オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

水戸市での屋根工事は早めの準備が吉です


皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。

今回のブログは
水戸市での屋根工事は早めの準備が吉です』と題して書いていきたいと思います。
※水戸市内のお客様に限らず、茨城県内の方も参考にして下さい※

気象庁の長期予想では、関東甲信越地方の梅雨は平年よりも降雨確率が高くなるとの
予想もあり、日本には影響がないと言われてはいるものの、昨今ニュースで
発信されている台風2号(スリゲ)は猛烈な台風にまで発達したのも気になります。

気象庁さんが発表している、2021年度4月~6月の3か月予想です

気象庁さんが発表している3か月予想
気象庁さんのデータ引用

屋根工事着手までの期間を覚えておこう

台風の影響で木々が薙ぎ倒されそうな風景
初回訪問から屋根工事着手まで、平均30日~60日の期間が必要です。
(小規模な工事は、当日や数日後の着手も可能です)

屋根工事にも大小様々な工事内容がありますが、初回調査時から屋根工事を
着手するまでの流れを順をおって記載してみます。

御相談受付
ご連絡を頂き、平均3営業日後で対応しています。
初回訪問
お客様のお困り事をヒアリングし、屋根調査を実施します。
お見積り提出
小規模な屋根工事であれば2~3日 / 大規模な屋根工事は1週間~10日程度かかります。
お客様の判断
当日~10日間
スケジュール
お申し込み後、平均2週間~1ヵ月後の着工 ※繁忙期は、2ヵ月後になる場合もあります。
屋根工事着工
屋根工事規模にもよりますが、2~10日前後必要です。

屋根工事は天候に左右されてしまいます。

屋根工事の為、棟瓦を解体する二名の職人
屋根工事は、お天気に左右されてしまいます。

当店に屋根工事の相談を頂くのは、圧倒的に梅雨時期と台風シーズンです。
ただ一方で、屋根工事は雨天では出来ないので、工事が思うように進まないのも
梅雨時期と台風シーズンです。

雨天当日に『今から来て、屋根を直してくれ!』とご連絡頂く事もありますが、
流石のプロも、雨天時に屋根に登る事は危険なのでできません。

既存の縦葺きトタン屋根を解体する職人
雨天時は、お客様がお困りな事は私達も重々理解しております。

ただ、屋根での作業は危険を伴います。
私達も、雨天時には迅速に対応できず、とても歯がゆい思いしています。
御理解いただければと思います。

下屋根に、新しい金属屋根を葺いている様子

屋根工事の相談は、お客様が予定している3か月前から行いましょう。

三か月分のカレンダーと筆記用具
屋根工事を検討する際には、余裕を持った行動が失敗しない為の秘訣です。

屋根工事を検討する場合、当店では相見積もりを取られる事を推奨します。
今までも数多くの相見積もりを経験してきましたが、他社さんの見積り書を見て
ビックリする金額が当たり前のように記載されている事があります。

高額な屋根工事を契約されたお客様で共通しているのは
『1社の見積りで契約』『即断即決を迫られた契約』ですので気を付けたいですね。

屋根から雨漏りを起こし、リビング天井にできた雨染み
屋根工事は、緊急性が高く雨漏りが発生している場合が多いのは事実。

ですが、慌てて屋根工事契約をし、法外な屋根工事費用を請求されてしまっては
泣くに泣けません。。。

そんな事態に陥らない為にも、余裕を持った屋根工事計画を立てる必要があります。
腕のある屋根工事業者なら、春先から依頼が急増し、梅雨時期や台風シーズンは
お客様の希望に沿える動きができないので覚えておかれると良いと思います。

根拠のある屋根工事を選択して下さい

屋根工事は、調査をしっかりしてくれる業者に依頼しましょう。

因みに当店が実施した実際の屋根調査画像です(少し宣伝です(^^♪))

