オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

水戸市での雨樋交換は鉄芯入り雨樋アイアン105で強度もアップ


工事のきっかけ

雨が降ると雨樋から水があふれてしまうのが気になっていました。
どこに頼んで良いかわからず、インターネットで調べ、工事風景が沢山載っていて安心だったので街の屋根やさんに相談したのがきっかけです。
火災保険が使える事を知らない私に、担当者さんが分かり易く説明してくれたのも工事をお願いした理由です。

水戸市 雨樋交換

ビフォーアフター

before
雨樋交換前の赤茶の雨樋変形の様子
horizontal
after
しんちゃ色のアイアン105を使用した雨樋交換が完成

工事基本情報

施工内容
雨樋交換
施工期間
1日
使用材料
Panasonicアイアン丸105・新集水器・亜鉛メッキ製正面打ち支持金具
施工内容その他
築年数
築35年
保証年数
1年
工事費用
14.1万円(足場費用込み)※全額火災保険適用
建坪
25坪
ハウスメーカー
水戸市内の現場での雨樋交換工事が完了いたしました。
築35年の半丸型の雨樋が変形を起こし、雨水をうまく排水できていない症状でしたので、雨樋交換(支持金具・集水器含む)を行います。
今回の雨樋交換は、火災保険を適用しての交換です。ご興味にあるお客様は下記リンクをご覧くださいませ。

雨樋交換前の雨樋の様子

雨樋交換前の水戸市の現場建物風景
先ずは、雨樋交換前の水戸市の現場の様子です。
雨樋が変形を起こし、雨天時には雨水があふれだしてしまう状態でした。
軒先に施されている雨樋は、屋根の傾斜によって流れてくる降雨を地面や排水溝まで運んでくれるものです。
雨樋に機能不良が起こると、破風板・軒天・外壁などに必要以上に雨水が廻ってしまい、他の部位をも傷める事にもなるので、家を守る為にも雨樋はとても大切です。

雨樋交換を行う前の機能不良雨樋

雨樋が歪み変形を起こし機能不良が起こっている
水戸市の現場雨樋の変形(南側)
雨樋の端の部分にまで支持金具が無い事から勾配不良を起こしている
水戸市の現場雨樋の勾配不良(北側)
こちらは雨樋交換前の南側と北側の雨樋の画像です。
南側雨樋:外側に開いてしまう歪みを起こしており、これでは雨水が正常に流れず、あふれだしてしまいます。
北側雨樋:雨樋を支える支持金具の無い部分(端の弱い部分)が下がってしまっており、本来の流水方向と逆方向での傾斜で、この状態ではあふれだしてしまいます。

雨樋交換に使用する雨樋をご紹介します。

雨樋に印字されたPanasonicアイアン105の文字
アイアン丸105を削りアイアン部分を露出させた画像
今回使用する雨樋は、Panasonicさんのアイアン丸105です。
このアイアン丸は、その名のごとく中心部にアイアン(鉄芯)が入っており、今までの既存の雨樋と比べ強度もアップする雨樋です。
技術の向上により雨樋も年々進化していますが、半丸形状の雨樋であれば、この鉄芯入りのアイアン雨樋が当社では今現在一番人気のある雨樋です。

雨樋交換作業に入ります

二階の雨樋を交換する為に架設した足場
下屋根に取り付ける雨樋の勾配をとる為に赤い水糸を張る
雨樋交換作業は、どのように作業を行うか?から始まります。
1階の雨樋は脚立での作業が可能ですが、2階の雨樋は脚立での作業が困難な為、部分的な足場を架設しての作業です。
今回の雨樋交換は、足場費用も火災保険で認定されていますので、事実上のお客様のご負担はありませんが、足場費用を雨樋交換だけに使うのは少し勿体ない気もします。
雨樋交換は、屋根工事・塗装時・リフォーム時に同時に行う事をお勧め致します。

雨樋を支えてくれる雨樋支持金具施工

水戸市の雨樋交換で使用するオールラウンドビス
茶色の鼻隠し板に正面打ちの三点止め支持金具をインパクトで取り付ける
雨樋を支えてくれる雨樋支持金具の施工に入ります。
勾配※こうばい(水の流れを作る傾斜)をとる為に、水糸(画像の赤い糸)を張り、支持金具のクリップ部に水糸を合わせて支持金具を取り付けていきます。
支持金具の留め具に釘を使用していた頃もありましたが、今はビス留めが主流です。
三点ビス留め支持金具なので、しっかり三点にビス留めを行います。
※残念ながら、他業者が施工した二点しか留めていない現場をよく見かけます。

