オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

笠間市で雨漏り修理をお考えのお客様へ


笠間市で雨漏り修理をご検討のお客様!

「天井や壁に染みがある・・もしかして雨漏り!?」
「どうにかしたいけど・・一体どこから?原因は?」

雨が少ないこの時期でも、雨漏りでお悩みの方は多いのではないでしょうか?
今回は雨漏りの原因と屋根の修理方法についてご案内いたします。

笠間市で雨漏り修理をご検討のお客様
雨の浸水は、屋根や外壁といったあらゆる箇所から浸入して発生します。

初期症状では気付かない方が大半で、天井や壁などに雨染みができ、
気付く事が多くなっています。

雨漏りの原因は様々ですので、当社で施工をさせて頂いた事例を元に
解説して行きますので、雨漏りにお困りのお客様は参考にして下さい(^_^)b

代表的な雨漏り原因5選

屋根
屋根材や防水シートの寿命 災害等による破損・ズレ・浮き・反り・ひび割れ 棟板金の釘の緩み 破風板や漆喰の破損
外壁
ひび割れ(幅3㎜以上は要注意!) コーキングやパテ材の劣化
ベランダ
排水口の詰まり・劣化 床面防水層の割れ 笠木(手すり)の破損 
雨樋
災害による破損 季節気候による変形 ゴミや木の葉等の詰まり 
窓枠・サッシ
コーキングの不具合・劣化 防水処理の不備 周辺外壁のひび割れ 

屋根から発生する雨漏り

屋根破損による雨漏り
雨漏りが発生する原因は様々ですが、特に多くなっている箇所は、
ダントツで屋根からの雨漏りです

屋根は住宅の傘の様な役割をし、雨風から常に皆様を守ってくれています。
昨今では、巨大化する台風の影響などで自然災害も多く発生し、
屋根材や工事方法が進化している現在でも雨漏りの原因トップは屋根です。

ここからは雨漏りの原因・修理方法・修理費用のご紹介をしていきます(^_^)/

台風の影響で雨漏りが発生した事例

屋根工事前のグチャグチャに崩れたセメント瓦屋根
2階より1階に脱落した瓦

年々巨大化する大型台風の影響で、2階の棟瓦や桟瓦の大半が倒壊し、脱落した瓦が1階の屋根を直撃した現場です。

1階の下屋を広範囲で破損させ、雨漏りの原因となりました。
このまま放置すると被害が拡大がする恐れがあり早急な対応が必要だった現場です。

天井に広がった雨漏り跡
天井に広がった雨染み

こちらの現場は、1階下屋と壁の取り合い箇所から発生した雨漏り被害です。

普段の雨では雨漏りになりませんが、風雨の際には雨水が浸入し、廊下の天井から雨漏りが発生していました。

天井材は剥がれ落ち、駆体部まで雨水の浸入していた為、お客様はとてもお困りでした。

破損した棟板金と谷面戸漆喰脱落による雨漏り

瓦棒屋根棟板金浮き
瓦棒葺きトタン屋根の棟板金の釘抜け

瓦棒葺きトタン屋根の棟板金です。
屋根の頂点の継ぎ目を覆い雨水の侵入を
防ぐ役割を持っていますが、釘が抜け
落ち全体的に浮いた状態で、固定力を
保つことができません。

谷瓦漆喰崩れ雨漏り
漆喰と葺き土が崩れ下地が見える谷瓦

屋根の谷部に使用される谷瓦の漆喰が
崩れてしまい、下地にまで雨水が
吹き込み腐食が進んでいます。
構造上雨水が集中しやすく、雨漏りの
発生頻度が非常に高い部分です。

屋根の最重要部!防水シートの役割

防水シートは雨漏りを防ぐ為の最後の砦です

屋根の構造は屋根下地と屋根材によって構成されており
一番下:屋根下地である野地板
二番目:防水性を備えた防水シート
表層部:お客様の選択された屋根材
の順で構成されています。

雨は、屋根材の下に入り込む事もあり、その時に役立つのが防水シートです
では、この防水シートが劣化や不具合を起していたらどうでしょう??
耐久年数を超え劣化したアスファルトルーフィング
セキスイかわらUのアスファルトルーフィング
瓦棒屋根防水シートがボロボロ
全く役目を果たしていない防水シート
一般的には屋根材の下には防水シートが敷かれ、雨仕舞い対策
施されています。

