オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

日立市で地震での屋根瓦破損と台風による漆喰の剥がれを同時調査


日立市のお客様より、地震や台風等で屋根瓦が破損してしまったとのご連絡をいただきました。

去年の台風15号や19号で茨城県内、特に県北は記録的な大雨が続き甚大な被害を受けました。
浸水以外に屋根が破損した家屋もかなり多いため、早速調査に伺いました。
外れかけた鬼瓦
大棟が傾き、隅棟にも破損が見られます。
引っかかっている状態の鬼瓦
鬼瓦も外れ、銅線で引っ掛かっている状態です。
鬼瓦は和式の建物の棟の端などに設置される板状の瓦の総称です。
通常は漆喰でしっかり固定されていますが、台風や劣化により漆喰が剥がれてしまうと傾きや浮きが始まり、欠落の危険も高まってきます。
瓦の端部や繋ぎ目を覆い、雨漏りを防ぐ大切な役割を持っている一方で、破損したまま放置した場合、棟の内部に雨水がしみ込み雨漏りの原因にもなります。


隅棟の銅線が切れそう
棟の銅線
鬼瓦は辛うじて銅線で引っ掛かっている状態でしたが、大棟と隅棟の銅線は切れている箇所が複数見られました。
棟には熨斗瓦・冠瓦・鬼瓦が使用されており、棟の内部の葺き土を含め全部を束ねているのが銅線です。
いくつも巻き付け飛散を防止していていますが、銅線が切れてしまうと棟全体に歪みが生じ、瓦の倒壊や落下の危険が出てきます。
台風シーズンを迎えた際に飛散するおそれもあるため、速やかな補修が必要ですね。
棟漆喰がほとんど欠落
棟漆喰が剥がれ葺き土が露出
棟の下部分は本来白い漆喰で覆われているはずですが、大半が剥がれ落ちてしまい、中の葺き土が露出している状態です。
熨斗瓦を支える葺き土自体も強い風雨に晒され、所々に崩れや隙間が見られます。
土台となる葺き土と漆喰がもろくなった影響で銅線が緩み、棟全体の歪みや破損につながってしまいました。
今回、ご主人が一番懸念されていたところが平瓦です。
地上から見ても、南側の屋根を中心に被害箇所が広がっていました。
平瓦の割れとずれ
複数枚の平瓦が破損しており、応急処置として養生テープて止めています。
軒瓦の破損
軒先に使用される軒瓦も飛散してしまい、下地部分が丸見えになっています。
実は東日本大震災の際に、すでに瓦に被害が出ていました。
しかし簡易的な補修のみを行い、以降はだましだまし生活をされていたとのこと。
ゲリラ豪雨に見舞われ大型台風が接近する度に、ご家族は「今度こそ家が壊れるかもしれない・・!」と常に不安を抱えていました。
今回の15号と19号の台風により、地震で被災した時よりもさらに屋根の破損はひどくなってしまいました。
ご主人も奥様もベランダに出る度に嫌でも壊れた瓦が目に入ってしまい、早くどうにかしなければ・・と思い悩んでいらしたそうです。
剥がれた漆喰が溜まった雨樋
剥がれた漆喰や葺き土が雨樋に溜まり、部分的に詰まっている状態です。
雨樋外曲がり破損
「曲がり」と呼ばれる雨樋のコーナー部分が完全に破損しています。
雨樋も確認したところ、屋根の漆喰や葺き土が溜まっている箇所が多く見られました。
さらにコーナー部分の「曲がり」も完全に破損してしまい、役目を果たしていない状況です。

降雨の少ない冬場に補修を済ませたいとのご要望もあり、早急にお見積りを出させていただきました。
ホワイトボードで破損箇所の位置確認
ちらりと写っていた小型のホワイトボード。

こちらは破損箇所の位置関係を確認する際に使用しています。
単に写真を撮るだけではなく、図面も作成してスタッフ間で情報の共有化を図っています。
担当者が不在の時でもお客様にご迷惑をおかけしない!常に心掛けていることです。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

結城市で廃盤屋根材であるカラーベストアーバニーへGL重ね葺き

アーバニー屋根材が破損して脱落している結城市の現場屋根
結城市の定尺ガルバリウム屋根材で重ね葺きが完了した結城市の現場屋根
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
火災保険
使用素材
GLカラー(ガルバリウム)T2ワイド220・粘着防水シートタディスセルフ
築年数
25年
建坪
保証
10年
工事費用
112.2万円
施工事例

常陸太田市での雨漏り改修工事が完了!入母屋玄関の屋根工事編!

雨漏り改修工事前の入母屋屋根の谷板金周辺
谷板金を交換し葺き直しされた入母屋玄関屋根
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
捨て板金(ガルバリウム製)・谷板金(ガルバリウム製)・谷シーラー・なんばんしっくい
築年数
築40年程
建坪
保証
1年
工事費用
18.7万円
施工事例

ひたちなか市でパミール屋根をガルバリウムカバー工法し不安解消

茶錆が出ているパミール屋根
ガルバリウム鋼板のカバー工法で施工したひたちなか市の屋根
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
棟板金交換
使用素材
防水シート:タディスセルフカバー、屋根材:ガルバリウム鋼板T₂ワイド220
築年数
20年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
117.7万円

同じ地域の施工事例

施工事例

日立市での老朽化した瓦棒屋根をMSタフビーム333で葺き替え

屋根葺き替え前の劣化が進んだ瓦棒屋根
MSタフビームで屋根葺き替え工事が完了した画像
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
月星カラーGL鋼板MSタフビーム333、針葉樹合板、改質アスファルトルーフィング
築年数
40年
建坪
25坪
保証
10年
工事費用
67.1万円
施工事例

日立市での屋根カバー工法で雨漏り原因の経年劣化を解消しました

日立市の縦葺き屋根の全体画像
屋根カバー工法が完成しました
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
MSタフカバー、タフカバー用タイトフレーム、ゴムアス防水シート、エプロン面戸、ベランダ床材(ビューステージ)
築年数
約40年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
99.2万円
施工事例

日立市での雨漏り修理は瓦棒トタン屋根の棟板金交換で台風も安心

日立市の雨漏り現場の棟板金現場調査時
日立市の雨漏り現場の棟板金の三つ又部にコーキングで雨仕舞い
工事内容
棟板金交換
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム製棟包み・防腐処理貫板・ゴムワッシャー付きビス「ダンパ」 施工m数/約20m
築年数
40年
建坪
約40坪
保証
1年
工事費用
12.7万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根リフォーム依頼のあった調査対象屋根のパミール

今回は、筑西市のお客様からの屋根リフォーム見積り依頼です。筑西市の現場屋根材は、調査の結果、塗装できないニチハ社製のパミールと言う平板スレート材である事が判明しました。屋根材や屋根下地によっても施工法が異なるのが屋根リフォームです。詳しく解...........

腰葺き屋根銅板葺き替え工事

常陸太田市で屋根工事をご検討のお客様へ、今回は屋根修理関連の施工事例をご紹介させていただきます。ここ半年ほど、常陸太田市にお住いの方より屋根に関するご相談が増えてまいりました。ご参考になればと思い、施工前と施工後の比較と気になる料金も併せて...........

棟板金の釘が抜けて変形している

ひたちなか市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回のひたちなか市の現場は雨樋交換の現場ですが、私達が気になったのはご契約内容には無い屋根の棟板金の釘浮きです。屋根業者として見て見ぬふりは出来ません。お客様に事前に了解をいただき、お...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391