オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

ひたちなか市での雨どい交換は金具ごと交換し傾斜不良も改善


工事のきっかけ

飛込み訪問業者に雨どいが火災保険で直ると案内をされました。
初めて聞いた話なので、半信半疑の中ネットで調べ、街の屋根やさん水戸店さんへ相談しました。
無料で雨どいを調査してくれ、撮影してくれた雨どいの画像を見ると変形を起こしており、水が流れずに溜まっているのが分かりました。
『お客様が点検内容や工事見積もり内容に納得頂けるようなら、喜んでお手伝いさせて頂きます』(こんなような言い方でした)と押す事もしない担当者さんだったのも、お願いした決め手です。

ひたちなか市 雨樋交換,火災保険

ビフォーアフター

before
変形不良を起こし雨水が滞留しているひたちなか市の現場雨樋
horizontal
after
半丸雨樋の交換が完了しました

工事基本情報

施工内容
雨樋交換,火災保険
施工期間
足場1日・雨樋交換1.5日
使用材料
Panasonicアイアン105(ホワイト)・亜鉛メッキ製支持金具(出15㎜幅)
施工内容その他
築年数
25年
保証年数
1年
工事費用
全額 火災保険認定
建坪
軒樋37.6m・支持金具交換・集水器4箇所・仮設足場
ハウスメーカー

ひたちなか市での雨どい交換工事内容

今回は、ひたちなか市で雨どい交換の現場が完了しましたので御報告します。

ひたちなか市での雨どい交換工事内容詳細
雨どい(37.6m)      :  パナソニック半丸アイアン105(ホワイト)
雨樋支持金具(65個) :  亜鉛メッキ製半丸用支持金具(出15㎜幅)
集水器(4箇所)     :  パナソニック新集水器
仮設足場       :  176㎡(総二階の住宅です)
竪樋         :  既存の竪樋を使用します

現場調査時の雨どいの様子

変形不良を起こし雨水が滞留しているひたちなか市の現場雨樋
こちらは現場調査時の雨樋の様子です。
雨天の際に、雨樋から雨がポタポタ落ちてくるとお客様が仰っていた部分を上から覗き込んで撮影したものです。

前日に降った雨が流れずに雨どいに滞留してしまっているのがわかりますね。
このような状態は雨どいの変形も関与していますが、雨どいを支える支持金具が正常な傾斜を作れていない場合に起こる症状です。今回の雨どい交換は金具ごと交換します。

総二階建て住宅なので仮設足場を設置します。

雨樋交換に必要な足場を設置する足場職人
2階の雨樋交換は足場が必要になります
雨どい交換に限らず、高所での作業には足場が必要です。
時代によってはハシゴや命綱を使って行っていた事もあったようですが、職人が安全に作業する為に足場の基準は年々厳格になっています。

1階部の雨どい交換のみであれば脚立と踏板アンチなどで対応可能ですが、2階部には画像のような仮設足場が必要になります。
雨どい交換は、塗装時やリフォーム時に同時に行うのが合理的だと思います。

撤去した雨樋を確認すると・・

既存の雨樋変形状況
オダレ加工が施されていない雨樋
これは、今まで使用していた撤去した雨どいです。
横方向に伸びている軒どいには、たて方向に流す竪どいを結ぶ集水器を設置する為の穴が開けられています。

一見、何も問題無いように感じますが、綺麗に空けられた穴には横風等でズレを防止する役槍をする爪げ付いていません、雨樋の施工法を熟知している職人が行うと、本来はオダレ加工という加工方法で穴開けを行います。

雨樋の金具を設置します

雨樋金具の3穴をビスでしっかり固定
規定の間隔で雨樋金具を取付けます
まず始めに、軒樋を支える金具を設置していきます。
この雨樋金具にはビス穴が3箇所ありますが、施工会社によって2箇所しかビス留めされてない現場があるのをよく見かけます。

3箇所をビス留めする事で、この雨樋金具の本来の力を発揮できるのでしっかりと留める事がプロの仕事です。金具の間隔は2尺(約60㎝)で付けられますが、こちらも規定通りで、中雪地域になると半分の1尺(約30㎝)間隔と狭くなります。

雨水を流す為の水勾配

水糸を張り水勾配を確認しながら金具の設置
水糸を張り水勾配を確認しながら金具の設置
こちらの画像は、水糸を張り水勾配(雨水を集水器に流す為に角度を付ける事)の傾斜を付けている所です。勾配の角度ですが、10mにつき3~5センチ程度の角度にすると雨水が流れやすくなります。

この勾配が緩いと、雨水が溜まってしまい軒は傷みます。 逆に、勾配が急すぎると集器に雨水が集まりすぎる為、排水が間に合わずに集器から雨水があふれてしまうことがあります。この作業も経験と知識の差が出てくるプロの作業になります。

雨樋は複数の部材を繋げていきます

雨樋の継手部分に接着剤を二列に塗る
雨樋のコーナー継手に接着剤を塗布する
雨樋部材は、雨樋と雨樋をつなげる部材と、コーナー部分(角)に使用する雨樋部材です。雨樋は切る前の長さが3.6mあり住宅の長さに合わせながら繋ぎますが、その際に必要になるのが左の画像のジョイントです。

