オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

茨城町での屋根葺き替え工事は防災平板瓦を使用して瓦全数釘打ち


茨城町の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。
先日から茨城町で行なわれている屋根工事は、セメント瓦屋根から防災平板瓦に葺き替えを行なっていきます。
使用する瓦は、(株)鶴弥社のスーパートライという防災平板瓦です。この平板瓦は、日本でトップシェアを誇る桟瓦です。
どのように屋根の葺き替え行なっていくのかを、ブログにてご説明していきます。

屋根葺き替え前の現況

下屋根のセメント瓦屋根が崩れ、銀色のシートが掛けられている
防災平板瓦で屋根葺き替えをする1階の下屋根
こちらの屋根は、昨年の台風の影響で2階から飛散した瓦により、1階の下屋根の瓦にまで被害が及んでしまった屋根です。
お客様自身で応急処置としてシートを被せていますが、強風雨時には室内の雨漏りが起きている状態でした。この部分は下地からの葺き替えが必要です。
廃盤品であるセメント瓦を使用している為、瓦の差し替えが出来ないので防災平板瓦での葺き替えとなりました。

既存屋根の解体です

144-columns2
瓦を剥いて清掃しています
屋根葺き替えの際は雨樋の清掃はセットです
屋根葺き替えの際は雨樋の清掃はセットです
防災平板瓦への葺き替えを行なう為に、既存セメント瓦を剥いていきます。
瓦の下には、ホコリや葉っぱなどが入っていますので、既存の瓦の撤去と清掃を同時並行で行ないます。既存のセメント瓦は、瓦桟を使用せず釘留め施工されていますので、撤去には思いの他、時間がかかりました。
また、瓦を剥いた際に出るホコリなどが、雨樋の中に大量に入る為、雨樋の清掃は屋根葺き替えの際に、当社ではセットで行なっていきます。

屋根下地を増し貼りして強度アップさせます

屋根下地の傷みがあるのでラーチ合板を増し貼り
屋根下地に傷みがあるのでラーチ合板を増し貼り
ピンクの線はラーチ合板に釘を打つ印です
ピンクの線はラーチ合板に釘を打つ印です
雨漏りがおきていた為、下地のザラ板に傷みがありました。その為ラーチ合板12㎜(下地合板)を貼り、強度をもたせてから防災平板瓦で葺き替えていきます。
ラーチ合板を貼る事により、下地も平らになるので防災平板瓦を葺く際にも施工がしやすいといったメリットも生まれます。まさに一石二鳥です!!
ラーチ合板にピンクの線が付いていますが、この線はラーチ合板に釘を打つ際の印になります。より強度を出すためには下地のある所に釘打ちをしなければなりません。

防水シート貼りは最も大事な工程です

ポリエチレン製の防水シート
ポリエチレン製の防水シート
防水シートを貼っています
防水シートを貼っています
今回茨城町の屋根葺き替えに使用する防水シートはREVO2という商品です。
ポリエチレン製なので経年変化が少なく、柔軟性もあり耐寒性・耐薬品性などにも非常に強いプラスチックの防水シートになります。
黒い縦線がありますが、この線は瓦桟を打った際に防水シートと瓦桟の間に隙間が生まれる為、屋根材から浸入した雨水を瓦桟で塞き止める事無く排水してくれます。
このREVO2は、瓦桟を使用する瓦屋根では最も優れた防水シートになります。

防災平板瓦の瓦桟は樹脂製なので安心です

樹脂製の瓦桟を取り付けいています
樹脂製の瓦桟を取り付けいています
屋根の形状に合わせ取付けられた瓦桟
屋根の形状に合わせ取付けられた瓦桟
茨城町の屋根葺き替えで使用されている樹脂製の瓦桟は、雨水の浸入などで腐食しないので、昨今、全国的に使用されるようになった瓦桟です。
防災平板瓦の屋根葺き替えは、引っ掛け桟葺き工法と言われる工法で、この瓦桟に桟瓦を引っ掛け、瓦の全数に釘を打ち固定します。
一昔前の瓦固定方法は、2~3枚に1本釘が留めてある程度でしたが、国土交通省で台風や地震による屋根瓦の飛散や落下を防ぐため、これからの新築住宅では瓦屋根の全ての瓦を釘などでの固定が義務化されたので、既存の屋根葺き替えでも同様に施工します。
ガイドライン工法の下地作りです
ガイドライン工法の下地作りです
谷板金の取り付けを行なっています
谷板金の取り付けを行なっています
こちらの防災平板瓦の屋根葺き替え工事の降り棟も、ガイドライン工法で行ないますので、水糸を張り基準を出し、地震にも強い棟金具を取付けていきます。
併せて、下屋根には屋根の谷があるので、谷板金を取付けていきますが、谷板金の下の防水シートは、雨漏り対策として2重に貼る対策を施してあります。
雨漏り事例が多い屋根の棟と谷は、防水シートを2重に貼り、雨漏り対策を施すのは当社の規定となっております。

