オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

小美玉市でコロニアル屋根を調査、カバーと塗装とどっちが良い?


小美玉市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。

先日、小美玉市で築30年程度のコロニアル屋根を調査してきました。
外壁塗装を検討しているお客様で、足場設置が必要なので屋根や他の部位も同時に
施工を考えていらっしゃいました。

の3パターンです。屋根専門店の見解で調査していきますので、コロニアル屋根に
お住いのお客様は是非、参考にしてみて下さい ヽ(^o^)丿

屋根調査に入ります

調査対象である小美玉市のコロニアル屋根
カバー工法か屋根塗装かの判断材料!その①

コロニアルの耐用年数は約20年~30年程度ですが、それもお手入れ状態によります。
セメントを主成分としたコロニアル屋根材は、陶器瓦と比べて約半分の耐用年数です。
塗装する事は出来ても、耐久性を保てる状態かが判断材料ですね(*^_^*)

他の屋根材と比べ、比較的初期費用が掛からないコロニアル屋根材は、今でも
建売の新築住宅で高いシェアを誇る人気の屋根材です。

コロニアルが葺かれた屋根を細かくチェツクするスタッフ
カバー工法か屋根塗装かの判断材料!その②

新品のコロニアル屋根材にも塗装が施されています。
塗装は、美観を保つ要素もありますが、基材を守る保護的役割も果たしています。

夏場の海水浴場で、日焼け止めクリームなどの対策を行わないと肌は大変な事に
なってしまうと思います。一日の出来事でさえ肌を傷めてしまいます。

コロニアル屋根材の塗膜が完全に剥離し、白っぽくなっている
コロニアル屋根材の保護成分(塗装)が剥離したまま、放置時間が長ければ
基材を傷め、本来の機能性を失ってしまいます。

屋根は、風雨から皆様を守ります。
塗装で美観は回復しても、本体の耐久性が著しく失われている状態は否めません。
状態を確認する限りで言えば、塗装では心もとないと言った印象です。
塗膜が剥離し、藻や苔が発生している小美玉市のコロニアル屋根
カバー工法か屋根塗装かの判断材料!その③

コロニアル屋根材に苔や藻が発生している場合は注意が必要です。

苔・藻・カビは、湿気がある場所を好みます。コロニアルに塗膜が残っていれば
雨水を雨樋にスムーズに流水してくれますが(車のワックス有り無しと同じ現象)
塗膜が剥離すると、コロニアル基材に雨水が浸水し湿気を含んでしまいます。

劣化している小美玉市のコロニアル屋根
コロニアルの基材であるセメント成分は、湿気を吸収しやすい

苔・藻・カビの蘇生は、コロニアル屋根基材に湿気を含んでいる状態です。

お客様が、何年先までを見据えた今回の屋根工事か?で判断が変わりますが
屋根下地の防水シートの対応年数を考慮しても、屋根カバー工法が最善の
選択だと当店では判断します。

他に気になった場所

棟板金の釘が浮いている小美玉市の屋根
棟板金の釘浮き
棟板金の留め釘が錆びてボロボロになっている
留め釘が錆び、ボロボロになっています
屋根の上に登らなければ、なかなか気付かない症状

この部分は、屋根の頂点部の継ぎ目を被う、棟板金部です。
毎年、台風や強風での板金飛散被害が多く発生する箇所で、その殆どが留め具抜け
から始まっています。小美玉市の現場屋根も、多数の釘浮きが確認できました。

お客様ご自身では、なかなか確認ができない場所です。
ブログをご覧の方で、屋根が気になるお客様は是非、当店に御相談下さいヽ(^o^)丿

当店では、屋根カバー工法を御提案します

メンテナンス時期が過ぎた状態のコロニアル屋根
耐久性やコスト面を考慮し、屋根カバー工法が最善だと判断します

屋根工事を行う際には費用が掛かる為、最低でも10年~15年の機能性は必要です。
耐久性や防水性を考慮すれば、屋根塗装では心もとないのが当店の見解です。

小美玉市のコロニアル屋根は、年数的にアスベスト含有屋根材です。
屋根葺き替え工事の選択肢もありますが、撤去費用や処分費用が高額になり
お客様の負担増になってしまいます。
総合的に判断すれば、屋根カバー工法が最善だと当店では判断します。

まとめ

どんな屋根工事が必要か?迷った時には当店へご相談下さい!