屋根上で、棟板金の釘留めの状態を確認するスタッフ
実際に屋根に登って調査します
天井裏にライトを照射し、雨漏りの状態を確認する
屋根裏天井での調査です
屋根工事は、屋根の不具合原因の特定が先決です。

最近は便利な世の中になり、ドローン撮影や高所カメラなどの調査もあり、
当店でも現場によっては使用しますが、撮影機器は屋根材に直接触れる事が
出来ないのがネックです。

屋根の不具合確認は、出来る限り屋根材に触れて感触を確かめ、時には屋根裏から
屋根下地の状態を確認する事が大切だと私は思います。

スレートコロニアル屋根へ散水調査を行っている様子
散水調査にて雨漏り箇所を特定させる
サーモグラフィーカメラを使用し、雨漏りの状態を確認
サーモグラフィーカメラで温度を見る
屋根からの雨漏りの原因特定には、様々な調査方法を実施します。

屋根工事後に、雨漏りが再発しては意味がないので、先ずは雨漏り原因を特定
することが先決です。
街の屋根やさん水戸店は、根拠のない屋根工事を御提案しません。
屋根工事の前に、屋根の不具合の特定を行うのも屋根工事の準備の一つですね(^o^)丿

事後対策ではなく、事前対策が吉です◎

街の屋根やさん水戸店への9割の相談は事後相談です

美観が重視される外壁塗装は、10年~15年で行うお客様が多いのですが、
屋根工事は、雨漏りや屋根の不具合が起きてからの事後相談が約9割です。

筆者も業界にいなければ、同じ様な見解だったかもしれませんが・・(^_^;)
屋根は、雨漏りの原因No1の部位で、普段目に入らない場所だからこそ、
定期的な事前メンテナンスが必要な場所です。

三角棟部の棟瓦のズレ
棟瓦のズレ
経年した折板屋根に発生した錆と、劣化してボロボロになったロックキャップ
錆び・ボルトキャップの劣化破損
10年に1度は、屋根の点検をしましょうヽ(^o^)丿

屋根の不具合は屋根上でしか分からず、10年経てば様変わりするのが屋根です。
屋根工事費用を軽減するためにも、事前に対策を練るのが大切です。

一昔前までは、近所の職人さんが気軽に見てくれた地域もありますが・・
『以前付き合っていた屋根業者さんが辞めちゃったのよ~』と言うお話を
最近はよく耳にするようになりました。

【街の】屋根やさん水戸店を、上手に活用して下さい。

街の屋根やさんのタペストリーが掲げられた現場
街の屋根やさん水戸店の無料点検を上手に活用して下さい。

街の屋根やさんの『街の』は、お客様が気軽にご相談頂ける為のネーミングです。
当店に御相談頂く全てのお客様が、必ず屋根工事を実施するわけではありません。

当店が調査を行って、工事の必要がないお客様や、無料調査時に釘を打つだけの
症状などは、費用を頂かずに行う場合も数えきれずあります。
※屋根工事が無料で出来るわけではないので、御理解ください(^_^;))

棟にまたがり抜けている留め具である釘を叩いているスタッフ
無料点検時に行った釘打ち
水戸市のお客様から頂いた直筆のお手紙
お客様から頂いたお手紙
永いお付き合いをしたいからこそ、無理な提案はしません。

当社の企業理念は『~For you 常にお客様の為を想像する~』です。
無料調査時には屋根に登る為、釘を打ち込むくらいは、ついでの作業です。

お客様に喜んで頂ければ、再度不具合が起こった時に当店を思い出して頂けるかも
しれません。当店のスタッフはそんな思いで常に対応させて頂いていますヽ(^o^)丿

まとめ

今回は『水戸市での屋根工事は早めの準備が吉です』と題して書いてみました。

屋根工事の御相談は緊急性が高い場合が多いのですが、瞬時に屋根工事が着工
出来るわけではないので、屋根工事をご検討の際は早めの準備をしましょうヽ(^o^)丿

近々の雨漏りが心配な場合は、有料になりますがブルーシートでの応急処置も
対応致しますので、ご希望のお客様はお気軽に御相談下さい。

屋根工事をご検討の際は、街の屋根やさん水戸店の無料診断をご活用ください。

街の屋根やさん水戸店の三名のスタッフ
街の屋根やさん水戸店のコロナ対策、スタッフ3人画像

街の屋根やさん水戸店で行った、水戸市の屋根工事例5選(リンク)