商品にもよりますが、防水シートの耐用年数は10年~20年です。

屋根材のメンテナンスも大切ですが、屋根の葺き替え・屋根の葺き直し・
屋根リフォーム時には、防水シートの交換も同時に行うのがベストです。

雨漏りの軽微な修理方法

コーキング等による雨漏りの微補修工事

軽微な補修工事で多く使われているコーキング(シーリング)で
DIY補修されている事もありますが、雨漏りの再発に繋がるケースもあります。

コーキングでの雨仕舞いは、閉塞部する事で雨水の流れを変えてしまい、
他部からの雨漏りなどを引き起こしてしまう場合があるので注意が必要です。

雨漏り修理は、信頼できる屋根の専門業者に任せた方がいいでしょう!

before1
雨漏りの浸入口が2箇所
horizontal
after1
マスキングテープ養生を剥がした

漆喰を使用した雨漏り修理方法

屋根漆喰の補修工事は現状の漆喰の状態での判断になりますが、
下記のような2パターンが主な漆喰工事方法になります。

漆喰の詰め直し工事
雨水の浸入や経年劣化による剥離などは、雨漏りの危険性があります。
下地となる内部の葺き土を整え、新しい漆喰を塗り込んでいきます。

棟瓦取り直し工事
既存の棟を一度撤去し、なんばんや漆喰や詰め直した後、再度、棟瓦を積み上
げていきます。棟崩れの危険がある場合の修理方法です。
※昨今は大型台風の被害や地震被害にも強い
ガイドライン工法を用いて施工が行われております。

before1
棟漆喰崩れ雨漏り修理
horizontal
after1
棟漆喰雨漏り修理完了
漆喰の剥がれ・漆喰の一部落下にはご注意を!!

棟板金の不具合による雨漏り修理

強風などによる釘抜け・釘浮き!板金飛散被害の多い棟板金。

板金の熱伸縮や、強風による影響で起こるのが釘抜けや釘浮きです。
留め具の不具合は固定力を低下させてしまい、棟板金事態に浮きが生じると
下地である貫板が腐食すると棟板金の飛散に繋がります。

釘抜けや釘浮きの際には、留め具の増し打ちや再釘打ちも可能ですが、
下地の貫板の状態によっての判断になります。
※棟板金を交換修理する場合は、必ず下地である貫板から交換を行い
腐食の心配がない樹脂製貫板へ交換するようにすると安心です。

before1
棟板金破損雨漏り
horizontal
after1
棟板金交換雨漏り修理
click⤴「棟板金のトラブル動画」もありますのでよろしければご参考にどうぞ!

屋根葺き替えで根本的な解決!雨漏り修理

続いては、屋根の葺き替え工事です。

屋根の葺き替え工事は、屋根の下地である野地板から交換していく
屋根の全面改修工事になります。

屋根の下地(野地板や防水シート)から新しくなりますので
新築時と同じ屋根の状況なり、雨漏りとは無縁の屋根になります( ^o^)ノ
★屋根の定期的な検診やメンテナンスは必要です(10年に1度程度)★

before1
ニエル瓦屋根葺き替え工事前
horizontal
after1
小美玉市で夕日に映えるコロニアルグラッサ
click⤴「地震に強い屋根」もご紹介していますのでご興味のある方はどうぞ!

屋根カバー工法で安心!雨漏り修理

屋根カバー工法は、既存屋根に新しい屋根材を重ね葺きする方法です。

主にスレート屋根・金属屋根・折板屋根に行えるのがカバー工法です。
屋根の野地板が使用できる場合のみ可能な工法で、使用される屋根材は
ガルバリウム鋼板屋根材となります。

屋根全体を覆うカバー工法は、葺き替え工事と比べ既存屋根の解体や
処分費用が発生しないなどのメリットがあります。
また、工事期間も短くなるので、昨今では人気の屋根工事法です。
※カバー工法は、瓦屋根には使用出来ないのでご注意下さい※

before1
スレート屋根カバー工法施工前
horizontal
after1
スレート屋根カバー工法施工後
click⤴「マンガで解決!」分かりやすく説明しています!

