オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

日立市での老朽化した瓦棒屋根をMSタフビーム333で葺き替え


工事のきっかけ

中古住宅を購入後、内装はリフォームしたのですが屋根や外壁等は手つかずでした。昨年の台風時期から老朽化した屋根から雨漏りするようになり、長く我慢していましたが、今以上に酷くなる前に直そうと決心し、街の屋根やさんに相談しました。

日立市 屋根補修工事,屋根葺き替え,雨漏り修理

ビフォーアフター

before
屋根葺き替え前の劣化が進んだ瓦棒屋根
horizontal
after
MSタフビームで屋根葺き替え工事が完了した画像

工事基本情報

施工内容
屋根補修工事,屋根葺き替え,雨漏り修理
施工期間
3日
使用材料
月星カラーGL鋼板MSタフビーム333、針葉樹合板、改質アスファルトルーフィング
施工内容その他
築年数
40年
保証年数
10年
工事費用
67.1万円
建坪
25坪
ハウスメーカー
こんにちは街の屋根やさん水戸店です。
今回は、日立市で行なわれていました嵌合立平葺き(かんごうたてひらぶき)金属屋根の施工が完了致しましたのでご報告させて頂きます。
屋根の老朽化で雨漏りに悩まれていたお客様は、屋根リフォームを検討され、当社にお問い合わせを頂きました。

現場調査時の画像

日立市の瓦棒葺き屋根雨漏りは経年劣化が原因で天井雨染み被害の現場調査で経年劣化の錆がみられます
日立市の瓦棒葺き屋根雨漏りは経年劣化が原因で天井雨染み被害の現場調査の小屋裏雨漏り調査で天井下地に雨染み確認
築40年のお家で、天井に雨漏りによる雨染みができてしまったとの内容でした。
お問合せ頂いた時期は、丁度梅雨時期でとても心配とのお話でした。
瓦棒葺き屋根に登ってみると、全体的に経年劣化と老朽化で起きた錆や表面剥離が起きており、早急な屋根メンテナンスが必要な状況と言えます。
本来この瓦棒葺き屋根は雨漏りに強い屋根ですが、メンテナンス時期が遅れ雨漏りに繋がってしまったようです。

特殊な屋根形状の為、雨の流れ方を変えるご提案をしました。

日立市の瓦棒葺き屋根雨漏りは経年劣化が原因で天井雨染み被害の現場調査で壁の中を水が通っている構造屋根
日立市の瓦棒葺き屋根雨漏りは経年劣化が原因で天井雨染み被害の現場調査で壁の中を水が通っている構造屋根の裏側
日立市の瓦棒屋根は壁の下を水が通るような構造になっており、雨仕舞の観点から、屋根形状を若干変更する提案を差し上げました。
私達も色々な屋根を調査しますが、とても珍しい屋根です。屋根造作時に、瓦棒屋根を施工した後に壁を施工したと考えられますが、先々のメンテナンスを考慮した施工を行って頂けたら、今回、屋根形状を変更する必要はなかった現場です。
※メンテナンスがしにくい屋根形状は、解体や取り外し作業が発生し、余分な費用が発生するケースがあります。

解体作業が始まりました

解体前のベランダの囲い
解体された鉄製のベランダ囲い
解体作業は、金属で出来たベランダ囲いの撤去から行います。
ベランダの囲いをサンダー(電動カッター)を使用して細かく分割しながら、少しづつ解体を行なっていきます。
ベランダの囲いは錆が酷く、全体的に腐食が進んでいたのでお客様にお伝えし撤去することになりました。

瓦棒屋根の剥がし・撤去

丸ノコで瓦棒屋根を解体する職人
瓦棒屋根を板金ハサミで解体する職人
瓦棒屋根のジョイント部にサンダー(電動カッター)で切れ目をいれていき、板金ハサミを使用して屋根材を剥いていきます。
既存の瓦棒屋根の厚みは0.3㎜程で、鋼板に亜鉛をメッキした屋根材なので、錆や劣化で傷みやすく10年サイクルでのメンテナンスが必要な屋根材です。
※屋根に限らず外壁など外回りは、内部よりも雨風や太陽光線にさらされているので、劣化スピードが増します。

屋根下地の状況は

瓦棒屋根を捲ると防水シートが劣化していた
瓦棒屋根を捲ると野地ベニヤが漏水して剥離しています
瓦棒屋根を解体して捲ってみると、防水シートであるアスファルトルーフィングに水が浸入した痕や劣化症状がみられました。
また、今主流の野地板ベニヤの厚みは12㎜ですが、既存の野地板ベニヤは5.5㎜の薄い野地板を使用していたのも室内雨漏りに繋がった原因です。
※建築ラッシュ時の1980年時代は、5.5㎜の野地板ベニヤが多く使われていたようです。