同じ工事を行った施工事例

施工事例

結城市でトタンが強風で飛散し、雨漏り被害に繋がる前に応急処置

S__20815883
S__4210717
工事内容
屋根補修工事
使用素材
波トタン(青)、半貫板、傘ビス
築年数
45年
建坪
保証
1年
工事費用
57,200円(材料費+作業費)
施工事例

結城市で庇屋根へのポリカ波板施工が完了しました

波板が撤去された状態の庇屋根
クリア色の新しいポリカ波板が施工された結城市の庇
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカ波板6尺×16枚・ワンタッチフック・変成シリコーン
築年数
建坪
保証
1年
工事費用
¥58,740
施工事例

常陸太田市での雨漏り改修工事が完了!入母屋玄関の屋根工事編!

雨漏り改修工事前の入母屋屋根の谷板金周辺
谷板金を交換し葺き直しされた入母屋玄関屋根
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
捨て板金(ガルバリウム製)・谷板金(ガルバリウム製)・谷シーラー・なんばんしっくい
築年数
築40年程
建坪
保証
1年
工事費用
18.7万円

同じ地域の施工事例

施工事例

水戸市の破風板板金巻きと軒天工事は、下地補修や瓦調整も実施

施工前の水戸市の軒天と破風板
施工後の水戸市の軒天と破風板
工事内容
破風板板金巻き工事
破風板・軒天部分補修
足場
使用素材
カラーGL板金(ガルバリウム鋼板)・ケイカル板・軒樋半丸105・正面打ち支持金具
築年数
25年
建坪
破風板板金巻き32.6m 軒天工事14.9㎡ 軒樋交換18.5m
保証
3年
工事費用
52万円
施工事例

水戸市での屋根カバー工法はガルバリウム鋼板GMルーフ仕上げ

水戸市のスレート屋根は先端に雨染み
2階の屋根をガルバリウム鋼板でリフォームした水戸市の屋根
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
GMルーフ220、改質アスファルトルーフィング、樹脂製貫板、シーリングパッキンビス
築年数
25年
建坪
約35坪
保証
10年
工事費用
116.6万円
施工事例

水戸市の雨樋清掃が完了し正常な排水を取り戻しました

清掃前の、土が詰まった状態の雨樋
雨樋清掃を行い、排水機能を取り戻した水戸市の雨樋
工事内容
雨樋交換
その他の工事
使用素材
なし
築年数
建坪
保証
工事費用
19,800円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の破損部に養生されているのが目視で確認できる

ひたちなか市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回は、ひたちなか市内のお客様からの御依頼案件を御報告します。築19年目なのですが、メンテナンス会社さんが屋根を点検し、10㎝程のヒビ割れがあると指摘され、画像も見せて頂きました。街の...........

常陸太田市の現場の瓦屋根でラバ―ロックを解説

常陸太田市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。本日は、常陸太田市で着手した瓦屋根工事の様子をお伝えしますが、既存の瓦屋根に施されていたラバ―ロックの撤去に思わぬ苦戦をしいられました。瓦屋根住宅で、ラバ―ロックを施されているお客様は、...........

下屋根の上に載るベランダの解体に入る作業員

ひたちなか市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回はひたちなか市で着手した、瓦屋根の葺き直し工事現場の様子です。2月の地震後、瓦が地震で揺られ下地の防水シートに傷ついた事が起因と思われる雨漏り相談が多く、今現場も、地震で更に雨漏り...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391