繋ぎ部は雨だれしやすい箇所なので、二列に専用接着材を塗布していきます。また、コーナー部に使用する部材にもしっかり専用接着材を塗布し、雨だれ対策します。
この作業は当社の施工基準で行われております。

軒樋を付け完了です

呼び樋は長さをしっかり測り外れ防止する
半丸雨樋の交換が完了しました
工事も終盤になりましたが、既存の竪樋と新しく交換した軒樋を連結させていきます。
この箇所は呼び樋と言いますが、長さが合わず強風で外れやすい箇所なので、長さは寸分狂わず採寸し、ぴったりと付けていく事が強風防止策となります。
軒樋も取付けた後は雨樋金具のクリップを折り、軒樋と金具を固定します。

これにて雨樋交換は完了ですが、最後に水を流し、継ぎ目からの水漏れ・勾配不良の確認・既存竪樋との連結部などをしっかりと当社基準で確認してお引き渡しです。

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

雨樋からの雨漏りは、外壁や軒天井などへ必要以上に水が廻ってしまう二次被害の発生が起こる場所です。雨樋の不具合を感じたら早めの対策を心掛けて下さい。

一度、無料調査をお受けになり、どの程度の頻度の雨樋修理が必要なのか?を
街の屋根やさん水戸店に相談してみてはいかがですか。

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

【工事完了後】

ひたちなか市で完了した雨樋交換現場
雨樋は住宅を守る言わば「住宅の傘」の役割をしております。雨樋破損からの軒天雨漏りも実際にあります。【たかが雨樋されど雨樋です】

また、排水能力も計算されて雨樋工事は行われております。ご不明な点がありましたら私たちがアドバイスをさせて頂きますので、お気軽にご相談下さい。

御相談・調査・お見積り無料ですので、お客様が全てにご満足頂けましたらご検討下さい。
街の屋根やさん水戸店 ご相談:0120-270-391

同じ工事を行った施工事例

施工事例

水戸市の雨樋清掃が完了し正常な排水を取り戻しました

清掃前の、土が詰まった状態の雨樋
雨樋清掃を行い、排水機能を取り戻した水戸市の雨樋
工事内容
雨樋交換
その他の工事
使用素材
なし
築年数
建坪
保証
工事費用
19,800円
施工事例

水戸市で割れた雨樋を部分的に交換補修してきました

交換補修依頼のあった割れた雨樋
部分的な交換補修が完了した水戸市内の雨樋
工事内容
雨樋交換
使用素材
竪樋60パイ・エルボ・ソケット
築年数
築浅の住宅です
建坪
保証
1年
工事費用
7,150円(税込み)
施工事例

水戸市のパラペット屋根雨漏り修理はどぶ溝カバーと外壁通気工法

水戸市のパラペット屋根雨漏り調査で分かった水たまりができた痕
S__2547727
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
防水工事
使用素材
ニチハ社 窯業系サイディング14㎜・ガルバリウム鋼板製笠木・ガルバリウム鋼板製雨谷板金
築年数
10年
建坪
約35坪
保証
1年
工事費用
57.6万

同じ地域の施工事例

施工事例

ひたちなか市での屋根葺き替えは防災瓦を使用した雨漏り対策

工事前の漏水している屋根
防災瓦での葺き替え工事が完了した屋根
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
スーパートライ110スマート、南蛮漆喰、樹脂製瓦桟、防水シートREBO
築年数
45年
建坪
保証
5年
工事費用
99.8万円
施工事例

ひたちなか市での屋根工事はセキスイかわらUを撤去しカバー工法

解体前の厚型スレート
屋根工事が終わったひたちなか市の屋根
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
月星タフルーフT2ワイド220、粘着式防水シート、金属屋根ビス(ダンパ)、野縁(垂木)
築年数
築35年
建坪
保証
10年
工事費用
146万円
施工事例

ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換

四枚のカーポート屋根材が春の嵐により飛散し無くなっている
ひたちなか市のアール型カーポート屋根のポリカーボネート板交換の交換工事完了
工事内容
屋根補修工事
その他の工事
使用素材
ポリカーボネートパネル3㎜×4(ブルースモーク色) アーチカバー押さえ材交換(1) 棟キャップ交換(1)
築年数
20年
建坪
保証
1年
工事費用
8.9万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

前かがみに変形した銅板雨樋

こんにちは、街の屋根やさん水戸店です。今回は、非常に腰の強いステンレスを芯材に使用した、いぶし雨樋に交換した報告のブログになります。現場調査時の既存の銅板雨樋は、変形や勾配不良がみられ、雨樋本来の能力が発揮出来ていない状態でした。関連記事 ...........

強風によって破損した城里町の雨樋

東茨城郡城里町で雨樋修理依頼があり、現場を確認してきました。居住者様にお話をお伺いすると(当該現場は賃貸住宅です)この辺は風の通り道なのか、とても風当たりが強く、破損した雨樋も敷地に落ちてくれたから良いような物の、近隣の住宅に被害を広げてし...........

外観から見ると、雨樋金具の間隔も狭く問題ないように見える

ひたちなか市で行っていた雨樋工事が完了しましたので御報告します。お客様からの御相談内容雨が多く降ると雨樋から水が溢れ出してしまい困っています。築23年目なのですが、直してもらえますか?と、街の屋根やさんのホームページをご覧になられてご連絡い...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391