オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

日立市での問合せは以前書いたブログと同様の縦葺き屋根の雨漏り


こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。
先日、日立市で瓦棒屋根を嵌合立平葺き(かんごうたてひらぶき)金属屋根へ屋根リフォーム行ったブログを、今回お問い合わせを頂いたお客様が閲覧して頂き、お問い合せを頂きました。
「この間ブログで拝見したのですが、日立市の縦葺き屋根のリフォームしましたよね?同じ縦葺き屋根なんだけど、雨漏りがあるから無料点検お願いします。」との内容です。

天井裏調査で判明した複数の雨漏り痕

日立市の縦葺き屋根雨漏り調査時に発見された雨染み
日立市の縦葺き屋根雨漏り調査時に発見された梁に付いた雨染み
当社では、雨漏り調査を室内外で行ない判明させますが、天井裏から調査を進めていくと複数の雨漏り痕が発見出来ました。
地回り(じまわり)と言われる材木で1尺2寸(約36㎝)の大きな梁(横架材)に雨染みが確認できます。
また、天井板にも複数の雨漏り痕がありましたので、外部のどの位置から雨水が浸入しているかを外部からも確認します。

棟包みが無い縦葺き屋根の棟折り曲げ加工

日立市の縦葺き屋根は棟折り曲げ加工の縦葺き屋根
日立市の縦葺き屋根の全体画像
先日、日立市で工事を終えたばかりの屋根と同じ縦葺き屋根で、棟包みが付いていない縦葺き屋根の現場調査になります。
屋根の頂点に位置する棟は、折り曲げ加工されていますが、金属は折り曲げると強度が落ちていく性質がある為、雨漏りが発生しお客様ご自身で補修されていました。
ピンポイントで雨漏り補修がされておりましたが、補修した材料が劣化し、最近は雨漏りが再発しプロによる雨漏り補修をご検討されたようです。

雨漏り起きている箇所の特定

日立市の縦葺き屋根の棟をお客様が補修した痕
日立市の縦葺き屋根の棟をゴムとコーキングで補修
こちらの画像が折り曲げ加工されていない棟ですが、コーキングとゴムの様な物で雨漏りの補修がされているも、ゴムとコーキングの劣化により雨漏りが再発です。
雨漏りを特定させる事は非常に難しく、経験や知識が無い為に間違った補修を行なってしまい、雨漏りが止まらない事も多々あります。
当社では、雨漏り箇所の特定が困難な場合は、散水試験等を行いながら雨漏り調査を進めていき、雨漏り箇所の特定をほぼ確定させてから、工事内容を提案しています。

後付けベランダの縦葺き屋根から雨漏り

日立市の縦葺き屋根の上に設置された後付けベランダ
後付けベランダ 
日立市の縦葺き屋根の上に設置された後付けベランダ下
ベランダ下の縦葺き屋根
天井裏からの雨漏り調査で判明した箇所は、この画像にある後付けベランダの下にある縦葺き屋根の壁の取り合い部と判明しました。
屋根と壁の取り合いで雨漏りしないよう設置されている「雨押え」からの雨漏りは、後付けベランダの骨組みが、雨押えに乗ってしまっているのも原因の一つと考えます。
ベランダ下の開口が狭く作業する事が困難な為、この場所の雨漏り補修工事はベランダの脱着が必要になります。

後付けアルミベランダの取り外しは可能??

日立市の縦葺き屋根の上に設置された後付けベランダ下を調査する
幸いにも、日立市の後付けアルミベランダは取り外しが可能です。
稀に、脱着が難しい商品もありますが、今回の日立市の縦葺き屋根に設置されている商品は、手前に出ている柱が生コン固定されている一本物の柱です。
脱着の費用は掛かりますが、柱にジョイントもあるので、繋いである柱の解体も行う事ができそうなので、多少ホッとしました。

