オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

小美玉市で屋根工事を御検討(築30年)のお客様の質問への回答


小美玉市で屋根工事をご検討のお客様より、複数のご質問を頂きました。

今回は、屋根工事のご質問に対する実際の回答事例を2項目に分け報告しますので
屋根工事をご検討のお客様も参考にしてみて下さい。

小美玉市のお客様から頂いた屋根工事についての質問です。

屋根工事についての質問をする屋根画像を含めたタイトル画像
小美玉市のお客様からの質問①
築30年の屋根(平板スレート屋根でした)なのですが、屋根塗装と屋根を新調するのはどちらが良いですか? 
小美玉市のお客様からの質問②
インターネットで見ていても、同じ屋根の材料でも、屋根工事費用に差があるように感じるのは、何でですか?

小美玉市のお客様からの質問① 屋根塗装か屋根の新調か?など

築30年の屋根(平板スレート)ですが、屋根塗装と屋根の新調はどっちが良い?

今回、小美玉市のお客様にから頂いた質問内容は、とても多い質問内容です。

~ 回答します ~
お電話の内容だけでは回答しにくい質問ですが(屋根材や現状が確認できない為)
築30年の平板スレートであれば、築15年目に屋根塗装を施したとしても平板スレート
機能的な耐用年数(約30年)です。
屋根工事は費用が掛かるものです。無理して屋根塗装を施しても屋根機能が
万全でなければ意味を成しません。最低でも10年~15年後の屋根の状態を
見越した上で判断をすれば、屋根の新調(葺き替えやカバー工法)が適切です。

屋根は屋根材だけではなく、屋根下地である防水シートや、屋根の継ぎ目を
被う役物(やくもの)もあり総合してこそ屋根です。次の画像をご覧ください

瓦を捲り上げると防水シートが破れているのを確認
防水シートの亀裂に雨水が入れば雨漏りしてしまう状態
この画像は、雨漏りのあった他現場で、屋根材(瓦)を捲り上げた画像ですが
屋根の下地である防水シートが破れており、ここが雨漏りの浸水口でした。

平板スレート屋根は、瓦のように安易に捲り上げる事が出来ないので実確認は
難しいのですが・・防水シートの耐用年数は10年~20年物が多く使われています。
ご質問を頂いた小美玉市の屋根は、築30年の平板スレートです。
屋根塗装で防水シートは復活してくれません。先を考慮すればやはり新調です。

屋根頭頂部の継ぎ目を被う棟板金が飛散し貫板が剥き出しになっている
棟板金を留めている釘が錆びて抜け掛かっている状態
こちらの画像は、屋根頭頂部の継ぎ目を覆う棟板金と呼ぶ場所です。
強風や台風などの影響で、毎年多くの飛散被害が出るのもこの棟板金です。
棟板金は、下地である貫板(この画像では木製)に向かって板金から留め具で
固定されますが、木製の下地に雨水が浸水すると木が腐食し留め具が効きません。

屋根塗装と屋根の新調では屋根塗装の方が費用は安価ですが、これから10年~15年
快適に過ごせる屋根工事内容か否かを判断するのが正しい屋根工事の選択法です

小美玉市のお客様からの質問② 屋根工事価格表示の違いなど

インターネットで、同じ屋根材でも価格に差があるように感じるのは何故ですか?

なるほど・・ お客様はそのように疑問を感じるのですね。勉強になります。

~ 回答していきます ~
お客様からすれば、やはり屋根工事価格は最も気になる部分ですね( ^)o(^ )
一方で、屋根工事業者からすれば、最も記載の難しい部分でもあります。

迷っているのをイメージする画像
インターネットなどで、凡その目安で出している屋根工事は、どの程度の
屋根工事内容を基準としているかで変わるのだと思います。

例として、新しい屋根材に新調する屋根葺き替え工事を例に比較して解説します
ガルバリウム鋼板でカバー工法を行った切妻屋根
ガルバリウム鋼板でカバー工法を行った複合屋根
街の屋根やさん水戸店で実際に行った屋根工事の2事例で比較します

この2事例の屋根工事は、2事例とも同じメーカーの同じガルバリウム素材で
屋根カバー工法を行った現場画像です。
この2事例が、屋根の面積(㎡数)が全く同じだったと仮定して比較すると・・
切妻屋根(比較すると安い)< 複合屋根(比較すると高い)
と言う結果に、どの屋根工事会社もなるはずです。

カバー工法を行う際の切妻屋根への棟下地の様子
切妻屋根の棟下地
カバー工法を行う際の複合屋根への棟下地の様子
複合屋根の棟下地
こちらの画像は、切妻屋根と複合屋根双方の、棟下地の施工画像です。

一本に真っすぐ伸びる切妻屋根 VS カットしながら繋ぎ合わせる複合屋根
カットの多い屋根は必要以上にロス(破材)が出てしまい、加工に時間も要します。
昨今の新築住宅は、お洒落さを演出する為、複雑な屋根が多くなっています。
どの形状の屋根を基準としているのか?どこまでの材料を見ているのか?
によって、同じ平米数であっても価格表記に違いが表れてきますね。

