オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

那珂市での雨樋交換時に廃盤の竪樋と新規軒樋を呼び樋加工で連結


工事のきっかけ

知人の家に遊びに行った際、『街の屋根やさん』が屋根の工事をしていました。 昨年自宅を全面塗装した際、塗装屋さんが雨樋を調整してくれたのですが、1階も2階も雨が垂れてくる部分が直らないので、ちょうど現場にいらっしゃった担当者さんに相談させてもらったのがきっかけです。

那珂市 雨樋交換,その他の工事,足場 貫板交換工事

ビフォーアフター

before
廃盤竪樋ビフォー
horizontal
after
廃盤竪樋と新規呼び樋を連結したアフター画像

工事基本情報

施工内容
雨樋交換,その他の工事,足場
施工期間
4日間
使用材料
シビルスケアPC50・内吊り支持金具・防腐処理済み貫板
施工内容その他
貫板交換工事
築年数
24年
保証年数
1年
工事費用
火災保険自然災害申請にて認定
建坪
ハウスメーカー
今回は、那珂市での雨樋交換時に、今は廃盤になっている竪樋と新規の軒樋とを呼び樋にて加工連結し、廃盤竪樋を利用する施工を行います。

※同時に、お客様がもう一つ気になっていた部分である、棟板金の貫板交換工事も行います。
(貫板工事は画像のみです)
ご依頼のお客様宅の全景
外壁を今流行りの2色で仕上げ、屋根も綺麗に塗装されており、シックにきまっています。
雨樋も白色に綺麗に塗られていますが、この状態で雨漏りがあるのは、とても勿体ない状態ですね。

不備の状態によっては、外壁の一部でだけに雫の流れができてしまい、その部分だけ塗膜が薄れ変色を起こす場合も良くある現象ですので気を付けなくてはいけません。
雨垂れがすると言われたいた軒樋が歪んでしまっています
現地調査に伺った際に撮影したものですが、当日は朝から小雨が降っていたので、軒樋に雨が溜まってしまっているのが良く分かり、軒樋も外に膨らんだ状態に変形しています。

この外に膨らむ状態は、屋根からの落雪等で起こる事が多く、支えている支持金具にも影響を及ぼし、勾配(雨の流れを作る傾斜)にも不備が出てしまいます。

一度、勾配がくるってしまうと、人の手が加わらない限りは元には戻らず、そのままの状態で使用すると雨天時に雨が流れずに、その溜まった水の重みで更に症状が悪化する事になるので、家屋を綺麗に保つためにも早め早めの対応が必要な部位です。
軒樋用支持金具をしっかりビス止め
足場を設置し、既存の軒樋、支持金具を取り外し、新しい支持金具を取り付けています。

一つの支持金具に対し4点のビスでしっかり止めます。

新しい支持金具は、上の支持金具の画像と比べてみても、アームに厚みもありしっかりしているのが、お分かりになると思います。
今回使用する支持金具は、『内吊り金具』を使用しますので、スッキリしたシルエットになり綺麗に仕上がります。

『街の屋根やさん 水戸店』では、雨樋交換は、支持金具からの交換を推奨しています。

※今回の既存の軒樋は、今は廃盤品であるナショナルN4.0と言う商品なので交換は必須なのですが、廃盤品でなくとも根本的な解決をする為にも、雨樋交換時は支持金具迄の交換をご検討ください。
スッキリしたフォルムの新規軒樋
一通り支持金具を取りつけ終わり、2階の西面の軒樋の施工を行ったころには、陽も暮れ始めていました。

今回使用した軒樋は
PanasonicシビルスケアPC50です。
内吊り金具を使用したことにより、金具部分が見えずスッキリしたフォルムに仕上がっています。

※こちらの商品は、当社では一番人気の軒樋です。
カーブによる曲線美が映え、そのシルエットもさることながら、素材の中にアイアン(鉄芯)が入っておりとても丈夫でバランスの取れた商品です。
お客様にも大好評の軒樋です。


廃盤竪樋部分
?こちらの上の画像部分が、廃盤の竪樋です。
形が長方形の竪樋ですが、今は製造されていない形状です。

※業者さんによっては、廃盤なので竪樋までの交換を案内されるケースもあるようですが、今回のお宅は塗装されたばかりの竪樋であり、被害も出ていませんでした。
このような場合は、交換する必要がないので当社では、右の画像のように加工連結しています。
廃盤竪樋と新規呼び樋を連結
呼び樋のエルボ部分と廃盤竪樋の連結部
①竪樋を呼び樋と連結する角度の合わせカットします。
②丸形状のエルボ(曲げる為の部材)をバーナーで炙り加工します。
③パテとコーキングで隙間を埋めて完成です。

