オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

日立市での屋根カバー工法で雨漏り原因の経年劣化を解消しました


工事のきっかけ

築40年の屋根は、所々に傷みがあり、昨年の台風時から始まった雨漏りで心配になり街の屋根やさん水戸店に相談をしました。

日立市 屋根カバー工事,雨漏り修理 アルミベランダの脱着(外し、再設置)

ビフォーアフター

before
日立市の縦葺き屋根の全体画像
horizontal
after
屋根カバー工法が完成しました

工事基本情報

施工内容
屋根カバー工事,雨漏り修理
施工期間
4日
使用材料
MSタフカバー、タフカバー用タイトフレーム、ゴムアス防水シート、エプロン面戸、ベランダ床材(ビューステージ)
施工内容その他
アルミベランダの脱着(外し、再設置)
築年数
約40年
保証年数
10年
工事費用
99.2万円
建坪
35坪
ハウスメーカー
日立市で屋根カバー工法リフォームが完了しましたので、ご報告になります。
経年劣化での雨漏りが起きていたので、無料調査のご依頼がありました。
日立市で以前書いたブログをご覧になったお客様より「日立市で屋根のリフォームやりましたよね?同じ屋根なんですが、雨漏りしているから見てください」

現場調査で判明した雨漏り

日立市の縦葺き屋根の上に設置された後付けベランダ
後付けされたアルミベランダ
ベランダ下にある雨押え板金
ベランダ下にある雨押え板金
まずは、外観から雨漏りの怪しい箇所の点検を行なっていきます。
屋根の雨漏りは屋根上と天井裏から目視をして、雨漏りの特定をしていきます。二手に分かれて行ない、声を出し合いながら雨漏り箇所を判明させます。
後付けされたベランダの箇所は雨押えが付いており、雨漏り原因になりやすい箇所ですので、天井裏からの調査を致します。

雨漏り原因はベランダ部

日立市の縦葺き屋根雨漏り調査時に発見された梁に付いた雨染み
天井裏から判明したベランダからの漏水
日立市の縦葺き屋根雨漏り調査時に発見された雨染み
廊下天井裏の雨染み
廊下の天井板と梁(大きな横架材)に雨漏り痕がありました。ここは後付けベランダ下にある雨押え板金の所です。
ここから漏水していたことが分かり、撮影した写真をお客様にお見せして屋根カバー工法のご提案が良いとお話をして、後日お見積もりをご提出致しました。

屋根カバー工事前のベランダ解体

日立市での雨漏り箇所を外側から見た場所
ベランダ部雨漏り箇所
アルミベランダを解体すると下にあった瓦棒屋根が見えてくる
解体されたベランダ
住宅を建てられた後に設置されたベランダは、今回の日立市の現場のように、屋根の上部に設置されたケースが多くあります。
屋根カバー工事の際にベランダの脱着を行ないますが、ジャッキでベランダを上げる方法や、今回の様に脱着を行なう方法がございます。
※雨漏り屋根工事に伴うベランダ脱着は、屋根工事を行う際の付帯工事として費用が発生しますので、屋根工事をご検討のお客様はご注意くださいませ。

屋根カバー工事の前に部材を設置

屋根先端に使用する加工前の板金材
屋根の先端に設置する板金板
加工しながら先端に取付けています
屋根上で加工した唐草板金(からくさばんきん)
まずは、屋根の外周部に当たる所に、加工した唐草板金を設置致します。屋根形状に合わせて加工する為、既製品が使用できないので、現場加工が必要です。
基準となる線の役割もある唐草板金は、屋根カバー工事前の大変重要な作業です。この取り付け方が曲がってしまうと屋根全体が曲がってしますので、慎重に行ないます。
唐草板金は雨仕舞いの役割もあるので、雨水の浸入が無いように設置します。

屋根カバー工法の土台を設置

S__8077336-1-columns2
カバー工法に使用するタイトフレーム
カバー工事で芯木部にタイトフレームを設置
タイトフレームの設置画像
屋根カバー工法は既存の屋根上に設置するので、土台となるタイトフレームを付けなければカバーが出来ません。
カバー工法は、瓦やスレートなどと比較すると屋根材自体の部材等も少なくなります。
結果的に、既存屋根材の撤去費や処分費が無くなり、工期も短くなるのでお客様がお住まいの状況でも工事が可能になります。画期的な工事方法です。 