5年・10年・20年、お客様が考える屋根工事に求める耐用年数や、今の屋根の状態に
よっても、屋根工事方法は変化します。

街の屋根やさんは、屋根塗装・屋根カバー工法・屋根葺き替え工事など
全ての屋根工事に対応するので、偏った工事提案をする事もございません。
常に適切に、現状を把握した上での判断を行います。
先ずは、街の屋根やさん水戸店の無料点検を活用してみて下さい(^O^)/

同じ工事を行った施工事例

施工事例

水戸市での屋根カバー工法はガルバリウム鋼板GMルーフ仕上げ

水戸市のスレート屋根は先端に雨染み
2階の屋根をガルバリウム鋼板でリフォームした水戸市の屋根
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
GMルーフ220、改質アスファルトルーフィング、樹脂製貫板、シーリングパッキンビス
築年数
25年
建坪
約35坪
保証
10年
工事費用
116.6万円
施工事例

鉾田市でガルバリウム鋼板でのカバー工法を行いました

工事前の太陽光設置スレート屋根
屋根カバー工事が完了した金属屋根
工事内容
屋根カバー工事
その他の工事
使用素材
月星カラーGL(ガルバリウム鋼板)、改質アスファルトルーフィング、金属サイディング
築年数
約30年
建坪
保証
10年
工事費用
144万円
施工事例

ひたちなか市での屋根工事はセキスイかわらUを撤去しカバー工法

解体前の厚型スレート
屋根工事が終わったひたちなか市の屋根
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
月星タフルーフT2ワイド220、粘着式防水シート、金属屋根ビス(ダンパ)、野縁(垂木)
築年数
築35年
建坪
保証
10年
工事費用
146万円

同じ地域の施工事例

施工事例

小美玉市での店舗雨漏り修理は屋根の取り合い部を板金で雨仕舞い

交換前のパラペット笠木板金
交換後のパラペット笠木板金
工事内容
破風板・軒天部分補修
雨漏り修理
使用素材
木目調プリント板、ガルバリウム鋼板(笠木板金、壁雨押え板金)シーリング付きビス、集成材(ツバメ巣台)
築年数
35年
建坪
35坪
保証
1年
工事費用
22万円
施工事例

小美玉市で梅雨前に解消!和瓦谷部からの室内雨漏り補修工事完了

和瓦下ろし下地腐れ酷い状態
瓦葺き直し完了画像
工事内容
屋根葺き直し
雨漏り修理
使用素材
ラーチ合板12㎜・改質アスファルトルーフィング・谷板金(ガルバリウム製)・防腐処理瓦桟・谷板金クッション材
築年数
42
建坪
36坪
保証
1年
工事費用
15万円
施工事例

長寿命スレート屋根材グラッサで廃盤瓦を葺き替え完了 小美玉市

モニエル瓦の葺き替え前の小美玉市の屋根
小美玉市で葺き替えが完了したコロニアルグラッサ
工事内容
屋根葺き替え
外壁塗装
足場
使用素材
【屋根葺き替え工事】ケイミューコロニアルグラッサを使用 【外壁塗装】エスケープレミアムシリコン使用
築年数
築41年
建坪
保証
10年
工事費用
215.8万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

水戸市で塗装不可のニチハ製パミールを調査

水戸市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回のブログは、水戸市内で調査をした『ニチハ製パミール』屋根材の記事です。当該屋根材は、一時期問題になった屋根塗装不可の屋根材です。ニチハ製パミールは、1996年から2008年まで販売されて...........

ホームセンターさんとの相見積もり依頼のあった、ひたちなか市の現場風景

ひたちなか市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。春になり、リフォームには良い季節になってきましたね。3月の中旬から、屋根工事や塗装工事のリフォーム見積もり相談が多くなっています。今回のひたちなか市のお客様も、屋根工事と外壁塗装工事を...........

とても急な七寸勾配の屋根

鉾田市で、スレート屋根へのカバー工法工事現場が着工です。今日はまず、屋根の本体工事に入る前に行う作業です。鉾田市の現場屋根は、とても急な七寸勾配の屋根で屋根足場が必要です。また屋根には太陽パネルも設置されているので、パネルの撤去も行っていき...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391