これで溢れ出す事もなく、使える竪樋も無駄にはなりません。 
※先日、他の業者さんが施工方法を教えてください!と当社の職人に1日弟子入りに来ていました^^
2階北面新規軒樋施工完了
これで全面軒樋交換完了いたしました。
これで、安心して過ごせますね^^

お客様からも
『とても綺麗にできて良かった!これで安心です』と言っていただけました^^

思いがけないお声がけから出逢わせていただき、ご依頼を頂けたご縁に感謝いたします。
今回は本当にありがとうございました。

皆様も是非『街の屋根やさん 水戸店』にご相談ください。

【工事完了後】

2階東新規軒樋施工完了
雨樋交換は、屋根やさんの得意分野です。

今回のお客様の、もう一言
『塗装やるときに、塗るんじゃなく先に見てもらえば足場代2回かからなかったよな~!失敗したよう~!』と仰っていました。

当社では、ご相談・調査・お見積もりには、費用を一切いただきておりません。

交換が必要か否か?どこまでの交換が必要なのか?お客様では判断しずらい部分も是非ご相談ください。

雨樋に限らず、家屋の補修やリフォームの第一条件は『機能性』です。

雨樋交換のご相談は
『街の屋根やさん 水戸店』へ是非ご相談ください。 皆様からの御連絡お待ちしております^^
追加工事の棟部分の既存貫板
追加工事で、棟板金の工事のご依頼もいただきましたので、そちらの画像もご覧くださいませ。
施工前の防腐処理した貫板
貫板を交換し棟板金を半分被せた

同じ工事を行った施工事例

施工事例

水戸市での雨樋交換は鉄芯入り雨樋アイアン105で強度もアップ

雨樋交換前の赤茶の雨樋変形の様子
しんちゃ色のアイアン105を使用した雨樋交換が完成
工事内容
雨樋交換
使用素材
Panasonicアイアン丸105・新集水器・亜鉛メッキ製正面打ち支持金具
築年数
築35年
建坪
25坪
保証
1年
工事費用
14.1万円(足場費用込み)※全額火災保険適用
施工事例

水戸市のパラペット屋根雨漏り修理はどぶ溝カバーと外壁通気工法

水戸市のパラペット屋根雨漏り調査で分かった水たまりができた痕
S__2547727
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
防水工事
使用素材
ニチハ社 窯業系サイディング14㎜・ガルバリウム鋼板製笠木・ガルバリウム鋼板製雨谷板金
築年数
10年
建坪
約35坪
保証
1年
工事費用
57.6万
施工事例

茨城町の前業者による手抜き施工は集水器取付けにて雨樋補修完了

雨樋補修前の茨城町の雨樋
きれいに補修し直された雨樋
工事内容
雨樋交換
使用素材
Panasonic新集水器・エルボ・Pマス・竪樋
築年数
築35年
建坪
保証
1年
工事費用
8,800円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

変形不良を起こし雨水が滞留しているひたちなか市の現場雨樋

ひたちなか市で行った雨樋修理現場からの報告です。今回は軒樋(横方向)のみを交換します。雨樋は軒樋(のきどい)のみ、竪樋(たてどい)のみの交換も可能なので、雨樋に不具合のあるお客様は参考にして下さい。雨樋修理は部位毎に交換する事ができます。軒...........

ひたちなか市の屋根塗装で使用するクールタイトSiと秤

ひたちなか市で行っているリフォーム工事が最終工程に入りました。【ひたちなか市の現場で請け負わせて頂いているリフォーム工事内容】①屋根リフォーム(棟板金補修・スレート屋根材差替え・屋根微補修・屋根塗装)②破風板ガルバリウム鋼板巻き(鼻隠し含む...........

オーバーフローしてしまうと相談を受けた二階屋根に取付けられた雨樋

日立市の皆様こんにちは。街の屋根やさん水戸店です。今年に入り、日立市のお客様から屋根修理や雨樋修理の依頼を頂けるケースが多くなり、従業員も大変喜んでおります。ありがとうございます。さて今回は、日立市のお客様より御依頼のあった雨樋修理依頼です...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら水戸店にお問合せ下さい!
8時半~19時まで受付中!!
0120-270-391