田市の現場は、屋根下地合板に傷みがありましたので下地強化の為、ラーチ合板を
既存のスレート屋根に増し貼りを行います。

下地に傷みや不具合が無ければやらなくてもいい作業ですが、屋根は20年30年と長く
住む為に下地は以前よりも強化しなくてはなりません(^○^)

防水シートはメーカーの規定通りに重なりしろを設け、屋根の繋ぎ目(今回は大棟)
は2重3重と貼り、雨漏りへのリスクを減らす施工を行いました。

垂木ビス打ちで耐風(台風)対策を施します

ケラバ板金の設置
ケラバ板金の設置
墨出し部にビス留めし耐風対策
墨出し部にビス留めし耐風対策
続いて、ケラバ(屋根の端部)に板金を設置しましたら、本格的にガルバリウム鋼板
カバー工法が始まっていきます。

鉾田市の現場は、湖畔沿い・高台にあり、普段から風が強い地域性になっています。
この事を考えても耐風(台風)対策を当店では重要視しました。

近隣のお客様は、台風の際に2件の屋根が飛ばされた様です(^_^;)
S__16465983
天井裏からの解説になります
以前の屋根材の留具は、野地板の下地がない場所に打ち込んでいますね。

耐風(台風)対策として屋根垂木(屋根の骨格)である箇所に、ガルバリウム鋼板を
固定する為のビスを留めていきます。
防水シートの墨出しは、屋根垂木を示す位置になっていたのです(^_^)/

この施工を行う事で、屋根が強力な一個体になるイメージです!
台風や強風などにも負けない強い屋根に生まれ変わっていきます( ^o^)ノ

雨漏り箇所には雨仕舞いを

雨漏り箇所の雨仕舞い
雨漏り箇所の雨仕舞い
ドーマーの屋根もカバー工法
ドーマーの屋根もガルバリウム鋼板でカバー工法
今回の雨漏り箇所であるドーマーと屋根の取り合いは、捨て板金(見えなくなる雨仕
舞いの為の板金)と雨押え板金で雨仕舞いを行いました。

ドーマー部の外壁には金属サイディングでカバーをし、劣化に伴うサイディングからの
雨漏りのリスクも考え施した工事になります。

見えなくなる箇所ほど雨漏りのリスクが高まり、雨漏りした際に発見が遅れる事があ
ります。当店では屋根職人がダブルチェックをする事で施工不良を防ぎます!

ドーマーの外壁カバー工事

赤い線の中の外壁を重ね貼りします
赤い線の中の外壁を重ね貼りします
外壁の重ね張りが完了しました
外壁の重ね張りが完了しました
先程雨仕舞いを施したドーマー部には、新しい金属外壁をカバー(重ね張り)
して雨仕舞いを行っていきます。

ドーマーは屋根に面している為、屋根が新しくなるタイミングで工事を行う事で、雨
漏りのリスクを減らしていきます。外壁も劣化しますので雨漏りが0ではありません。

棟板金を設置してガルバリウム鋼板のカバー工法完了です

棟板金を設置する屋根職人
棟板金を設置する屋根職人
完成後に点検をするスタッフ
完成後の点検をするスタッフ
最後に屋根の頂点部に棟板金を設置してガルバリウム鋼板での屋根カバー工法
完了となります。

今回の工事は、立地条件や急勾配など様々な条件がある中での施工でしたが、
無事に完了しましたのでホッとしております。

F様、今回は当社を選んで頂き誠にありがとうございました。
今後も末永いお付き合いを出来ればと思っております。

【工事完了後】

屋根カバー工法で見違える様になったドーマー付き急勾配屋根
今回の様に、急勾配・耐風対策などは知識や経験が必要となる工事になります。

現場によって変わる雨漏り対策や雨仕舞い方法は臨機応変に対応しなければなりません。

屋根工事は一生物になりますので、ご検討の皆様はしっかりとした調査・提案をしてくれる屋根業者を選定して下さい!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

水戸市での屋根カバー工法はガルバリウム鋼板GMルーフ仕上げ

水戸市のスレート屋根は先端に雨染み
2階の屋根をガルバリウム鋼板でリフォームした水戸市の屋根
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
GMルーフ220、改質アスファルトルーフィング、樹脂製貫板、シーリングパッキンビス
築年数
25年
建坪
約35坪
保証
10年
工事費用
116.6万円
施工事例

ひたちなか市での屋根工事はセキスイかわらUを撤去しカバー工法

解体前の厚型スレート
屋根工事が終わったひたちなか市の屋根
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
月星タフルーフT2ワイド220、粘着式防水シート、金属屋根ビス(ダンパ)、野縁(垂木)
築年数
築35年
建坪
保証
10年
工事費用
146万円
施工事例

結城市で廃盤屋根材であるカラーベストアーバニーへGL重ね葺き

アーバニー屋根材が破損して脱落している結城市の現場屋根
結城市の定尺ガルバリウム屋根材で重ね葺きが完了した結城市の現場屋根
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
火災保険
使用素材
GLカラー(ガルバリウム)T2ワイド220・粘着防水シートタディスセルフ
築年数
25年
建坪
保証
10年
工事費用
112.2万円

同じ地域の施工事例

施工事例

鉾田市で作業小屋のトタン屋根葺き替え工事が完了

施工前の、鉾田市の作業小屋トタン屋根
施工後の、鉾田市の作業小屋トタン屋根
工事内容
屋根葺き替え
倉庫
使用素材
ガルバリウム波板・構造用合板12㎜・改質アスファルトルーフィング・シーラー・波ビス・防水テープ
築年数
3年
建坪
保証
3年
工事費用
40.6万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

水戸市で塗装不可のニチハ製パミールを調査

水戸市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回のブログは、水戸市内で調査をした『ニチハ製パミール』屋根材の記事です。当該屋根材は、一時期問題になった屋根塗装不可の屋根材です。ニチハ製パミールは、1996年から2008年まで販売されて...........

ホームセンターさんとの相見積もり依頼のあった、ひたちなか市の現場風景

ひたちなか市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。春になり、リフォームには良い季節になってきましたね。3月の中旬から、屋根工事や塗装工事のリフォーム見積もり相談が多くなっています。今回のひたちなか市のお客様も、屋根工事と外壁塗装工事を...........

調査対象である小美玉市のコロニアル屋根

小美玉市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。先日、小美玉市で築30年程度のコロニアル屋根を調査してきました。外壁塗装を検討しているお客様で、足場設置が必要なので屋根や他の部位も同時に施工を考えていらっしゃいました。コロニアル屋根の工...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391