雨漏り箇所のカバー工法

S__68075529_0-columns2
ベランダ部が屋根カバーされました
S__68075530_0-columns2
雨仕舞い策のエプロン面戸
雨漏りが発生していた箇所ですので、横殴りの雨でも雨水が浸入しないように、エプロン面戸を設置して雨仕舞いを行なっていきます。
万が一雨水の浸入があった際には、全部塞いであると水の滞留が起きてしまい雨漏りの原因になりかねない事も考慮し、水抜き処理も施しています。

雨漏り対策の雨押え板金

日立市で葺き留めの雨押え板金設置
壁の雨押え板金設置
日立市でケラバ側の雨押え板金の設置
ケラバ側の雨押え板金
この下屋は、屋根のカバー後にアルミベランダを再設置するので、後からの雨仕舞いが行えない為、徹底した雨仕舞いが必要になります。
日立市は風当たりが強い地域である為、強風時の雨や台風も考慮して屋根工事を行なわなければなりません。

大きい屋根も工事が進んでおります

壁の雨押え板金施工
壁の取り合いを雨押え板金にて雨仕舞い
嵌合式屋根の結合部を踏んで結合させます
接合部は足で踏み込んで連結させます
※メーカー推奨の施工方法です
ベランダ部の屋根と平行して進んでいる、大きい屋根もカバー工法が進んでおります。
屋根材は月星商事のMSタフカバーという商品で、山の部分で連結されますが、接合部を
足で踏み込み固定するメーカー推奨の固定方法です。
手でははまらない程、連結部が固くなっており、風の影響を受けにくいのもMSタフカバー(嵌合立平葺きの特徴になっています。

棟板金の設置

屋根カバー個法の棟際の工事画像
棟際の工事画像
屋根カバー個法の棟板金施工
棟板金取り付け施工中
屋根のカバー工事が進んできますと、棟やケラバといった役物と言われる箇所の雨仕舞い策が行なわれていきます。
棟板金には、ゴムパッキンの付いたビスで固定し雨水の浸入が無いように留め、ジョイント部にはシーリングを充填して徹底的な雨仕舞いを施します。

ケラバ側は水切りを施します

ケラバ唐草掴み器で圧着しています
ケラバ唐草掴み器で圧着しています
ケラバを折り水切り策を施しています
ケラバを折り水切り策を施しています
日立市で行なわれている屋根カバー工法リフォームも終盤にさしかかりました。
ケラバ側(屋根の端部)では、ケラバ唐草掴み器でケラバの板金と屋根材のタフカバーの圧着を行ない密着度を高め風災に備えます。
また、ケラバを圧着した箇所の先端部を専用工具で曲げ、水が切れるように施す事は、屋根職人の経験値と知恵に差が出るところです。

ベランダの再設置完了です

アルミベランダの床材設置
アルミベランダの再設置中
外したアルミベランダの再設置完了
アルミベランダの再設置完了
屋根のカバー工法リフォームが終わりましたので、アルミベランダの再設置です。
アルミベランダの床板はお客様のご依頼により、新しい物を付けさせて頂き施工が完了致しました。カバー工事でしたので屋根の高さが変わったのもあり、ベランダの再設置が上手くいくかが心配でしたが、綺麗に収まり一安心です。

カバー工法リフォーム完成です

カバー工法が完成した棟付近
カバー工法が完成した棟付近
カバー工法が完成した軒先付近
カバー工法が完成した軒先付近
今回日立市で行なわれた屋根カバー工法ですが、瓦屋根はカバー出来ない屋根材になります。また、下地の痛み具合や屋根材の劣化状況でもカバー出来ない事があります。
屋根は一軒、一軒、立地条件や屋根材が違いますので、カバー工法をご検討されているお客様は、街の屋根やさん水戸店までご相談ください。
これからも、お客様にご選択いただけるようスタッフ一同心を込めて対応させて頂きます。日立市のI様、この度は当社にご依頼いただきありがとうございました。