まとめ

日立市の縦葺き屋根の上を点検する街の屋根やさん水戸店のスタッフ
日立市の縦葺き屋根の塗装が劣化している様子
日立市の縦葺き屋根は、雨漏りが起きていて劣化等も進んでいますので、縦葺き屋根のカバー工法でご提案したいとお客様にお伝え致しました。
カバー工法とは、既存の屋根の上に屋根を設置する方法で、既存屋根の処分や解体時に発生するゴミ等が出ない為、お財布にも優しい工法になっています。
※瓦屋根などカバー工法が出来ない屋根もありますので、ご注意下さい。
屋根の状況や屋根下地の状況によってもご提案は変わってきます。これから本格的な台風シーズンですので、屋根に不具合を感じられているお客様は、早めにお手入れを検討して下さい。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

結城市で廃盤屋根材であるカラーベストアーバニーへGL重ね葺き

アーバニー屋根材が破損して脱落している結城市の現場屋根
結城市の定尺ガルバリウム屋根材で重ね葺きが完了した結城市の現場屋根
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
火災保険
使用素材
GLカラー(ガルバリウム)T2ワイド220・粘着防水シートタディスセルフ
築年数
25年
建坪
保証
10年
工事費用
112.2万円
施工事例

ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換

四枚のカーポート屋根材が春の嵐により飛散し無くなっている
ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換の交換工事完了
工事内容
屋根補修工事
その他の工事
使用素材
ポリカーボネートパネル3㎜×4(ブルースモーク色) アーチカバー押さえ材交換(1) 棟キャップ交換(1)
築年数
20年
建坪
保証
1年
工事費用
8.9万円
施工事例

常陸太田市での太陽光スレート屋根の劣化症状はカバー工法で解決

常陸太田市で太陽光が外されたスレート屋根パミール
カバー工事が完了した切り妻屋根
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
使用素材
防水シート:タディスセルフカバー、屋根材:ガルバリウム鋼板T₂ワイド220
築年数
15年
建坪
30坪
保証
10年
工事費用
108.9万円

同じ地域の施工事例

施工事例

日立市での切り妻屋根工事は脱落寸前の巴瓦を強化棟で7寸丸被せ

屋根修理前の状態の日立市の瓦屋根
日立市の瓦屋根は棟の取り直しが完了です
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
耐震棟金具、樹脂製棟垂木、なんばん、7寸丸瓦(銀黒)、防水パッキン付きビス
築年数
約40年
建坪
約30
保証
3年
工事費用
15.4万円
施工事例

日立市での老朽化した瓦棒屋根をMSタフビーム333で葺き替え

屋根葺き替え前の劣化が進んだ瓦棒屋根
MSタフビームで屋根葺き替え工事が完了した画像
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
月星カラーGL鋼板MSタフビーム333、針葉樹合板、改質アスファルトルーフィング
築年数
40年
建坪
25坪
保証
10年
工事費用
67.1万円
施工事例

日立市での屋根カバー工法で雨漏り原因の経年劣化を解消しました

日立市の縦葺き屋根の全体画像
屋根カバー工法が完成しました
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
MSタフカバー、タフカバー用タイトフレーム、ゴムアス防水シート、エプロン面戸、ベランダ床材(ビューステージ)
築年数
約40年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
99.2万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨漏り被害のある増築した作業小屋

鉾田市で作業小屋のトタン屋根に雨漏りしているとの御相談があり現地調査に行ってまいりました。お客様からのお問い合わせ内容『三年ほど前に増築した野菜の出荷用作業小屋のトタン屋根が雨漏りしている。自分で応急処置をし少し収まったが、機械があるのでと...........

築26年目の屋根リフォームを検討されている日立市の住宅

日立市のお客様より、屋根リフォームのお見積もり依頼があり計測を兼ねて現場調査に行ってまいりました。【日立市の屋根リフォーム見積もり依頼の現場詳細】築年数 : 築26年屋根材 : コロニアル屋根形状 : 複合屋根建坪 : 約35坪

雨漏りしている室内天井画像をバックに雨漏り調査についてのタイトルバック

ひたちなか市の皆様へ、当店の雨漏り調査について解説して行きます。街の屋根やさん水戸店は、ひたちなか市を含む茨城県内全域で雨漏り調査を無料で行っており、毎年沢山のお客様から雨漏り調査の御依頼があります。雨漏りの発生原因で一番多いのは屋根の不具...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391