街の屋根やさん水戸での平均雨漏り修理費用

コーキング等による軽微な雨漏り修理
(補修m数による変動)¥8,000~
板金などで雨仕舞いをする雨漏り修理
(m数・㎡数により変動)¥35,000~¥100,000
屋根の下地から補修をする雨漏り修理
(㎡数・下地の状況により変動)¥55,000~¥400,000の修理費用が多い
屋根を葺き替え工事する雨漏り修理
(㎡数・屋根材・屋根形状によって変動)㎡単価¥8,000~¥15,000程度
1

屋根の雨漏り 原因と修理まとめ

今回は「笠間市で雨漏り修理をお考えのお客様へ」と題してご報告しました。

気づかない内に始まり、気づいた時にはかなり進行しているのが雨漏りです。
雨漏り費用を抑えるコツは、早期発見早期修理です!
屋根での雨漏りに気づいたら、直ぐに屋根業者に相談して下さい。

街の屋根やさん水戸店は、雨漏りのご相談・調査・見積もり無料 です。
茨城県内全域対応しています!お気軽に御相談下さい。

慶野コロナウイルス対策
田村問い合わせフリーダイヤル

同じ工事を行った施工事例

施工事例

常陸太田市での雨漏り改修工事が完了!入母屋玄関の屋根工事編!

雨漏り改修工事前の入母屋屋根の谷板金周辺
谷板金を交換し葺き直しされた入母屋玄関屋根
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
捨て板金(ガルバリウム製)・谷板金(ガルバリウム製)・谷シーラー・なんばんしっくい
築年数
築40年程
建坪
保証
1年
工事費用
18.7万円
施工事例

茨城町の防災瓦での屋根葺き替えは瓦全数釘打ちで耐震強度アップ

2階から脱落した瓦で二次破損した下屋根をシートで被う
防災瓦で葺き替えが完了した茨城県内の屋根
工事内容
屋根葺き替え
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
防災瓦(スーパートライ2)、REVO2(防水シート)、樹脂製瓦桟、強力棟垂木、なんばん、ゴムパッキン付きビス
築年数
40年
建坪
保証
3年
工事費用
127万円
施工事例

鹿嶋市での雨漏り修理依頼は雨仕舞いに板金被施工!もう安心です

鹿嶋市でガルバリウム鋼板からの雨漏り調査
鹿嶋市でガルバリウム鋼板で雨押え板金工事完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
ガルバリウム鋼板・変成シリコン・野縁(タルキ)
築年数
20年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
3.3万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

笠間市での棟瓦の葺き直しは強力なんばん漆喰仕様で土台を強化

笠間市で化粧棟から木?隅棟から草?棟や桟瓦にラバーロックしてあります
主棟を温存した化粧棟と隅棟の葺き直しが完成
工事内容
屋根葺き直し
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
使用素材
強力なんばん漆喰・水シャット・緊結銅線
築年数
築40年
建坪
保証
3年
工事費用
約92万円
施工事例

笠間市で和瓦葺きからガルバリウム鋼板に屋根リフォームしました

地震で崩れて雨漏りしていた入母屋の和瓦屋根
ガルバリウム鋼板葺き替え画像
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
地震
使用素材
カラーGL鋼板、エスロン半丸120
築年数
45年
建坪
25坪
保証
10年
工事費用
180万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

これから解体する瓦桟

ひたちなか市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回は、ひたちなか市のお客様から頂いた、瓦屋根の葺き直し見積り依頼です。御相談内容先日の地震と雨の影響で廊下部の天井に雨漏りが発生してしまいました。天井裏を自分で確認したら、防水シート...........

二階の和室天井に雨漏りした、ひたちなか市の室内天井

ひたちなか市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回は、ひたちなか市のお客様宅での雨漏りの御相談です。御相談内容ひたちなか市在住の母親の家で、二階の和室の天井に雨漏りがあるので調査をお願いしたい。と県内のご家族様からの御相談です。緊...........

広範囲に雨漏りを起こしている結城市内の工場



結城市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。最近、茨城県西地域のお客様からの御依頼が多くなり、結城市でも沢山のお問合せを頂けるようになりました。ありがとうございます。今回は、結城市内の工場に設置された折...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391