【工事完了後】

カバー工法が完成した棟付近
雨漏りは、一軒、一軒浸入口や浸入方法が異なり、雨漏りは放っておくと進行して、お住まいの住宅に多大なる被害をもたらします。

昨今は、台風も巨大化しておりもたらす被害も年々大きくなっております。

早め早めの対応で大事なマイホームを守って行きましょう。

雨漏りからご自宅を守るためにも、一度、街の屋根やさん水戸店に相談してみていかがでしょうか。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

水戸市での屋根カバー工法はガルバリウム鋼板GMルーフ仕上げ

水戸市のスレート屋根は先端に雨染み
2階の屋根をガルバリウム鋼板でリフォームした水戸市の屋根
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
GMルーフ220、改質アスファルトルーフィング、樹脂製貫板、シーリングパッキンビス
築年数
25年
建坪
約35坪
保証
10年
工事費用
116.6万円
施工事例

鉾田市でガルバリウム鋼板でのカバー工法を行いました

工事前の太陽光設置スレート屋根
屋根カバー工事が完了した金属屋根
工事内容
屋根カバー工事
その他の工事
使用素材
月星カラーGL(ガルバリウム鋼板)、改質アスファルトルーフィング、金属サイディング
築年数
約30年
建坪
保証
10年
工事費用
144万円
施工事例

ひたちなか市での屋根工事はセキスイかわらUを撤去しカバー工法

解体前の厚型スレート
屋根工事が終わったひたちなか市の屋根
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
月星タフルーフT2ワイド220、粘着式防水シート、金属屋根ビス(ダンパ)、野縁(垂木)
築年数
築35年
建坪
保証
10年
工事費用
146万円

同じ地域の施工事例

施工事例

日立市での老朽化した瓦棒屋根をMSタフビーム333で葺き替え

屋根葺き替え前の劣化が進んだ瓦棒屋根
MSタフビームで屋根葺き替え工事が完了した画像
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
月星カラーGL鋼板MSタフビーム333、針葉樹合板、改質アスファルトルーフィング
築年数
40年
建坪
25坪
保証
10年
工事費用
67.1万円
施工事例

日立市での外壁クリヤー塗装でレンガ調外壁の光沢が甦りました

塗装前の日立市の住宅
新築時の様に外部が綺麗になりました
工事内容
外壁塗装
使用素材
【外壁塗料】ピュアライトUVプロテクトクリアー【付帯部塗料】クリーンマイルドシリコン、ケンエースG-Ⅱ、【コーキング材料】ノンブリートタイプ変成シリコーン
築年数
12年
建坪
約45坪
保証
10年
工事費用
110万円
施工事例

日立市での切り妻屋根工事は脱落寸前の巴瓦を強化棟で7寸丸被せ

屋根修理前の状態の日立市の瓦屋根
日立市の瓦屋根は棟の取り直しが完了です
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
耐震棟金具、樹脂製棟垂木、なんばん、7寸丸瓦(銀黒)、防水パッキン付きビス
築年数
約40年
建坪
約30
保証
3年
工事費用
15.4万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

水戸市で塗装不可のニチハ製パミールを調査

水戸市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今回のブログは、水戸市内で調査をした『ニチハ製パミール』屋根材の記事です。当該屋根材は、一時期問題になった屋根塗装不可の屋根材です。ニチハ製パミールは、1996年から2008年まで販売されて...........

ホームセンターさんとの相見積もり依頼のあった、ひたちなか市の現場風景

ひたちなか市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。春になり、リフォームには良い季節になってきましたね。3月の中旬から、屋根工事や塗装工事のリフォーム見積もり相談が多くなっています。今回のひたちなか市のお客様も、屋根工事と外壁塗装工事を...........

調査対象である小美玉市のコロニアル屋根

小美玉市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。先日、小美玉市で築30年程度のコロニアル屋根を調査してきました。外壁塗装を検討しているお客様で、足場設置が必要なので屋根や他の部位も同時に施工を考えていらっしゃいました。コロニアル屋根の工...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391