強風の際にも集水器ズレを起こさないように爪折り加工

強風の際にもズレないように軒樋に爪折り加工を施す
玄関先の雨樋交換が完了した水戸市の現場雨樋
最後に、雨樋の軒樋※のきどい(横方向)と竪樋※たてどい(たて方向)を集水器で繋げば完成です。
集水器を設置の際に、横ズレ防止策として爪折り加工を施し強化しましたので、強風で集水器がズレる心配もありません。
お客様にも最終確認していただき、ご満足いただけたとの事でお引渡しです。
この度は、街の屋根やさん水戸店へのご用命ありがとうございました。

【工事完了後】

S__2719755-1-simple
毎年、梅雨や台風が訪れる日本の風土。
雨樋は、家屋を守る為の大切な物です。
雨水は、些細な破損でも見逃してくれませんので、雨樋に異常を感じたら業者に相談してみる事をお勧め致します。
【街の屋根やさん水戸店】
適正価格・適正な施工が当社のモットーです。
適用になる家屋の状態であれば、火災保険のアドバイスも致します。
雨樋交換工事も街の屋根やさん水戸店へご相談下さい。

S__2719758-simple

同じ工事を行った施工事例

施工事例

水戸市のパラペット屋根雨漏り修理はどぶ溝カバーと外壁通気工法

水戸市のパラペット屋根雨漏り調査で分かった水たまりができた痕
S__2547727
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
防水工事
使用素材
ニチハ社 窯業系サイディング14㎜・ガルバリウム鋼板製笠木・ガルバリウム鋼板製雨谷板金
築年数
10年
建坪
約35坪
保証
1年
工事費用
57.6万
施工事例

茨城町の前業者による手抜き施工は集水器取付けにて雨樋補修完了

雨樋補修前の茨城町の雨樋
きれいに補修し直された雨樋
工事内容
雨樋交換
使用素材
Panasonic新集水器・エルボ・Pマス・竪樋
築年数
築35年
建坪
保証
1年
工事費用
8,800円
施工事例

笠間市で和瓦葺きからガルバリウム鋼板に屋根リフォームしました

富田邸全景
ガルバリウム鋼板葺き替え画像
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
地震
使用素材
カラーGL鋼板、エスロン半丸120
築年数
45年
建坪
25坪
保証
10年
工事費用
180万円

同じ地域の施工事例

施工事例

水戸市のテラス屋根は老朽化により交換(お客様の生の声も掲載)

水戸市のテラス波板を計測するスタッフ
クリヤー色を使用したテラス屋根
工事内容
その他の工事
使用素材
網入り波板7枚・波板ビス・補強垂木
築年数
40年
建坪
保証
1年
工事費用
3.1万円
施工事例

水戸市の瓦屋根を台風や地震でも崩れない七寸丸一本伏せで施工

施工前の熨斗瓦がズレている水戸市の降り棟
下屋根棟の七寸丸一本伏せが完了
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
七寸丸瓦・強化棟金具・なんばん漆喰・樹脂垂木・オレフィンパッキンビス
築年数
25年
建坪
保証
3年
工事費用
84.7万円(残土処分費別途)
施工事例

水戸市での台風による室内雨漏り被害は瓦屋根の葺き直しにて対応

これから解体する瓦桟
葺き直しの為ルーフィングを敷き込み瓦桟を施工する職人
工事内容
屋根葺き直し
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
【葺き直し】改質アスファルトルーフイング・新規瓦桟・変性シリコン【室内】天井材ジプトーン・床下地ラワン合板12㎜・CF(クッションフロア)
築年数
築42~43年
建坪
保証
3年
工事費用
45.8万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

オーバーフローしてしまうと相談を受けた二階屋根に取付けられた雨樋

日立市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今年に入り、日立市のお客様から屋根修理や雨樋修理の依頼を頂けるケースが多くなり、従業員も大変喜んでおります。ありがとうございます。さて今回は、日立市のお客様より御依頼のあった雨樋修理依頼です...........

二階の呼び樋を補修する為に二連梯子で軒先まで登るスタッフ

東海村のお客様より『雨樋(呼び樋)が外れてしまい、雨がジャバジャバ漏れてくるので修理して欲しい』との御連絡を頂きました。雨樋修理のご依頼は年間数多くありますが、その中でも今回ご紹介する呼び樋(よびどい)が外れてしまうと言うケースも数多くあり...........

雨樋の歪み変形による機能不良が起こっている結城市内の雨樋

こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回は、結城市内での雨樋交換工事の様子をご報告いたします。この様なブログで使用する画像は、お客様担当者と現場の職人が全て現場で実際に撮影しています。職人もブログで掲載されるのを理解しているため、細かい作...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391