屋根下地の状態によっても屋根工事価格は変わります。

切妻屋根にカバー工法を行う為に粘着式ルーフィングを施工
屋根の下葺き材として使用したカッパアスファルトルーフイング
屋根下地の状態や下葺き材(ルーフィング)の選択種類によっても施工単価は変わります。標準仕様にどのグレードの素材を選択するかは各屋根業者の判断ですが、雨漏りを
防ぐ為の防水シートの選択は、屋根業者がどのように屋根工事を見ているかの【証】
でもあります。普段見えない場所に目を向けてくれる屋根業者に相談しましょう。

私も消費者の一人ですので、全く同じものなら安いに越した事ないと思っていますが
一番大切なのは、その屋根工事が適正価格であるか否かではないでしょうか。
屋根工事をご検討のお客様に、この記事が少しでも参考になれば幸いです。


***************************************************************
当社では、他社さんとの相見積もりでも喜んでお見積もりさせて頂きます。

徹底した事前調査(無料調査)では、50枚~100枚の画像を撮影し
専門用語を極力使わない、お客様に分かり易い説明を心掛けています。

また、お分かりにならないことは遠慮せずにご質問下さい。
現地の状態を拝見させて頂ければ、凡その屋根工事金額も回答致します。
屋根工事の御相談は、街の屋根やさん水戸店へ

屋根工事の現場調査で撮影した沢山の画像
***************************************************************

同じ工事を行った施工事例

施工事例

結城市の屋根修理は、緊急性の高い破損部である棟板金を交換

交換工事前の結城市の棟の状態
屋根修理が完了した結城市の棟板金
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
平屋
使用素材
ガルバリウムカラー鋼板t=0.35 防腐処理済み貫板
築年数
建坪
保証
1年
工事費用
7.3万円
施工事例

結城市で庇屋根へのポリカ波板施工が完了しました

波板が撤去された状態の庇屋根
クリア色の新しいポリカ波板が施工された結城市の庇
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカ波板6尺×16枚・ワンタッチフック・変成シリコーン
築年数
建坪
保証
1年
工事費用
¥58,740
施工事例

常陸太田市での雨漏り改修工事が完了!入母屋玄関の屋根工事編!

雨漏り改修工事前の入母屋屋根の谷板金周辺
谷板金を交換し葺き直しされた入母屋玄関屋根
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
捨て板金(ガルバリウム製)・谷板金(ガルバリウム製)・谷シーラー・なんばんしっくい
築年数
築40年程
建坪
保証
1年
工事費用
18.7万円

同じ地域の施工事例

施工事例

小美玉市での店舗雨漏り修理は屋根の取り合い部を板金で雨仕舞い

交換前のパラペット笠木板金
交換後のパラペット笠木板金
工事内容
破風板・軒天部分補修
雨漏り修理
使用素材
木目調プリント板、ガルバリウム鋼板(笠木板金、壁雨押え板金)シーリング付きビス、集成材(ツバメ巣台)
築年数
35年
建坪
35坪
保証
1年
工事費用
22万円
施工事例

小美玉市で梅雨前に解消!和瓦谷部からの室内雨漏り補修工事完了

和瓦下ろし下地腐れ酷い状態
瓦葺き直し完了画像
工事内容
屋根葺き直し
雨漏り修理
使用素材
ラーチ合板12㎜・改質アスファルトルーフィング・谷板金(ガルバリウム製)・防腐処理瓦桟・谷板金クッション材
築年数
42
建坪
36坪
保証
1年
工事費用
15万円
施工事例

長寿命スレート屋根材グラッサで廃盤瓦を葺き替え完了 小美玉市

モニエル瓦の葺き替え前の小美玉市の屋根
小美玉市で葺き替えが完了したコロニアルグラッサ
工事内容
屋根葺き替え
外壁塗装
足場
使用素材
【屋根葺き替え工事】ケイミューコロニアルグラッサを使用 【外壁塗装】エスケープレミアムシリコン使用
築年数
築41年
建坪
保証
10年
工事費用
215.8万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

常陸太田市の現場の瓦屋根でラバ―ロックを解説

常陸太田市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。本日は、常陸太田市で着手した瓦屋根工事の様子をお伝えしますが、既存の瓦屋根に施されていたラバ―ロックの撤去に思わぬ苦戦をしいられました。瓦屋根住宅で、ラバ―ロックを施されているお客様は、...........

下屋根の上に載るベランダの解体に入る作業員

ひたちなか市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回はひたちなか市で着手した、瓦屋根の葺き直し工事現場の様子です。2月の地震後、瓦が地震で揺られ下地の防水シートに傷ついた事が起因と思われる雨漏り相談が多く、今現場も、地震で更に雨漏り...........

三角冠棟を調査する為、屋根に梯子を設置

今回は、桜川市の棟瓦の取り直し見積り依頼現場からの御報告です。当店のHPをご覧になり、メールで御相談を頂きました。太陽光メンテナンス業者さんから、棟瓦の下地が全体的に傷んでいるとの指摘を受けたので、棟瓦の補修をして頂ける屋根業者様を探してい...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391