防災平板瓦の瓦全数釘打ち

軒先の防災平板瓦を瓦全数釘打ち
軒先の防災平板瓦を瓦全数釘打ち
屋根の葺き替えは順調に行なわれています
屋根の葺き替えは順調に行なわれています
茨城町で行なわれている屋根の葺き替え工事は、防災平板瓦を葺く工程となりました。
この防災瓦は、左右にツメがありガッチリと固定されますが、釘留めは必須の作業です。左右の爪が瓦桟で固定され、更に釘留めされるのでズレることはありません。
葺き替え時の下地に使用する瓦桟や、棟のガイドラインで使用される垂木も樹脂製で腐食も無い為、今現在での瓦屋根の施工方法として強い施工方法です。

まとめ

防災平板瓦で葺かれた平部
防災平板瓦で葺かれた平部
もう少しで平部の瓦葺きが終わります
もう少しで平部の瓦葺きが終わります
茨城町で行なわれている屋根の葺き替え工事は、あと1日で完了となります。
平部の施工が終わり次第棟のガイドライン工法と、葺き留めのなんばん詰めなどまだまだ沢山の工程が残っています。
明日も天気が良いとの予報で、工事が順調に行なわれる事と思いますので、工事の様子を再度ブログにてご報告させて頂きます。

屋根修理や屋根工事は街の屋根やさん水戸店へ

屋根の葺き替え工事は、お客様の屋根の状況にてご提案方法が変わってきます。経験値のあるプロにお任せ頂ければ、最適なご提案をさせて頂きます!!
『屋根葺き替え』『屋根葺き直し』『ガイドライン工法』をご検討のお客様は、一度、街の屋根やさんへご相談下さい。お客様の立場に立ったご提案を致します。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

水戸市の波トタン屋根の雨漏り修理は野地板ベニヤからのやり直し

水戸市でのトタン屋根葺き替え依頼のお家は母屋に併設するトタン屋根の建物
水戸市の棟から撮影した波トタン画像
工事内容
屋根葺き替え
棟板金交換
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板製 波トタン、改質アスファルトルーフィング、針葉樹合板、棟包み、防腐処理貫板
築年数
45年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
56万円
施工事例

日立市での老朽化した瓦棒屋根をMSタフビーム333で葺き替え

屋根葺き替え前の劣化が進んだ瓦棒屋根
MSタフビームで屋根葺き替え工事が完了した画像
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
月星カラーGL鋼板MSタフビーム333、針葉樹合板、改質アスファルトルーフィング
築年数
40年
建坪
25坪
保証
10年
工事費用
67.1万円
施工事例

石岡市でセメント瓦屋根からガルバリウム鋼板屋根に葺き替え工事

屋根に登り瓦下を覗き込む作業員
石岡市ガルバリウム鋼板クランク棟板金
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
火災保険
使用素材
【葺き直し】改質アスファルトルーフイング・月星カラーGL鋼板
築年数
35年
建坪
28坪
保証
10年
工事費用
90.2万円

同じ地域の施工事例

施工事例

茨城町の前業者による手抜き施工は集水器取付けにて雨樋補修完了

雨樋補修前の茨城町の雨樋
きれいに補修し直された雨樋
工事内容
雨樋交換
使用素材
Panasonic新集水器・エルボ・Pマス・竪樋
築年数
築35年
建坪
保証
1年
工事費用
8,800円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根リフォーム依頼のあった調査対象屋根のパミール

今回は、筑西市のお客様からの屋根リフォーム見積り依頼です。筑西市の現場屋根材は、調査の結果、塗装できないニチハ社製のパミールと言う平板スレート材である事が判明しました。屋根材や屋根下地によっても施工法が異なるのが屋根リフォームです。詳しく解...........

屋根工事の風景を実際の現場で撮影した画像

茨城県日立市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回は、今年に入り屋根リフォームや屋根工事の相談が増えた日立市の皆様へ、屋根リフォーム工事に特化した内容で解説して行きたいと思います。日立市のお客様のみならず、茨城県内で屋根リフォーム...........

足場架設を行う前の茨城町の現場風景

茨城町の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。来週から始まる茨城町での屋根工事(葺き替え・葺き直し・棟ガイドライン工法)を前に、仮設足場を設置します。屋根工事を行う当該現場には、民間駐車場が隣接しているため、近隣駐車車両に屋根材の落下や...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391