雨漏りは瓦棒の劣化が原因です

瓦棒屋根を捲ると野地ベニヤが漏水しています
日立市の瓦棒葺き屋根雨漏りは経年劣化が原因で天井雨染み被害の現場調査の小屋裏雨漏り調査で母屋組にも雨漏りした形跡があります
さらに解体を進めていくと、屋根全体で雨漏りが起きている事が分かりました。
下地の野地板ベニヤが全体的に湿りけをおびてベニヤが剥離しており、雨漏りの最後の砦である防水シートの劣化も認められました。
小屋裏の画像を見ても屋根の雨漏りは一目瞭然です。

水の流れを変える下地造作

屋根上で木下地を切断する職人
二重屋根下地が形成された日立市の現場
水の流れを変える屋根形状は、住宅の床下地に使われる3寸角(9㎝角)の木材を使用して骨組みから形成していきます。
屋根形状を変える工事は普段なかなか行ないませんが、日立市の現場屋根は特殊で、壁の中を雨水が流れ通る形状の為、先々の屋根メンテナンスも視野に入れての判断です。
新しく造作する屋根は、雨水の流れも計算して作り替えますので、雨漏りに強い屋根に生まれ変わります。

改質アスファルトルーフィングで雨仕舞い

日立市で日立市で使用した嵌合立平葺き金属屋根の下地施工時の画像
日立市で日立市で使用した嵌合立平葺き金属屋根の下地防水シート施工画像
野地板のラーチ合板に、改質アスファルトルーフィングを重なりしろ通りに敷き込み、雨漏り対策も万全に仕上げていきます。
防水シートにも種類がありますが、一般的に使われるアスファルトルーフィングで、耐用年数は10年ほどで交換時期を迎えます。
当社では、アスファルトにゴムや合成樹脂、ポリマー、プラスチックなどを混入させ耐久性を高めた20年対応の改質アスファルトルーフィングを標準仕様としていますので、長く安心して過ごしていただけると思います。

嵌合立平葺き(かんごうたてひらぶき)金属屋根

日立市で使用した月星商事のタフビーム333
今回使用する屋根材は、月星商事社の「MSタフビーム333」という商品です。
縦葺きに分類される立平葺きのメリットは、屋根の頂点から軒先に至るまで一枚の長尺板金(長い板金)で構成されるため、途中の水平方向に継ぎ目がないことです。 
今回使用する立平葺きの金属屋根は、雨漏りに最も強い屋根材に位置づけられる商品で、耐久性も申し分ありません。

嵌合立平葺き金属屋根の形はこの様な形です

日立市で使用した嵌合立平葺き金属屋根の収りの説明画像
瓦棒屋根に似ている形状の嵌合立平葺き(かんごうたてひらふき)金属屋根は、横端がひし形に加工されており、隣り合う板金のひし形部分に重ねてはめ込んでいきます。
この嵌合式のひし形も、ハゼと呼ばれることがあるのですが、立平葺きは縦平や縦葺きと呼ばれる事もある屋根材です。

屋根形状を変えた金属屋根

日立市の瓦棒葺き屋根雨漏りは経年劣化が原因で天井雨染み被害の現場調査で壁の中を水が通っている構造屋根
日立市で日立市で使用した嵌合立平葺き金属屋根で施工完了した画像
MSタフビーム333で屋根葺き替えが行なわれている日立市の屋根は、壁際等の雨漏りリスクを考慮し、1部の屋根形状を変更して施工を行いました。
現状のように壁の中を水が通る屋根形状で工事行うと、万が一再度雨漏りが起こった際に壁等壊す必要が出てくる為、将来的なメンテナンスも考慮した施工法です。
屋根形状を変える施工は、行わなくて良いケースの方が圧倒的に多く、現実的に形状変更が不可能なケースもございます。

壁際の雨仕舞い策

日立市で日立市で使用した嵌合立平葺き金属屋根で屋根形状を変えた屋根画像
日立市で日立市で使用した嵌合立平葺き金属屋根で屋根形状を変え水勾配をつけ施工しました
屋根リフォーム工事で最も大事な作業は雨漏り対策である雨仕舞い工事です。
雨漏りの原因は、屋根材に関係なく平部からの雨漏りは非常に少なく、壁の取り合いや棟等の凹凸部や緩衝部の役物(棟、谷、壁の取り合い部)からの雨漏りが殆どです。
壁の取り合い(雨押え板金)は、既存の雨押え板金を生かしながら、新しい板金で覆い被せて施工する事が一番の雨漏り対策となります。
既存の雨押えに雨押え板金をカバーするので、雨仕舞も二重構造になり強化されます。

