オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

水戸市で室内雨漏被害で屋根裏まで調査!防水シートの破損が原因


水戸市内のお客様より、台風19号の後から、雨が強くなると階段を登り切った2階に付いている照明器具に雨が溜まるようになるようになったとの事で、早速調査にお伺いいたしました。
先ずは、お客様が仰っておられた雨が溜まる部分を確認させていただき、方角・壁からの位置を計測し、先ずは屋根の状況を確認させていただきました。
雨漏り上部屋根材下から撮影した画像
こちらのお客様の屋根はスレートと言う屋根材が使われています。
今年は台風15号・19号と2つの大型台風が関東に上陸し、雨漏りの出る被害状況の多くは、屋根に何らかの症状が出ています。
大きな屋根材の割れや捲れや浮きは認められませんでしたが、先端が黒ずんでいるのがわかります。
雨漏り上部を横から撮影した画像
これは、屋根材自体が捲れている現象で、雨漏りの原因にもなります。
雨の浸入状況により、施工内容は変わってくるので、お客様に状況をお話しし、室内から屋根裏の状況を確認させていただけるようお話をし、状況を確定をするため、次は屋根裏からの調査を開始します。

屋根裏から見た屋根材下の野地板の雨染み一枚目
小屋裏には電気の配線も多く通っており、電気と雨は漏電の原因にもなる為早急の発見が必要です。
屋根裏から見た屋根材下の野地板の雨染み一枚目
屋根裏に登る為の点検口の設置はありませんでしたが、幸いな事に押し入れ上部の天板が開き、入る事ができました。
良かったです。
屋根裏から見た屋根材下の野地板の雨染み一枚目
ここですねー。
下地の野地板に雨染みを発見!ここが雨漏りの原因です。
カバーはしてあるものの下にあるプラスチックに覆われているのは、電気の通電部分です。
とても心配です。
IMG_6254
屋根工事に携わる者の秘密兵器!一般のご家庭にはなかなかない、業務用の5000ルーメンの明るさを持つ専用の照射ライトをあててみると、現在雨漏れしている部分を中心に、広範囲に広がっているのがわかります。
2日前にも短時間に強い雨が降ったせいでしょうか、野地板を触ってみると、湿気が残っており屋根からの雨漏り箇所で間違いないと診断します。
屋根材の下に、この雨漏り染みのある野地板があるわけではなく、屋根材とこの野地板の間に、防水シートが設置されています。

防水シート(ルーフィング)画像
この画像で説明すると、『ゴムアス』と写っているものが、防水シート(ルーフィング)と言われるものです。
名前のごとく、水を防ぐ為の材料で、通常はこの上に屋根材が施工してあるので、普段は見えない部分です。
下から、野地板・防水シート・屋根材で屋根は作られているのが一般的なので、見方を変えた説明をすると、屋根材がなくとも防水シートがしっかりしていれば、野地板に雨がまわる廻る事もなく雨漏りする事もありません。
屋根裏の調査で診断の結果をお伝えすると、下地である野地板まで雨漏りの跡があるので、屋根材の補修だけでは収まらず、屋根材の下地であるルーフィングの補修や交換が急務であり施工内容としては屋根の葺き替えか屋根カバー工法による施工が必要です。
雨漏りがあり緊急性が高く迅速な対応が必要でした。
お客様の希望もあり、翌日ご主人様のお帰りの時間に、屋根の葺き替え工事と屋根のカバー工法の2種類の見積書を提出させていただきました。
ご主人様奥様同席のもと、3人で施工方法をお打合せ。
『どちらの施工内容が良いの?予算も相談に乗ってほしい』と言う奥様からのご要望!
雨漏りは緊急性が高いものの、お客様からは思わぬ出費であることは、私も家族を持つものとして痛いほどわかります。

屋根材の撤去まで行う屋根葺き替え工事は既存の屋根材を撤去し廃材処分費も必要となりますので、葺き替え工事ではなく屋根カバー工法の施工方法を細かくご説明しご提案させていただきご契約いただきました。
お客様は早急の工事開始のご要望です。
ここからが本当の我々の職務です。
最後まで、迅速・丁寧に責任をもって対応させていただきます。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

水戸市での屋根カバー工法はガルバリウム鋼板GMルーフ仕上げ

水戸市のスレート屋根は先端に雨染み
2階の屋根をガルバリウム鋼板でリフォームした水戸市の屋根
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
GMルーフ220、改質アスファルトルーフィング、樹脂製貫板、シーリングパッキンビス
築年数
25年
建坪
約35坪
保証
10年
工事費用
116.6万円
施工事例

結城市で廃盤屋根材であるカラーベストアーバニーへGL重ね葺き

アーバニー屋根材が破損して脱落している結城市の現場屋根
結城市の定尺ガルバリウム屋根材で重ね葺きが完了した結城市の現場屋根
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
火災保険
使用素材
GLカラー(ガルバリウム)T2ワイド220・粘着防水シートタディスセルフ
築年数
25年
建坪
保証
10年
工事費用
112.2万円
施工事例

ひたちなか市でパミール屋根をガルバリウムカバー工法し不安解消

茶錆が出ているパミール屋根
ガルバリウム鋼板のカバー工法で施工したひたちなか市の屋根
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
棟板金交換
使用素材
防水シート:タディスセルフカバー、屋根材:ガルバリウム鋼板T₂ワイド220
築年数
20年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
117.7万円

同じ地域の施工事例

施工事例

水戸市での屋根カバー工法はガルバリウム鋼板GMルーフ仕上げ

水戸市のスレート屋根は先端に雨染み
2階の屋根をガルバリウム鋼板でリフォームした水戸市の屋根
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
GMルーフ220、改質アスファルトルーフィング、樹脂製貫板、シーリングパッキンビス
築年数
25年
建坪
約35坪
保証
10年
工事費用
116.6万円
施工事例

水戸市の瓦屋根修繕工事が完了!もう雨漏りの心配はいりません

15
16
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
七寸丸瓦・強化棟金具・なんばん漆喰・ガルバリウム製谷板金・谷シーラー・その他
築年数
45年
建坪
保証
3年
工事費用
67.1万円
施工事例

水戸市の波トタン屋根の雨漏り修理は野地板ベニヤからのやり直し

水戸市でのトタン屋根葺き替え依頼のお家は母屋に併設するトタン屋根の建物
水戸市の棟から撮影した波トタン画像
工事内容
屋根葺き替え
棟板金交換
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板製 波トタン、改質アスファルトルーフィング、針葉樹合板、棟包み、防腐処理貫板
築年数
45年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
56万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根リフォーム依頼のあった調査対象屋根のパミール

今回は、筑西市のお客様からの屋根リフォーム見積り依頼です。筑西市の現場屋根材は、調査の結果、塗装できないニチハ社製のパミールと言う平板スレート材である事が判明しました。屋根材や屋根下地によっても施工法が異なるのが屋根リフォームです。詳しく解...........

屋根工事の風景を実際の現場で撮影した画像

茨城県日立市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回は、今年に入り屋根リフォームや屋根工事の相談が増えた日立市の皆様へ、屋根リフォーム工事に特化した内容で解説して行きたいと思います。日立市のお客様のみならず、茨城県内で屋根リフォーム...........

屋根上で作業する職人を地上から撮影

茨城県の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。水戸市で行っているリフォーム中の屋根工事は、スレート屋根へガルバリウム鋼板でカバーし、屋根役物と言われる屋根頭頂部の棟板金施工や、これからの寒波に備えた雪止め施工を本日は行っていきます。前日...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391