MSタフビーム333での葺き替え工事完了です

MSタフビームで屋根葺き替え工事が完了した画像
MSタフビームで屋根葺き替え工事が完了した現場を点検した画像
既存の屋根材の色にマッチした、モスグリーン色の屋根葺き替えが完了致しました。
日立市での屋根葺き替え工事は、特殊な屋根でしたので大変苦労しましたが、仕上がりがとても良く、雨漏り対策も万全です。
金属立平葺きは、雨漏りに一番強い工法だと言われていますので、これからは台風に怯える事無く、お客様も安心して生活をして頂けると思います。
街の屋根やさん水戸店の垂れ幕を垂らした日立市の現場
家屋の事で心配事があれば、御気軽に街の屋根やさん水戸店までご相談下さい。
また定期点検時にお寄りしますので、お過ごしになってのご感想をお聞かせ頂ければ幸いです。
これからも、お客様にご選択いただけるようスタッフ一同心を込めて対応させて頂きます。この度は、当社にご依頼いただきありがとうございました。

【工事完了後】

MSタフビームで屋根葺き替え工事が完了した現場を点検した画像
雨漏りに強い金属立平葺きに生まれ変わったお客様の屋根です。
下地から強化し、雨漏り対策である雨仕舞いもしっかり行いましたので、本格的な台風シーズンもご安心して頂けます。
住宅のメンテナンスは思い切りが必要ですが、御自身の身体のように気遣ってみてはいかがでしょうか?
身体も住宅も健康でいられるのは、しっかりとしたメンテナンスからです。
街の屋根やさんに是非ご相談下さい。
MSタフビームで屋根葺き替え工事が完了した画像
屋根形状を変えの水流れをかえた日立市の現場
日立市で日立市で使用した嵌合立平葺き金属屋根で屋根形状を変えた屋根画像
日立市で日立市で使用した嵌合立平葺き金属屋根で屋根形状を変え水勾配をつけ施工しました

同じ工事を行った施工事例

施工事例

ひたちなか市でパミール屋根をガルバリウムカバー工法し不安解消

0000-2
S__79052804-2
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
棟板金交換
使用素材
防水シート:タディスセルフカバー、屋根材:ガルバリウム鋼板T₂ワイド220
築年数
20年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
117.7万円
施工事例

結城市で廃盤屋根材であるカラーベストアーバニーへGL重ね葺き

アーバニー屋根材が破損して脱落している結城市の現場屋根
結城市の定尺ガルバリウム屋根材で重ね葺きが完了した結城市の現場屋根
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
火災保険
使用素材
GLカラー(ガルバリウム)T2ワイド220・粘着防水シートタディスセルフ
築年数
25年
建坪
保証
10年
工事費用
112.2万円
施工事例

水戸市の劣化した瓦屋根漆喰補修と軒天補修工事は台風前の事前策

11A2B377-D5E6-4AE5-A5E4-8858D5529F33
水戸市の和瓦屋根の漆喰工事が行なわれきれいに仕上がっています
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め増し
その他の工事
使用素材
漆喰・カラーベニヤ3✕6 1枚
築年数
40年
建坪
約25坪
保証
1年
工事費用
13.2万円

同じ地域の施工事例

施工事例

日立市での雨漏り修理は瓦棒トタン屋根の棟板金交換で台風も安心

日立市の雨漏り現場の棟板金現場調査時
日立市の雨漏り現場の棟板金の三つ又部にコーキングで雨仕舞い
工事内容
棟板金交換
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム製棟包み・防腐処理貫板・ゴムワッシャー付きビス「ダンパ」 施工m数/約20m
築年数
40年
建坪
約40坪
保証
1年
工事費用
12.7万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

小美玉市のパラペット屋根の店舗様解体現場調査

こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。小美玉市のお客様より公共下水の整備に伴い、家屋の一部解体を希望するとの事です。お近くの店舗様に当社のリーフレットを置いて頂いて、その店舗様よりお話をして頂いて今回のお問い合わせをいただきました。元々は店...........

水戸市のスレート屋根は全体にに水が浸透して中からダメージを受けている

こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回の水戸市でのお問い合せは『近所で工事していると言う建設業者さんに、2階の棟板金が浮いていると指摘されたのですが、自分では見られないので調査して下さい。』お伺いしてみると、近所で工事していると言った飛...........

飛び込み業者さんでラバーロック工事をご提案された水戸市のお客様宅

こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。先日、お問い合せを頂きました水戸市のお客様宅に現場調査でお伺いしました。飛び込み業者さんで屋根の不具合を指摘され、高額な工事(ラバーロック工事)を契約してしまったそうで、適正価格か判断をして下さいとの事...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391